独裁|49話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページではピッコマ漫画「独裁」48話の簡単なおさらいから、49話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

柚月は陽花を逃して、尾行してくる男と対峙します。

けれども捕まえた男は、お金で雇われて、目的も分からずただ尾行していただけでした。

 

すると、逃げたと思っていた陽花が別の男たちに捕まっていました。

柚月は拳銃で抵抗しますが、陽花は眠らされ、ナイフで脅されます。

 

柚月は抵抗できなくなり、攻撃され身体が動かなくなります。

そのまま陽花は連れ去られてしまうのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

それでは、「独裁」49話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」49話ネタバレあらすじ

電話

柚月は辿々しい足取りで歩きます。

ホテルの近くに来ると、パトカーが一台待機していました。

 

二人の警官が柚月に声をかけますが、柚月は軽い言葉を交わすとそのまま歩き出します。

柚月は警官たちに陽花のことを明かしません。

事情がわからない警官たちは動揺するだけでした。

 

ふらつきながらもホテルに戻ってきた柚月は、部屋に入ります。

ドアを閉めると、すぐにその場に崩れ落ちました。

 

『どうして・・・こんなことに』

 

柚月はスーツの背広を脱ぎ捨て、拳銃をその場に落とすとベッドに倒れ込みました。

左手にはスマートフォンを握りしめています。

 

『(無力感で気が狂いそう・・・私の選択は果たして正しかったのであろうか?)』

 

柚月は先の出来事を思い返して考えます。

陽花を連れ去った男たちは、人間を気絶させる方法を知っていて、その技術に長けていました。

そして、柚月の構えた拳銃にも無反応で動じませんでした。

 

『(私と同じような立場・・・つまり私についてすべて調べて知っていたということ)』

 

『(ということは、私がオマーンに来てからずっと一度も接近して来ないで、この瞬間を待ち続けていたということ・・・?)』

 

すると、柚月の持っていたスマートフォンに着信が入ります。

画面には非通知設定の文字が表示されていました。

 

『来た・・・!』

柚月はすぐに電話の応答ボタンを押します。

 

『・・・誰?』

 

『ホテルに入るあなたの姿を見ましたのでご連絡しました、少しは落ち着かれたでしょうか?約束通り、人質の女性は無事です』

『(ここまで尾行されていたなんて・・・予想はしていたけど鳥肌が立つわね)』

 

『望みはなに?』

『我々の雇い主は、穏便な解決を望んでおられます』

電話の相手は、陽花に短剣を突きつけていた男でした。

 

スポンサー

目的

『・・・どういうこと?』

『単刀直入に申し上げます、アシャン・アール・ルゼルータの死、です』

 

柚月はその言葉に、目を見開いて驚きました。

 

『(本当は誘拐犯のやつらと対峙した瞬間、気付いてた・・・これはアシャンと関係していることなんだって)』

 

『もしもし、聞こえていますか?』

『・・・要求を断ったら?』

 

『我々の雇い主の気分を害することになるでしょう』

『・・・私が応じると言っても、あんたたちが妹を無事に返してくれるという保証はあるの?』

 

『今の状況では、あなたには我々を信じていただくしかありません』

 

柚月には、アシャンが狙われる理由が分かっていました。

スルタンの病状は、日に日に悪化しています。

つまりはスルタンが遺言を残す前にアシャンを消してしまおうという狙いです。

 

『(最側近のボディーガードである私を利用して、アシャンを殺そうとすることは十分にあり得る話・・・)』

 

『(でも、彼らが見落としている問題がある・・・あのアシャンが殺されるわけがないってことだ)』

 

今まで、アシャンを狙ってきた暗殺者たちは皆返り討ちに遭い、殺されています。

柚月もまた、アシャンには勝てずに逆に殺されてしまうだろうと思っていました。

 

選択

『(仮に殺すことが出来たって、王子を殺した犯罪者として追われる身になってしまう・・・)』

 

柚月はこれまでアシャンの元に派遣された暗殺者たちのことを考えます。

暗殺者たちの中には柚月のような境遇の女性もいて、意思に反して暗殺を余儀なくされていたのだろうか、と思いました。

 

『(この前まではあいつを殺してやると誓ってたくせに・・・私は本当に口ばっかだ・・・)』

柚月は電話を片手に頭を抱えます。

 

『(選択肢は二つ・・・私が生かせるのはたった一つの命だけ)』

 

『(私の命を含めた三つの命のうち、たった一つ・・・陽花、こんなことになってしまってごめんね・・・)』

 

『72時間の猶予を差し上げます、その程度であれば我々の要求に答える時間は十分でしょう』

そして、電話の先の男は、24時間ごとに一回だけ、陽花が生きているという証明のメッセージを送ると言いました。

 

『・・・どうしてそんなに落ち着いていられるの?あなたには失うものがないの?』

 

柚月の言葉に、男は何か考えるような顔をしました。

 

『・・・ありません、朗報をお待ちしております』

 

電話を終えた柚月は、膝から崩れ落ちるとうずくまります。

そして握り拳を思いっきり床に叩きつけました。

 

『ふざけんな・・・他人は失ってもいいと言うの!?さすがは雇い主に魂まで売り払った悪魔ね!』

 

柚月は眉間にシワを寄せたまま立ち上がります。

そして、落としていた背広を羽織り、懐に拳銃をしまいました。

 

『(私は失うものが多すぎるわ)』

 

『(72時間・・・3日以内に私はアシャンを殺さなければならない』

柚月は複雑な表情のまま部屋を出ました。

 

と、ここまでが「独裁」49話のネタバレあらすじでした。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」49話の感想や見どころ

「独裁」49話では、陽花を攫われてしまった柚月が苦しんでいました。

電話の内容は柚月にとっては困難なものでした。

柚月は陽花を救うことができるのでしょうか?

 

次回「独裁」50話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「独裁」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー