ゴミ捨て場の皇女様|27話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは「ゴミ捨て場の皇女様」26話のおさらいです。

エストレラはジェランを連れ、かつての住処であった森の古城を訪れます。

そこには幼いエストレラの面倒をみてくれていた精霊様がやって来ていました。

 

精霊はエストレラに、これからずっと一緒にいれるよう、彼女の連れてきたヘビに入っていようと約束をします。

一部始終を見ていたジェランは精霊の存在を知り、皇帝に言わなければと決意するのでした。

 

そして王宮では、カリザンが皇帝に「やっとエストレラの産婆を見つけた」と報告していました。

皇帝は早急に連れてくるよう言いますが、カリザンは含みを持たせこういうのです。

 

「しかし、その産婆を連れてくるためには、一つ問題があるのです」

それでは「ゴミ捨て場の皇女様」27話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」27話ネタバレあらすじ

エストレラの産婆を連れてくることができない理由。

カリザンの言葉に皇帝は顔をしかめ、病気にでもなっているのかと聞き返します。

「実は……エストレラ様を取り上げた産婆の故郷は、フィレオン領だそうなのです」

 

皇帝は驚き、彼女もあの病に罹っているのかと尋ねます。

しかしカリザンは首を振り、病にはかかっていないものの、フィレオン領に異変が生じているという噂を、すでに家族から聞いているのだと答えました。

 

さらに、その産婆の動向を追跡していた騎士団の一人に症状が現れてしまいました。

騎士は訓練を積んでおりなんとか無事でしたが、このままでは王宮内にまで病の脅威がやってきてしまいます。

 

皇帝はうつろな目で考え込んでしまいます。

まるで世界の全てが、エストレラのフィレオン領への出征を望んでいるようだ。

 

カリザンは大神官の話を聞いたらしく、皇帝にエストレラを連れて行くつもりなのかと尋ねます。

皇帝は一つため息をつくと、カリザンにこう聞き返したのです。

 

「分からない。……カリザン、お前はどうした方がいいと思う?」

スポンサー

エストレラの出征に対する、カリザンの意思。

「私は……。帝国のためならばもちろん、この命に代えても皇女殿下をお守りします」

カリザンは悩む皇帝に、強い意志のこもった瞳でこう答えます。

 

しかし皇帝は、父親としてエストレラがこれから見るであろう恐ろしい世界を思うと、とても心配なのだと呟きます。

 

するとカリザンは、敬礼をして「自分に任せてほしい」と言い切ります。

「私がこれまで陛下をお守りしていたように、皇女殿下のために戦います」

 

カリザンの宣言に、皇帝はようやく小さな笑みを見せました。

カリザンになら任せられる。自分の身を預けられる者が、彼だけでもいてくれてよかった……。

 

そして皇帝は、エストレラの件を解決するには産婆が必要だと話します。

すでにフィレオン領に向かう人員は決めているのかを聞くと、カリザンは蒼剣騎士団の半数を同行させると言いました。

 

「エストレラと一緒に私も行く。フィレオン領の様子は、私のこの目で確認したいのだ」

カリザンは一国の主として出歩くのは危ないと止めますが、皇帝は聞きませんでした。

 

皇帝は一人の父親として、エストレラのことをとても大事に思っていました。

そのため、子供を守ることが親の役目だと責任を果そうとしていたのです。

 

「神殿には高位神官を3人……もしくは、大神官と高位神官を同行させるのなら、あの子をつれていくと伝えろ」

 

さらに皇帝は、転送魔法術を使う魔法師を呼べと命令します。

カリザンは驚いた様子で、転送魔法術まで使ってしまうのかと聞きます。

 

「もちろんだ。あの子はまだ幼い、辛い思いをさせたくないんだ」

カリザンは心の中で少し不満に思いましたが、大人しく聞き入れます。

 

皇帝は、こんな事態となってはエストレラのために万全の準備をして向かうつもりでした。

カリザンに命じると、念をおすように産婆の身も厳重に警備しなさいと忠告しました。

 

カリザンは了承し皇帝に頭を下げると、部屋を出ようとします。

「もう、父上との話は終わりましたか?」

 

カリザンが扉を開けた先には、ジェランが不安そうな顔でこちらを見上げていたのです。

皇帝を訪ねるジェラン。

ジェランは、エストレラのことで話があるとカリザンに訴えます。

カリザンは意味ありげな表情でジェランを見た後、部屋に通しました。

 

皇帝がジェランにどうしたのかを聞くと、ジェランは話始めます。

「先ほどエストレラと廃墟の古城にいきました。そこでとんでもないものを……」

 

しかし、ジェランはそこから先の言葉に詰まってしまいます。

ついさっきまで話そうとしていたことを、なぜだかすっかり忘れてしまったのです。

 

ジェランは焦りますが、いくら思い出そうとしても答えはでてきません。

「ごめんなさい。確かに何かあったのですが、忘れてしまいました……」

 

皇帝はカリザンに目配せをすると、カリザンは頷き部屋を去っていきました。

皇帝はジェランと二人きりになりますが、ジェランはそこからも思い出すことができそうにありませんでした。

 

「今日は疲れているんだろう、ゆっくり休みなさい」

皇帝はジェランに優しくそう言うと、彼を退室させます。

 

「……妙だ。何かがおかしい」

皇帝は部屋で一人、何か拭いきれない不安を感じるのでした。

スポンサー

エストレラに忍び寄る怪しい影。

一方その頃、エストレラには怪しい影が忍び寄ります。

「初めまして、とても可愛らしいので遠くからでもすぐに分かってしまいました」

 

王宮で見たことのない、髭面の男がエストレラに話しかけていたのです。

顔はにこやかな表情をしていましたが、エストレラには男の放つ禍々しいオーラがはっきりと見えていました。

 

「私はシリンダー男爵と申します。あなたはひょっとして、皇女様で……」

「シリンダー男爵、ここは立ち入り禁止の区域です」

 

男が振り向くと、侍従長が険しい顔で立っていました。

男は笑いながら、道に迷ってしまったのだといい訳を始めます。

 

そうはいっても、この男は王宮の最上階、皇帝に許可されたもの以外出入りのできない場所に来ていたのです。

 

侍従長は有無を言わせぬ様子で、男に圧をかけました。

「城の一階からここ最上階まで、あなたは一体何をお探しになっていたのかお聞かせ願えますか?」

ここまでが「ゴミ捨て場の皇女様」27話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」27話の感想や見どころ

「ゴミ捨て場の皇女様」27話の見どころは、カリザンの忠誠です。

カリザンは娘の身を案じる皇帝を安心させるように、自分に任せてほしいと説得します。

 

娘のことで暴走気味の皇帝に思うことはあるようですが、いざとなるととても頼りになる人物なのだと思います。

 

そしてそんな皇帝をあざ笑うかのように、シリンダー男爵という人物がエストレラに迫ります。

果してシリンダー男爵とは、一体どのような人物なのでしょうか⁉

 

「ゴミ捨て場の皇女様」28話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー