ゴミ捨て場の皇女様|43話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「ゴミ捨て場の皇女様」42話のおさらいです。

 

皇帝一行は森の奥で魔族の心臓(堕落した魔石)を見つけます。

心臓は暴走を始め、周囲の生命力を奪い始めるのです。

 

彼らの力では太刀打ちできないかと思った時に、エストレラを護っていた精霊が飛び出しました。

精霊がやってきたことで、暴走する心臓を治めることができるのでしょうか⁉️

 

それでは「ゴミ捨て場の皇女様」43話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」43話ネタバレあらすじ

エストレラの助けにやってきた精霊。

エストレラは暴れる魔石を見て、違和感を覚えました。

彼女には魔石自身がとても苦しみ、怒っているように感じたのです。

 

それに、あの魔石が纏うオーラがとてもケヒルに似てる……。

エストレラは、誰にも頼らず自分だけで立ち向かわなければいけないと思います。

 

彼女はふいに現れた精霊に気づくこともなく、手を握りしめて魔石に向き直るのです。

 

彼女達から少し離れた場所で、ケヒルと精霊が話しをしていました。

ケヒルは本来の力が取り戻せていない精霊を挑発します。

 

「いきなり現れてどうした。まだ完全に力を取り戻せていないのに大丈夫か?」

「あの子に手を出すなと言ったはずだろう。」

 

険しい顔の精霊に、ケヒルは道案内をしただけだと開き直りました。

 

「危険だエストレラ‼️どこに行くと言うんだ‼️」

その時です。エストレラが皇帝の手を抜け出し一人で走り出します。

 

皇帝や家臣達が止めますが、彼女は目も暮れず心臓の埋まっている木の根元を目指します。

 

「あの子を救わなくていいのかい?」

ケヒルは精霊を試すように言いますが、精霊は頑なに動こうとしませんでした。

 

「あの子が無事に成長できるように見守ること。それが僕の務めだ。」

精霊は落ち着いた表情で、エストレラのことを見据えるのでした。

スポンサー

魔族の心臓に入っていくエストレラ。

「冷たいやつだ。あんな小さな子が一人で立ち向かう姿をただ見ていると?」

ケヒルにこう問われた精霊は、エストレラが人間を愛しているから止めないと言いました。

 

エストレラの種族である“ユバル”は、人間を愛して裏切ることは決してありません

精霊はいつも一人で泣くことすら知らなかった幼少期のエストレラを想います。

 

あの子が僕を呼んだ赤子の頃から、1年の大半を眠りに費やすことになるこの身体を後悔したことはない。

精霊は自身の体よりも、懸命に生きようとするエストレラのために生きようと考えたのです。

 

「だが、魔族の力が混ざれば人間に牙を向ける可能性だってある。」

ケヒルは意地の悪い表情でこう返しました。

 

かつて存在したルビーの宝石眼のユバルは、魔族の力が混ざったことで人を襲うようになりました。

しかし良心との間で苦悶し、人々に呪いを残したまま命を落としたのです。

 

「果たして、あの子にはどんな運命が待ち受けているのかな……。」

ケヒルが視線を向けた先では、皇帝達が必死でエストレラを止めていました。

 

「エストレラ様。危ないですから、今すぐそこから離れてください‼️」

「いや!こっちにこないで‼️」

 

エストレラの宝石眼が不思議な光を放ち、家臣達は動けなくなってしまいます。

皇帝は動こうと体に力を入れながら、何をするつもりだと尋ねました。

 

「だめなの……。私が行かなきゃ。」

エストレラが魔族の心臓に手をやると、そのまま飲み込まれていきます。

 

「いけない‼️待ってくれエストレラ‼️」

皇帝の叫びも虚しく、エストレラは心臓の燃え盛る業火の中に姿を消したのです。

魔族の心臓の中で、ケヒルは本当の姿を見せる。

「本当に助けないんだな。」

精霊はあざ笑うケヒルにも動じず、炎に包まれたエストレラを見ています。

 

「あの心臓にエストレラを食うことはできない。だから僕が救う必要もない。」

ケヒルが理由を聞くと、精霊がこんな返答をします。

 

「君があの子に初めて接触した時、触ることができなかったのと同じさ。」

 

精霊は人間がエストレラの決断を理解することは不可能だと思っています。

そして、その出生によって彼女が今後寂しい思いをすることを懸念していました。

 

「君がじっとしてくれてよかったよ……。おかげで僕が、あの子を喰らうことができるからね。」

 

ケヒルはこういうと、一瞬で姿が変わり翼の生えた魔族の見た目になりました。

そして精霊の前から消え、エストレラの元に向かったのです。

 

精霊は悔しさを顔に滲ませながらも、行くことができません。

本当は救いたい気持ちがあっても、エストレラの選択を邪魔することができないのです。

 

あの子には僕の手なんかなくても、自分で切り開く道を歩むことができるはず。

精霊の思惑がある一方で、エストレラは炎の中を歩いていました。

 

「誰もいない…。精霊様もいないの?」

暗い道を歩きながら、エストレラを支えてくれた家族の姿を思い出します。

 

みんな優しかった……。楽しくて、親切で、とても温かい。

彼女は自分を支えてくれたみんなを守らなくてはいけないと呟きました。

 

「そんなことをすれば、自分が不幸になると分からないのか?」

声のした方を振り向くと、ケヒルが恐ろしい姿でこちらを見ていたのです。

 

「人間風情のためにやってきた愚かなユバルめ……。どうやって私に対抗するというのだ?」

ここまでが「ゴミ捨て場の皇女様」43話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」43話の感想や見どころ

「ゴミ捨て場の皇女様」43話の見どころは、人間のために決死の覚悟で戦いにいくエストレラです。

今まで過保護に守られていたエストレラですが、みんなの静止を振り切って魔族の心臓に入り込みました。

 

しかしそこに、今まで善人面をしていたケヒルが本来の姿に戻って襲いかかってきます。

エストレラはこの逆境を乗り越えることができるのでしょうか⁉️

 

「ゴミ捨て場の皇女様」44話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー