フリーシラーの結婚依頼|49話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「フリーシラーの結婚依頼」前回48話のあらすじからおさらいしましょう。

ギドラ技法を使ったモティアの宿り木の家具の商売の話を、フリ―シラーとアンシアで話しているとハリオードが現れます。

ハリオードが話に半ば強引に会話に入ると、アンシアはモティアの宿り木について説明をしだし商売話をスマートに持ち出します。

するとハリオードがモティアの宿り木だけで作られた家具を買うと言い、モティアの宿り木がある場所までハリオードを案内することになりました。

 

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

 

それでは、「フリーシラーの結婚依頼」49話のネタバレあらすじにいきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」49話ネタバレあらすじ

ハリオードはフリーシラーに魔法石の在処を聞く

モティアの宿り木に行くために護衛を用意すると聞いたハリオードは、さっきまでの態度とは全然違うと指摘しました。

初めてのお客様ですから、これくらいのご優待は当然ですわ

とフリーシラーはニコっと笑います。

 

ハリオードはフリーシラーの城に来てからはずっと負けている気がすると言いますが

そんなことありませんよ。ここでいいものを手に入れて帰られるのですから

とアンシアは対応をします。

 

フリーシラーは心の中で、アンシアは本当にすごいわ!と感心します。

ハリオードはお茶を飲み干してしまったので、アンシアが新しいものを用意すると席を立ち、フリーシラーとハリオードが2人きりになります。

 

するとハリオードの目つきが変わり、フリーシラーに話しかけます。

ところで君の魔法石はどこで見つけたんだ?それほどの魔力であれば鉱脈が近くにあるはずだが?

と突然の魔法石の在処の話になり、場の空気は一変します。

 

スポンサー

ハリオードは魔法石が近くの鉱山で見つかったことに気付いていた

鉱脈で見つかっていれば良かったのですが、残念ながら氷の山脈のモンスターが持っていたものなんです

とフリーシラーは答えます。

 

魔法石は普通鉱山で見つかりますが、必ずしも見つかるわけではないので嘘とは言い切れませんでした。

たまに無知な人間が魔法石と普通の宝石を間違えて売ったり、知能があるモンスターが魔法石を持っていることがあります。

 

少し考えたハリオードはそれは残念だなと言うと

君の魔法石ほどの威力であれば、ものすごい鉱山であったに違いないだろう

 

とハリオードは核心を持つように、フリーシラーを見ながら

少なくともルビー、もしかしたらダイアモンドが出たかもな

というので、フリーシラーは固まってしまいますが、そんな鉱山がこの領地にあれば働かなくても済んだでしょうとはぐらかします。

 

ハリオードはもしかしたら見つかっているかもしれないというと、そのモンスターがどこにいたのか教えてくれと言いました。

すみませんがお教えできません。そんなお話を聞いた以上こちらも鉱山を探してみる必要がありますので

 

…ふ~ん。そう遠くはないようだな?

というので、フリーシラーはハリオードを見ると二やっと笑みをこぼしていました。

 

真剣な顔をするフリーシラーを見たハリオードは、正解だったかと笑い

俺が君を諦められない理由がまた増えたな

と言いました。

 

フリーシラーは、この魔法石が見つかれば鉱山を狙うものが現れるだろうと予想していたことが的中します。

 

ハリオードはフリーシラー達を自分のものにすると言い帰る

次の日城の外でハリオード御一行を見送りに行きますが、キアンは怪訝な顔をしています。

前の日の晩、ベッドでキアンはフリーシラーからモティアの宿り木の事業の話をしてハリオードの話を聞いていました。

 

(どうにかしてシラーに接近しようとしているから、一瞬たりとも目を離せない人物だ)

とキアンは思っていると、ハリオードはキアンは自分たちの新しい契約の話を聞いたなと一目で分かっていました。

 

契約したものについてはシラーと直接話す必要はないでしょう。何かあれば代理人が対応しますので

とキアンは怖い顔をしてハリオードに言うと、ハリオードは雇用人のアンシアを信じていると言いました。

良い取引ができてハリオードは満足していました。

 

その後ろでムート魔法使いが移動の魔法陣を完成させて、ハリオード達は帰ろうとします。

ハリオードは魔法人に乗り込むと、ああそうだと足を止めると

 

今度は覚悟しておけよ。どんな手を使っても君たちを俺のものにするつもりだ。じゃあまたな

と言い魔法陣は消えていきました。

 

スポンサー

フリーシラーはキアンに結婚プレゼントを渡す

キアンのもとに長い箱があり、アンシアが開けてみてくださいと笑顔で言うのでキアンは箱を開けてみます。

すると中には黒色に輝いた鞘が入っていました。

 

これは…!

少し遅れましたが私からの結婚のプレゼントです

黒いモティアの宿り木を見た時からフリーシラーはキアンにピッタリだと思っていました。

 

何を作ればいいか悩んだのですが、アンシアが鞘のアイディアを出してくれたんです

キアンは鞘を手に取り、ジッと見つめています。

黒い鞘はフリーシラーの人だけというアピールも込めて作り、模様も大きすぎてあからさまかな?とフリーシラーは不安になります。

 

お気に…召しませんか?その道のプロに作らせましたが、初めて使う素材なので…

とキアンに言いますが、キアンは触っただけでも良さが分かるいい鞘だと答えフリーシラーは安堵します。

 

キアンは新しい鞘に剣をしまうと

シラー、君が何をくれても僕にとっては特別なものですよ。これは宝物にします

とフリーシラーを見つめて言いました。

 

「フリーシラーの結婚依頼」49話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」49話の感想や見どころ

「フリーシラーの結婚依頼」49話はいかがでしたか?

ハリオードはフリーシラーと2人きりになった途端に、魔法石について聞いてきました。

本当に厄介な人物ですね…。

魔法使いが手に入らなかったから、魔法石が見つかった鉱山を見つけ出し自分のものにしようと思っているのでしょうね。

しかもダイヤモンドの出る鉱山とまで知っているような感じでした。

今回ではハリオードは帰っていきましたが、次会う時が恐ろしくなりそうです。

厄介者が帰り、フリーシラーはキアンに結婚のプレゼントを渡しました。

とてもキアンに似合っている鞘でしたね!キアンとの甘い展開も期待できそうな予感です♡

次回「フリーシラーの結婚依頼」50話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー