フリーシラーの結婚依頼|64話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「フリ―シラーの結婚依頼」前回63話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ユスタチアはフリーシラーに兄である皇太子がフリーシラーを欲しがっていることを話します。

皇太子は既婚者でも構わず女性に手を出す者で有名であり、フリーシラーも魔法使いとしてではなく女として求められていました。

皇太子は危険な人物だということを伝えると、ユスタチアは突然フリーシラーにプレゼントがあると言い地下へと誘われます。
地下に行くと檻の中にうなり声を上げているホルセがいました。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

 

それでは、「フリーシラーの結婚依頼」64話のネタバレあらすじにいきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」64話ネタバレあらすじ

ユスタチアはプレゼントとしてホルセの舌を切った

ユスタチアはホルセは2ヶ月前に自分に会いに来たと話しました。

なぜここにホルセがいるのか、フリーシラーはアンシアから皇太子と仲がいいメルキオール侯爵に縁があるホルセがずる賢いことをしていることが気になっていたことを思い出します。

 

するとホルセがモティア伯爵に騙されたと言っていたことをユスタチアは話しました。

フリーシラーは驚きますが、ユスタチアもホルセの事は信じていないと言います。

 

ホルセはフリーシラーが贅沢品を買い占め、お金を支払わないで武力で脅してきたと言っていたので、フリーシラーは否定しました。

こいつは低品質な物を高額でお継母様に売りつけました。なので私はその品の正しい価格で計算しただけです

 

と怒りの表情でホルセを睨むと

私はこの者に騙されるほど純粋ではないですし、この者はあなたに対してもう弁解は出来ないです

 

とユスタチアはよく喋るうるさい男は嫌いだと話します。

すると何も言い返してこないホルセにフリーシラーは違和感を感じ、ユスタチアにホルセの舌を切ったのかと聞きました。

 

プレゼントと言いましたよね!お気に召されました?

ととても嬉しそうにニコっと笑うので、フリーシラーは顔を真っ青にして恐ろしく感じます。

 

スポンサー

ユスタチアはフリーシラーに同盟組もうと提案する

ホルセは痩せ細っていて2ヶ月ほど監禁されていることは、フリーシラーも見て感じました。

またイレネがいたことにより、自分が覚醒したことはすぐに気付かれて自分との出会いに備えていると予想していましたが、ホルセがこうなっているとは想像できませんでした。

 

ユスタチアはとても怖い女だ…と思うとフリーシラーはユスタチアは何を望んでいるのか聞きます。

私との終身誓約を望んでいるのですか?

 

ユスタチアは王位継承を望むものは大魔法使いを手に入れたがるが、フリーシラーが誰かに従うつもりがあるかが問題だと話しました。

その言葉にフリーシラーは図星をつかれたように反応します。

 

ソードマスターと終身誓約を交わしたフリーシラーはどんな皇太子でもフリーシラーを満足させる条件は出せないとユスタチアは考えていました。

大魔法使いと敵対するつもりはないので、私と政治的な同盟を組むことはいかがでしょうか?

 

ユスタチアはフリーシラーには自分の助けが必要と確信していました。

あなたが大魔法使いだと知られれば皇帝陛下は終身誓約を結ぼうとしてあなたは困ることでしょう

 

全ての領主が皇帝陛下と終身誓約を結ぶことは普通のことですよね?

私が工作したからあなたは皇太子と結ぶことになっています

 

フリーシラーが大魔法使いと言うことは首都では知られていないことに驚きます。

皇帝はフリーシラーは価値のない者で、皇太子は女性との誓約を必要としていてるので、ユスタチアが皇帝に自分が終身誓約を交わしたいと言いました。

 

それは許されないのでは?とフリーシラーは言いますが、ユスタチアはフリーシラーの存在を知られることを防いで、田舎の伯爵として認識されるように命令されていたと話します。

でも私が首都に行けばバレて、誓約を交わした後に皇帝が事実を知れば私と皇太子が皇帝から怪しまれますよ!

 

そうなると生き残るためにあなたは皇太子に協力するしかありません

キアンの気をつけてと忠告された通りに、ユスタチアは危険な人物だと思いました。

 

ユスタチアは皇太子を殺して自分が皇位に立つことを考えていた

皇太子とは仲が悪かったのに急に皇太子の肩を持ち、自分を身動き取れない状態にしたことにフリーシラーはユスタチアを睨み静かに怒ります。

でもこうするしかない事情があります

 

というのでフリーシラーは話しが矛盾するユスタチアになぜ同盟を組もうと提案したのか聞きました。

皇太子のためか、裏切るのかはっきりさせてください

なぜか分からない限り同盟は組めないと断言しました。

 

私が皇太子を殺すことを手伝い、私を皇位に出来るように手伝ってもらいたいです

と恐ろし気な笑みをこぼしながらユスタチアはフリーシラーに頼みました。

 

「フリーシラーの結婚依頼」64話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」64話の感想や見どころ

「フリーシラーの結婚依頼」64話のネタバレあらすじはいかがでしたか?

なんとユスタチアはホルセの舌を切り2ヶ月間ほど監禁をしていたのですね…。

59話にホルセがユスタチアに会いに行って、フリーシラーのことをうるさく告げ口していましたが、その後うるさい男は嫌いという理由で処理したようです。

にこやかに笑いながらそれを「プレゼント」と言うところが本当に恐ろしいですね…。

フリーシラーの今後の動きを封じ込め、さらには皇太子を殺すことや自分を皇位になれるように手伝わせるために同盟を組もうと提案しました。

ユスタチアはキアンの言う通り、気をつけなければいけない恐ろしい人物でしたね!

果たしてフリーシラーはユスタチアの同盟の提案をどう受け取るのでしょうか。

次回「フリーシラーの結婚依頼」65話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー