独裁|54話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

  • 2021年7月2日
  • 2021年7月2日
  • 独裁
  • 0件

このページではピッコマ漫画「独裁」53話の簡単なおさらいから、54話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

アシャンはモハメッドの右腕になるべくひたすら従順な存在を演じました。

ですがモハメッドは、全く気を許す素振りはありません。

 

そんな中で、敵組織による襲撃によりモハメッドの車が炎上事故を起こします。

このまま死んでしまえばいいと考えるアスカに対し、これで終わらせる気はないアシャンはモハメッドを救出しました。

以来、モハメッドは心からアシャンを信用するようになります。

 

そして少しずつアシャンの復讐が進められるのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

それでは、「独裁」54話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」54話ネタバレあらすじ

子供のアシャン

アシャンは幼い頃皇宮に来てからずっと孤独の身でした。

父親から無責任に、大人の思惑が渦巻く場所に放り出された子供のアシャンは、何度も何度も命を狙われてきました。

そんなアシャンを守ってくれる大人など誰1人いません。

 

このような状況は、結果アシャンが見えているのに見えてはいけない幽霊のような存在として周知されていきました。

アシャンは自身を孤立させることで、自分を憎む人間たちが望む幽霊の存在になるのでした。

 

アスカはまた当時の話をし始めます。

「アフガンでなぜボディーガードがいなかった理由は、僕が撤収させたからだ、ジョンもいたけれど彼はひどく葛藤している様子だったよ」

撤収の訳は、子供たちの避難が優先だと判断したからです。

そして、アシャンとモハメッドだけを残し、アスカはわずかでも良心の呵責から逃れたかったのだと打ち明けました。

 

「・・・少しでも、子供たちを助けてくださりありがとうございます」

「礼なんて・・・むしろ君には本当に申し訳ないことをした、僕たちが原因で辛い思いをさせてしまった」

 

それからの事は、柚月が知っている通りの経緯でした。

アスカとアシャンの作戦は成功し、モハメッドの死体は直後の空襲で完璧に消し去ることができたのです。

長い歳月を費やしたモハメッドへの復讐は終わりを告げることになりました。

 

スポンサー

生かされている

「でもね、君に謝らなければならないことが他にもあるんだ」

柚月がアシャンのモハメッド殺害現場に遭遇した際、アスカはアシャンに柚月の抹殺も指示していました。

理由は、後々問題になって厄介なことになりそうだと予測したからです。

 

「アスカ様の立場ではそのお考えは妥当です・・・私も目撃者として死ぬことになるだろうと覚悟していましたから」

「それなのに、アシャンは最後まで君を殺さずずっと生かし続けている、その理由・・・わかるかい?」

 

「君が「生きている人間」だったんだって言うんだ・・・あいつはそれまで周りの人間を幽霊扱いしていたんだよ」

 

柚月はアスカの言葉に頭を抱えます。

「(無慈悲な殺人鬼、生死を決める死神・・・そう考えればこれまでのあいつの行動は納得できてしまうのがなんだか滑稽だわ)」

 

アスカは椅子から立ち上がると、そばの棚にあったアルバムを開きます。

「ねぇハニー、アシャンはなんで君を生かしてあげたんだと思う?」

 

「・・・え、それは、共犯者だと考えているから・・・?」

「違うさ、あいつは共犯なんて気にも留めてないよ、僕が生きているのもただ僕がスルタンの座に興味がないからだし」

そう言ってアスカは微笑みました。

 

アスカは、以前アシャンから頭に銃口を突きつけられたことがありました。

アシャンはアスカに、スルタンの座を狙ったその時は自分の敵とみなすと警告をしたのです。

 

その過去の話を聞いた柚月は驚きながら尋ねました。

「ちょっと待ってください!ということは・・・王子様はスルタンになろうとしているのですか?」

「ああ、そうだよ」

 

次期スルタン

意外な事実に柚月は目を見開き驚きます。

アスカは、アシャンは無計画に好き勝手行動しているように見えるが、それはすべて計算なのだと言いました。

その例に、今までアシャンに送り込まれたキラーが全員女性だったことを挙げます。

 

アシャンは、キラーの女性たちをあえて皇宮に連れてきて自分の手で処理していたのだと明かしました。

神聖な皇宮に死体安置所を作ったのも、長老たちに警告するのが目的でした。

 

そして、かつて自分を捕らえて尋問してきたイギリスの情報部も利用して、オマーンだけでなくあらゆる国の情報を手に入れています。

 

「でもね、アシャンはこの国を愛していないんだ、そんな男がスルタンになったら・・・虐殺が起こるかもしれない」

 

病床のスルタンに残された時間はあとわずかです。

アシャンがあえて長老会を野放しにしているのは父に対する最大限の配慮でした。

アシャンにとっては唯一の家族であり、モハメットの復讐に数年かけられるアシャンにとっては造作もないことでした。

 

スルタンが去ればアシャンの独裁が始めることは目に見えてわかることです。

アシャンの力ならばオマーン全体を血で染めることも可能です。

アスカはそれらを懸念しているのでした。

 

「だからハニー、君にお願いがあるんだ」」

アスカは柚月の前に近寄ると、跪いて柚月の手を握ります。

「君に、アシャンを止めてほしい」

 

と、ここまでが「独裁」54話のネタバレあらすじでした。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」54話の感想や見どころ

「独裁」54話では、アシャンの幼少期の環境の変化が大きく関わり、今のアシャンが生まれたのだとわかります。

アスカはアシャンとともに、復讐を叶えますが、アシャンを助けたいと思っていました。

その役目は柚月なのだと言います。

柚月も今危機的な状況にいますが、どんな判断をとるのでしょうか。

 

次回「独裁」55話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「独裁」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー