独裁|47話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページではピッコマ漫画「独裁」46話の簡単なおさらいから、47話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

柚月はアスカから、アシャンの異父妹であるセイラの話を聞きます。

セイラはイギリスで生まれ、アシャンと出会うまでは自由な生活をしていました。

それは宮廷でまるで幽霊のように扱われるアシャンとは真逆の人生です。

 

けれどもセイラの言葉で宮廷を出たアシャンは、自由を手にします。

それが人を殺める戦地での生き方だとしても、アシャンにとっては幸福でした。

 

アスカは柚月の様子をみて話を中断しました。

柚月は、アシャンの過去を知りすぎることを避けたかったのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

それでは、「独裁」47話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」47話ネタバレあらすじ

お祭り

陽花と海辺で楽しい時間を過ごした柚月は、ホテルに戻る途中お祭りに行きます。

近くでちょうどよく開催されていたので、動きやすい服に着替えてから見物することにしたのです。

 

お祭りではたくさんの人が行きかい、大きな花火が何度も打ち上げられていました。

『うわぁ!綺麗!どこの国もお祭りって楽しいものだね!』

陽花はそう言って、柚月に笑いかけます。

 

柚月はその言葉にうなづきながら思いました。

『混雑してる場所は嫌いだからお祭りも来た事ないけど・・・思ったより楽しい』

 

『お姉ちゃん!あれ見て凄い!』

陽花が指さした先では、火を使ったパフォーマンスが行われていました。

携帯で写真を撮りながら眺めている観光客もいます。

陽花は目を輝かせながら感動しています。

 

そんな陽花を嬉しそうに見ながら、柚月はふと近くに立つ男性に目を向けました。

フードを深くかぶったその男は、柚月と目が合うとすかさず目をそらします。

 

柚月は途端に怖い顔になって、身の危険を察知し始めました。

 

『ねえお姉ちゃん!』

『え!?な、なに?』

 

『もう聞いてなかったでしょー』

『うるさくて聞こえなかったの、ねえあっちに行こうか』

柚月は陽花の肩を抱いてその場から移動します。

 

スポンサー

尾行

歩きながら陽花は言いました。

『あのね私、これからヨーロッパに行くつもりなの、バイト代も溜まったから!』

 

『え、いつ行くの?』

『うーん、飛行機のチケットが取れちゃえば・・・かな?』

 

『お姉ちゃん仕事があるのに勝手に押しかけちゃったから、迷惑かけちゃうかなって』

『陽花、私は平気だからそんな理由でだったら行かなくていいんだよ』

 

けれども陽花が行きたい理由はそれだけではありませんでした。

『もともと私ヨーロッパに行きたいって話してたじゃん?せっかくだし思い切り旅行を楽しみたいの!』

そう言って陽花は笑います。

 

そんな陽花に柚月も微笑みました。

 

『行くって決意した日にこんなお祭りに巡り合えるなんて!なんだかこれからの私の未来を祝福されてる気分!』

万歳して嬉しそうにする陽花に対して、柚月は背後を警戒します。

 

『(・・・明らかにさっき、何者かに尾行されていた)』

 

すると、陽花はあるモノを見つけて出店に近寄ります。

『これ綺麗!お姉ちゃん、おそろいで買わない?』

陽花が指さしているのは色違いのブレスレットでした。

 

『ごめん陽花、私お財布をホテルに忘れちゃった、一度戻ってからまた買いに来ない?』

『お金なら私が持ってるから大丈夫だよ!』

 

柚月は少し考えてから、陽花の腕を強くつかむと言いました。

『ホテルに戻ろう』

『え、どうしたの?』

 

柚月はさっき見かけた男がまた近くにいることに気づいていました。

『(こんなお祭りの日は、同じ人と何回もすれ違うことは珍しくないのかもしれないけど・・・でもなんだか嫌な予感がする』

 

柚月は陽花の隣で歩きながら言いました。

『できるだけ普通に歩いて』

『う・・・うん』

 

対峙

『ねえお姉ちゃん、何かあったんだね?』

陽花は少し震えながら、そっと柚月に尋ねます。

 

『ううん、ただちょっと心配なだけだよ、大丈夫』

柚月は平静を装って、陽花を心配させないように言いました。

 

『(でもここで恨みを買うような心当たりはない・・・ここでの知り合いなんて同僚とアシャン、アスカだけだ)』

 

柚月は念のため、警察に連絡を取ります。

警察は、今多くの人員を祭りに派遣していて、すぐその場に向かうのは困難だと言いました。

けれども場所を教えてもらえれば近くの警官に指示を出しておくと言います。

 

『わかりました、ではお祭りの近くの一番大きいホテルにお願いします』

そう言って柚月は電話を切りました。

 

『ホテルの前で警察と会うことにした、ホテルが見えたらすぐに走ろう』

『どういうこと?誰かに狙われてるの?大丈夫だよね・・・?』

 

柚月は微笑みながら、焦りだす陽花の頬に手を当てます。

『私のこと、信じてくれるよね?』

『・・・当たり前だよ』

 

柚月は近くの出店に近寄り、商品の手鏡を手に取ります。

鏡で後ろを確認すると、やはり先ほどの男がいました。

『(尾行されてるのは確実ね・・・)』

 

柚月は店主に鏡を購入することを伝えると、陽花に言いました。

『よく聞いて、一番初めの道で右に曲がって振り返らずにホテルに走って』

 

『・・・お姉ちゃんも一緒に行こうよ』

『すぐ追いかけるから、大丈夫よ』

 

店を離れて少し歩いたあと、柚月は陽花の背中を押して、走るよう合図を出しました。

 

陽花は駆け出して離れていき、すぐに柚月は胸元から銃を取り出します。

 

『(これを使う状況は避けたいのだけど・・・)』

 

と、ここまでが「独裁」47話のネタバレあらすじでした。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」47話の感想や見どころ

「独裁」47話では、お祭りでの楽しい時間も束の間、危険な状況になってきました。

さすが柚月はすぐに尾行に気が付きましたね。

陽花は無事に逃げ切ることができるのでしょうか?

そして男の目的は一体何なのでしょうか・・・。

 

次回「独裁」48話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「独裁」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー