ゴミ捨て場の皇女様|21話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは「ゴミ捨て場の皇女様」20話のおさらいです。

 

大神官は皇帝に、エストレラの持つ宝石眼を守るため、神殿にうつすべきだと言います。

しかし皇帝は大神官の言葉に、エストレラを利用しようとする魂胆を感じ断ります。

 

自分の大事な娘を守るためと、大神官の懇願を一蹴しますが、なかなか引き下がりませんでした。

しつこく頼み込む大神官に皇帝の怒りはついに爆発し、魔法で生み出した刃をつきつけたのです。

 

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

 

それでは「ゴミ捨て場の皇女様」21話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」21話ネタバレあらすじ

皇宮の壁に登ったノランを助けようとするエストレラ。

エストレラはメイド達がとめるのも聞かず、城の柱をよじ登っていました。

彼女が目指す扉の上には、猫のノランが寝転がっています。

 

メイド達は誰かを呼んでくるから下りるように言いますが、エストレラは「一人でできる」とききませんでした。

 

そんな彼女たちがやりとりをしている所に、騎士団長のカリザンと執事長のヘルンが通りかかりました。

 

ヘルンは危険な真似をするエストレラをみて驚愕します。

「エストレラ様、一体何をなさっているのですか⁉」

 

「ノランが上にいるから……」

エストレラは訳を話そうとしますが、その時柱にかけていた足を踏み外します。

 

カリザンは素早く階段を駆け上がり、エストレラを柱から引きはがしました。

エストレラはカリザンの腕の中で暴れ、離れようとしますができませんでした。

 

「私一人でできるから!はなしてカリザン!」

「登るのは危険ですから、私に任せてください。エストレラ様」

スポンサー

エストレラはカリザンの肩に、不穏なオーラを見る。

エストレラはカリザンのことを睨み、嫌いだと言い放ちました。

しかしカリザンは、憮然とした表情でこう答えます。

 

「エストレラ様が怪我でもすれば、皇帝が心配します。私も執事長も、侍女たちも一緒です」

カリザンの言葉に、エストレラは不満げな顔で黙り込みました。

 

すると、カリザンの肩にめがけてネコのノランが下りてきました。

エストレラの表情は明るくなり、ノランのことを抱きしめました。

 

「カリザン卿、もしかしてご兄弟などがおられるのですか?」

何を思ったのかそう質問してくるヘルン執事長に、カリザンは「いない」と答えます。

 

ノランが戻ってきたエストレラはご満悦でしたが、ここであることに気づきます。

カリザンの肩に、なにやら不穏な黒いオーラが出ている様子が見えたのです。

 

エストレラはカリザンの肩に手を置き、こうつぶやきます。

「カリザン……ここ、ケガするから気を付けて」

 

もちろんこの黒い影は、カリザンには見えません。

しかしカリザンは、エストレラの言葉を聞き、素直に分かりましたと返事をしました。

 

「もうこれから、父様とご飯食べるから降ろして」

カリザンはエストレラの言葉を聞き入れ、ようやく彼女を床に下ろしたのです。

皇帝の部屋では険悪な雰囲気が漂う。

場面は代わり、皇帝の部屋では皇帝と大神官が話し合いをしていました。

皇帝は大神官を睨みつけ、大神官の目の前に魔法で刃をつきつけています。

 

今日はもう、これ以上は無理だろうか……

大神官は気まずそうに目を伏せ、何も言うことができませんでした。

 

そんな二人の空気をかえるように、部屋の扉を小さく叩く音がきこえてきます。

 

「エストレラ様、陛下のお部屋はこちらですよ」

廊下から聞こえる声からは、エストレラがそこまで来ていることを示していました。

 

それを聞いた皇帝は、大神官を脅していた刃を一瞬で消しました。

大神官は突然変貌した皇帝に驚き、声をかけます。

 

「陛下、どうかなさったのですか」

皇帝は大神官を一度睨むと、扉の向こうへ優しく話しかけました。

 

「エストレラか。入ってもよいぞ」

スポンサー

情緒不安定な皇帝に困惑する大神官。

声色をかえた皇帝の様子に、大神官はこれが本当に陛下の姿なのかと困惑します。

 

皇帝は、星のかけらを受け継いだ唯一無二の後継者でした。

陛下はかつて、皇太子として感情をコントロールする方法は学ばれているはずなのに……

 

大神官はまだ幼かった昔より、現在の方が手に負えなくなっていることを嘆きました。

扉からひょっこり姿をあらわしたエストレラは、相変わらずノランを抱えていました。

 

大神官はこれにもまた驚きます。

なぜなら、皇帝は動物を嫌っていることで有名だったからです。

 

しかもこの、溢れんばかりの神聖力は……。

 

大神官には、エストレラが身にまとう神聖な力が見えていました。

それは、彼が人生で見かけた誰よりも大きく、強い光でした。

 

皇帝は控えめに部屋に入ってきたエストレラに、どうしたのか尋ねます。

エストレラは「シリンとベラに言いつけられて、一緒にご飯を食べに来た」のだと答えます。

 

「お腹がすいたら病気になるから……ご飯は食べないとだめ」

皇帝はそう話すエストレラに、優しい笑顔を浮かべて頭を撫でます。

 

「その通りだ。エストレラのおかげで私も元気になれそうだよ」

皇帝は続けて、彼女に感謝を伝えます。

 

エストレラは嬉しそうに目を細めますが、何か言いたげな様子です。

おそるおそる皇帝の様子を伺うと、大神官を指さしました。

 

「……でも、父様。あの人は一体誰なの?」

 

 

ここまでが「ゴミ捨て場の皇女様」21話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」21話の感想や見どころ

「ゴミ捨て場の皇女様」21話の見どころは、エストレラを助けるカリザンです。

エストレラはまだ野生で生きていた名残で、皇宮の人々からは想像もつかない行動にでます。

 

しかし、そんな彼女にとって、いつもと変わらない態度で接してくれるカリザンのような存在は非常に大きいのだと感じました。

 

そして、大神官とエストレラがついに対面します。

これによって、エストレラの運命はどう変わっていくのでしょうか?

「ゴミ捨て場の皇女様」22話もとても楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー