フリーシラーの結婚依頼|65話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「フリーシラーの結婚依頼」前回64話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ユスタチアは地下にホルセを2か月ほど監禁していました。

フリーシラーの悪口を言いに来たホルセでしたが、ユスタチアはホルセを信じずうるさい男は嫌いという理由で舌を切ってから監禁したようです。

フリーシラーはユスタチアに同盟を組もうと提案され、皇太子の殺害とユスタチアが皇位に上がれるように手伝ってほしいと言われます。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

 

それでは、「フリーシラーの結婚依頼」65話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」65話ネタバレあらすじ

ユスタチアはアレッカス皇太子から虐待と子供を人質にとられていた

ユスタチアがフリーシラーが手伝ってくれれば、フリーシラーの家門は辺境伯の地位を取り戻せて、さらにそれ以上のものを手に入れられると話します。

でもなぜ兄のアレッカス皇太子を憎み、憎んでいるのに皇太子の言うことを聞くのはなぜなのですか?

 

とフリーシラーは問うと、ユスタチアは突然イレネに自分の服を脱がすのを手伝ってと言い服を脱ごうとします。

ユスタチアのドレスの背中のファスナーを開くと、傷だらけの背中が露わになりました。

 

それを見てフリーシラーは驚くと、背中の傷を「作品」と呼ぶユスタチアは兄を「作者」と言い

5歳の頃からムチで作者に作られた作品です

 

と虐待されていたことを話し、痛みながらも自分は笑顔でいて優しく大人しい妹であり娘である必要があったとユスタチアはニコリと笑いながら話します。

彼の死体にムチを打つつもりで、同じように仕返ししようと思っています

 

と言うとさらにアレッカスは疑い深いといったことを覚えているかと問いました。

そのアレッカスが私をそのままにしているのは不自然でしょう?

 

フリーシラーは確かにアレッカスが手に入れなかった魔法使いを持つユスタチアを警戒しないわけがけないと思います。

さらにユスタチアはアレッカスの宮殿に人質として捕まっている自分の子供を助けるために、アレッカスの言うことを聞いていると話しました。

 

スポンサー

フリーシラーはユスタチアと同盟を組むことに

別室にいるキアンはマナを使って、フリーシラーとユスタチアの会話をの盗み聞きしています。

ボーっとしながらキアンは会話を聞いていますが、キアンにとってはここは相変わらずだと思い、故郷のような場所だが感情は湧かないと思っていました。

 

キアンが唯一の思い出として残っている場面で、女性らしき人が≪大丈夫?死んでない?≫と話しているところを思い出すと

この首都が問題だ…

と手で目を覆いため息をつきます。

 

話しはユスタチアとフリーシラーの会話に戻り、ユスタチアはフリーシラーに自分の話を聞いて同情したか聞きました。

フリーシラーは返す言葉がなく黙っていると、ユスタチアはその気持ちを受け取るから同情して欲しいと言います。

 

兄からの虐待や子供を奪われただけで人生を握られたわけではないと言いますが、ユスタチアの怒りは収まらないから諦めたくないと話しました。

ユスタチアと子供たちにとってはアレッカスが有害な存在であり、復讐のためならなんでもする覚悟を持っているから、フリーシラーの同情だけでも受け取ると言います。

 

同盟を提案した理由を言い終えたユスタチアは、これが信じられないなら仕方ないと話すとフリーシラーは自分が同情できる立場ではないと辛そうな表情で言いました。

敬愛することが正しいでしょう。殿下を理解することが出来ました

 

とフリーシラーは正直に話してくれたユスタチアにお礼を言います。

ユスタチアはフリーシラーの反応が予想とは違うと感じていましたが、フリーシラーはユスタチアの手をギュッと包みとても共感したと同盟を組むことに賛成しました

 

キアンの出生地が首都アロマンだった

フリーシラーはキアンと部屋で合流しユスタチアと同盟を組んだ経緯を話していました。

しかしキアンはあまりフリーシラーの話しを聞いていないようだったので、ちゃんと聞いているのか可愛らしく怒ります。

 

フリーシラーはキアンの表情を見て、首都に入ってからずっと様子が変でユスタチアにとった態度もキアンらしくないと指摘しました。

魔法使いが隠れていたのでちょっと警戒しただけです

 

それもあなたらしくない方法でしたよ

と言うとフリーシラーは、なぜユスタチアに対してあんな行動をとったのか教えてほしいと頼みます。

 

無理矢理聞き出したくはないですが、私はあなたの全てを受け入れる準備はあります

その全てを受け入れるという言葉にキアンは心を許し、首都アロマンは生まれた場所だから嫌いだと話しました

キアンが首都で生まれていたことを初めてフリーシラーは知り驚きます。

 

「フリーシラーの結婚依頼」65話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」65話の感想や見どころ

「フリーシラーの結婚依頼」65話のネタバレあらすじはいかがでしたか?

ユスタチアは幼い頃にアレッカスから虐待を受け、さらに子供を人質に取られていたから、憎んでいるながらも言うことを聞いていたのですね。

フリーシラーに味方になってもらおうと同盟を組む提案をしていました。

この提案にフリーシラーも力を貸すことになったので、今後フリーシラーとユスタチアの行動も目が離せません!

そしてユスタチアに会ってから様子がおかしかったキアンも、首都で生まれたという事実を初めてフリーシラーに話しました。

≪生まれた場所だから首都が嫌い≫とキアンは言っていましたがどういう意味なのでしょうか?

キアンが唯一思い出として記憶に残る、何者かの「大丈夫?死んでない?」という台詞が何を意味しているのか、キアンの過去にも迫っていきそうですね!

次回「フリーシラーの結婚依頼」66話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\全話あらすじはこちら/
「フリーシラーの結婚依頼」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「フリーシラーの結婚依頼」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー