ゴミ捨て場の皇女様|6話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは「ゴミ捨て場の皇女様」5話のおさらいです。

 

皇帝は城で、宝石眼を持つ少女と出会います。

少女は皇帝の存在を知っており、彼を“とと様”と呼びますが、皇帝は何も分かっていない様子です。

 

そして皇帝は記録室に行き、少女について調べ始めます。

記録室で、少女に関する手がかりを見つけられるのでしょうか⁉

 

それでは「ゴミ捨て場の皇女様」6話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」6話ネタバレあらすじ

皇帝はオスロに、記録書の内容について質問する。

記録室に置いてある記録書には、皇家に起こった全ての出来事が記録してあります。

これに触れることができるものは、記録を行う人とその後継者、そして皇太子、皇帝のみです。

 

皇帝は記録書を読み、ここに偽りが記された可能性がないのかオスロに聞きます。

 

「聞き捨てなりませんね。記録者が嘘をつけないことを知っているでしょう」

オスロは皇帝の言葉に不快感を示しました。

 

皇帝は、そういうことなら記録書に記された内容を全て記憶しているのかと尋ねます。

オスロがもちろんだと言い返すと、皇帝は頭を抱えて彼女に記録書を差し出しました。

 

記録書には、ある史実が書かれてありました。

 

「ある日皇帝は、ブレシュティというアエル族の女性を連れてきました。

彼女は音に敏感で、皇帝はそんな彼女の為に、遠く離れた東北の森にある静かな城を与えます。

 

彼女はいつしかその城で、皇孫を身ごもるようになりました。

陣痛がくると、皇帝は産婆を除く全ての人間を城から追い払います。

 

そして皇帝は彼女に付き添い、自らその部屋の前を守ったのです。」

 

その記録を見たオスロは、目を見開いて驚きます。

 

皇帝は、今倉庫として使っている東北の廃墟に、少女が一人住んでいると話しました。

そして、その少女は捨てられた子であり、自分を“とと様”と呼んだことも伝えます。

 

オスロは、アエル族について古い歴史書でみたことがあると言いました。

「アエル族は、他人に記録されることで、初めて存在することができる種族なのです」

スポンサー

歴史書に記された、アエル族の正体。

この世界には、己を記憶し祈ってくれる信徒がいなければ、力を維持できない神が存在していました。

アエル族はその末裔といわれ、彼らもその神と同じ性質を受け継いでいました。

 

しかし彼らは人間のため、忘れられれば命を失い、死ねば関わっていた人間達の全ての記憶も消えてしまいます。

そのため、人々に信仰されるような誉れ高い職業に就くことが多かったのです。

 

「ここからは、私の私見になってしまうのですが……」

オスロは歴史書に書かれた内容について、見解を話します。

 

アエル族が絶滅の危機にあった理由に関して、最も有力なものは“アエル族でない人間の子を身ごもって産むこと”でした。

別の種族の人間と交わることで、神を裏切ったとして代償に死に至るのです。

 

そうすると歴史書に書かれた女性は、産めば死んでしまうことを知りながら出産したことになります。

また、出産後に母親が死んだため、生まれた子も人々に忘れ去られてしまったのです。

 

皇帝は、城にいた子供が今までどうやって生きてきたのか疑問におもいました。

そして、出産に立ち会ったとされる産婆に会いに行くことを決めます。

 

「子供についての記憶を取り戻す方法はあるのか?」

皇帝の質問に、オスロが答えようとしたその時です。

 

「全部おわったよ‼師匠‼」

オスロと同じ赤髪をした少年が、記録室の扉を勢いよくあけてやってきました。

記録室にやってきた赤髪の少年。

オスロは忌々しそうな表情で、少年を“ラパス”と呼びました。

「記録室に入る時は、あれだけノックしろと言っているだろうが‼」

 

オスロはそう言いながら、ラパスの頭をぐりぐりとおさえつけます。

ラパスはオスロの後継者で、仕事を色々と任されているようでした。

 

オスロは見苦しいところを見せて申し訳ないと、皇帝に謝ります。

「いや、構わないよ。その子は君の後継者か」

 

横でラパスは、皇帝の毅然とした格好良さに見惚れていました。

オスロはラパスに、挨拶はまた後でと、席を外すよう伝えます。

 

ラパスはすねた様子で部屋を出るふりをしますが、実は彼らの話を盗み聞きしていたのです。

 

東北の廃城に、捨てられた子供がいるだって……。

扉を開けたラパスの口元は、静かな笑みが浮かんでいたのです。

 

そうと知らぬ二人は、先ほどの話に戻りました。

オスロは記憶の取り戻し方について、アエル族に関する情報は少なく、何も知られていないことを伝えます。

 

皇帝は、少女が宝石眼を持っていた事だけが気がかりでした。

そしてオスロに、一人の友人として記憶を取り戻す方法を調べてくれと頼みます。

 

「人をこき使うのがお上手ですね……」

いつになく真剣な様子の皇帝に、オスロは憎まれ口も叩けず引き受けてしまうのでした。

スポンサー

城で誰かを待ち続ける少女。

一方その頃、東北の古城では、例の少女が皇帝のマントにくるまっていました。

少女はマントから顔をだすと、猫のノランに話しかけます。

 

「ねえノラン。今日じいじが持ってきてくれたご飯、美味しかったね」

皇帝に命令を受けた執事長のヘルンは、少女に食事を差し入れていました。

 

少女はあんなに美味しいご飯は初めてだと、感動した様子です。

夜風が少女の顔を撫でる中、彼女は森の落ち葉が大分増えてきたことに気づきます。

 

「冬になれば……また、精霊様もいらっしゃるのかな」

少女はそう呟きながら、記憶にいる青い髪の人物を思い浮かべるのでした。

 

ここまでが「ゴミ捨て場の皇女様」6話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」6話の感想や見どころ

「ゴミ捨て場の皇女様」6話の見どころは、皇帝とアエル族の女性の関係です。

 

もし歴史書の話が真実であれば、古城に1人残された少女がとても可愛そうに思いました。

だとすると、皇帝が城で少女に出会った時、なんとも言えない表情だったのも納得いきますよね。

 

そして、記録室を訪ねたオスロの弟子であるラパスは、二人の話を聞いていたようです。

彼が城の話を聞き、良からぬことを企んでいなければいいのですが……

 

皇帝は記録を取り戻すことが出来るのでしょうか⁉

また、少女はどうなってしまうのでしょうか?

 

「ゴミ捨て場の皇女様」7話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー