フリーシラーの結婚依頼|16話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「フリ―シラーの結婚依頼」前回15話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

フリーシラーがお継母様の近くに座ると、お継母様は睡眠薬を塗った針で攻撃しようとします。

しかしフリーシラーは止めて捕まえ、小部屋に潜んでいたノペック子爵もキアン達に捕まえられて部屋にやってきました。

逃げるノペック子爵の前に司祭が現れ、ノペック子爵は全て計画を自白したと言いますがお継母様は無実だと言い張ります。

さらにお継母様は自分が出血もしている病人だというと、メイドのジンはその血は豚の血であると言いました。

 

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

 

それでは、「フリーシラーの結婚依頼」16話のネタバレあらすじにいきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」16話ネタバレあらすじ

お継母様(ミレナ)に判決を下し、アティスン修道院へ連れて行くことに

豚の血であることを知ると周りの皆は驚き、お継母様はメイドのジンを裏切り者だと言いました。

しかしジンは初めから味方ではないと言います。

 

ジンはお継母様のそばで働いていましたが、ただ自身の仕事をこなしていただけでした。

ジンはフリーシラーの回帰前から良くしてくれていたメイドの一人です。

 

城内にはずる賢い人間とまともに働く人間もいます。主人は真面目に働く人を守るのが役目ではないですか?

そのフリーシラーの言葉にメイドのサラとソニャはひざまずいて謝り始めます。

 

古くから伝わる法律は領主は領地の司法官と言われているので、フリーシラーはモティアの領主と司法官として判決をします。

ミレナはモティア姓をはく奪し、全ての記録から名前を外します。

今着ている物以外はモティアの恩恵を受けたものなので、領地の外に持ち出してはいけない

 

とお継母様に判決文を言い渡しました。

司祭も神から保証された領主の権限出会って、皇帝でも判決は覆すことが出来ないと言います。

 

モティア領地から追放して、アティスン修道院で一生罪を償う機会を与える

さらに判決を言い渡し、司祭がアティスン修道院の院長と知り合いなので、新しい修道者を受け入れるよう頼みました。

 

アティスン修道院は監獄へ行く代わりに一生欲望を捨てて、自信を神にささげ罪滅ぼしさせる修道院であり、監獄より数倍厳しい場所でした。

メイド達は修道院を恐れ、まだ監獄に行くほうが良いと考えます。

 

罪人に追従していたメイドも罪を償いなさい!

というとお継母様に仕えていたソニャも連行されていきました。

 

スポンサー

フリーシラーはノペック子爵を殴った

お継母様達を追放した後、部屋ではノペック子爵の紐をほどきます。

私はノペックの領主だから、領主の判決は何の意味はない!

 

フリーシラーもその通りだと言いますが、司祭はノペック子爵が犯した罪を許してはいません。

そんなに処罰したいなら皇帝陛下の法廷に連れて行け

とノペック子爵は言います。

 

皇帝の法廷に女性の名誉とそれ関連の案件を持ち込む自体大きな恥であり、ノペック子爵はフリーシラーに羞恥心を与えていようとしていることをフリーシラーは見抜きます。

この件は法定には持っていかない

 

とフリーシラーは言うので、ノペック子爵はそう来ると思っていたにですぐに怖気づいて降参するだろうと思っていました。

するとフリーシラーはサラに手袋を持ってくるように言い、手袋をはめるとノペック子爵に近づきます。

 

今回は見逃してくれ…

と話す途中のノペック子爵ですが、お構いなしにフリーシラーはノペック子爵の顔面を平手で殴りました。

 

さらにフリーシラーはノペック子爵に決闘を申し込んだ

女に叩かれたことに怒るノペック子爵ですが、フリーシラーはなぜ決闘の申し込みに女性らしさが必要なのか問います。

決闘!?

とノペック子爵は疑問に思いますが、フリーシラーは強引に決闘の申し込みを成立させます。

 

女が決闘を申し込むなんてありえない!

女性が決闘してはいけないという決まりはありません

 

ノペック子爵は女と戦うと勘違いしていましたが、フリーシラーは女性と戦おうと思っていることが野蛮だと言いました。

ならどうするんだ!どうやって決闘するんだ!

と言うのでフリーシラーはお互いに名誉をかけて代理で戦士を出し、勝った者には自身の名誉が守られると言います。

 

いいだろう。追加で条件をつけよう

とノペック子爵は選出する戦士は3人までで終身誓約を結んだ騎士だけが認められると言い、ノペック子爵はキアンを指さしました。

 

「フリーシラーの結婚依頼」16話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」16話の感想や見どころ

「フリーシラーの結婚依頼」16話のネタバレあらすじはいかがでしたか?

ようやくお継母様をモティアから追放することが出来ました。

しかも監獄に収容するのではなく、監獄よりとてつもなくきつい修道院に入れて一生出てこなくしましたね!

お継母様のそばにいたソニャも追放し、フリーシラーの思い通りになってよかったです!

フリーシラーが判決を言い渡す姿は本当にカッコよかったです!

しかしまだノペック子爵が残ってますね。

フリーシラー自ら決闘を申し込みましたが、これもきっと計算の内でしょう。

ノペック子爵が終身誓約を結んだ騎士のみ決闘に出ると条件をつけてきましたね。

きっと1人対3人で戦わせてノペック子爵が有利になろうと考えているのでしょう。

次回「フリーシラーの結婚依頼」17話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー