ゴミ捨て場の皇女様|9話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは「ゴミ捨て場の皇女様」8話のおさらいです。

エストレラは今までいた廃墟から、皇帝のいる城に住みうつることを提案されます。

親として近くでみていたいという皇帝の気持ちを、エストレラは不安ながらも受け取ります。

 

そして、そんな二人の元へ皇帝の息子兄弟達がやってきます。

彼らはエストレラに興味津々で、彼女の気持ちをよそに言い争いを始めてしまいました。

 

エストレラはどうなってしまうのでしょうか⁉

 

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」
あらすじリスト

 

それでは「ゴミ捨て場の皇女様」9話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」9話ネタバレあらすじ

言い争う兄弟を怖がったエストレラ。

しばらく時間が経ち、言い争いをしていた兄弟たちはいなくなっていました。

代わりにエストレラの世話をする侍女が、彼女に挨拶をしています。

 

しかしエストレラはまだ余韻が残っていたのか、ベッドの下から中々出ようとしませんでした。

「あの子達はもういない。出て来ても大丈夫だよ」

 

皇帝は優しくいいますが、エストレラは震えたままでした。

皇帝は彼女の様子を見て、まだ怖いのならと比較的仲の良い執事長ヘルンに残るよう命じます。

 

エストレラはおそるおそるベッドを抜け出し、ヘルンの様子をじっと見つめます。

彼女は宝石眼を光らせて、彼にまとわりつくオーラを見ているようでした。

 

「ねえじいじ……誰か悪い人を触ったの?ベトベトして黒くて変だよ」

ヘルンは禍々しい暗いもやのようなオーラを纏っていました。

 

ヘルンは心当たりがなかったのか、不思議そうな顔で聞いていました。

 

「私によくないものが憑いているのですか?」

「そう……じいじ、葉っぱに注意してね」

 

エストレラはそういうと、皇帝とヘルンに背を向けて去っていきました。

皇帝も何のことを言っているのか分からず、ヘルンに尋ねます。

 

「私も確信はありませんが……漠然と思い当たることがあります」

皇帝はヘルンに調査をするように命じ、その場面は終わるのでした。

スポンサー

ヘルンがエストレラの予言を調査すると……。

次のシーンは、皇帝が部屋に「何か分かったのか?」と尋ねるところから始まります。

ヘルンは深刻そうな顔で、“王宮に毒草が見つかった”と話しました。

 

「詳しくは完全な毒草というわけでありません。それ自体にはさほど問題はないのですが……」

ヘルンは続けて、その草が乾燥した状態で一か所に集められていたのだと言います。

 

皇帝が犯人は分かるのかと聞くと、ヘルンは現時点では犯人どころか、使った痕跡もないと答えます。

 

この事実が知れ渡っては、王宮に何が起こるか分かりません。

皇帝はしばらく考えこんだあと、かん口令を敷き、皇子たちの警備を強化するよう命令したのです。

 

皇帝が続けて何か言おうとしたその時、部屋に慌てた様子で侍女が入ってきました。

「陛下、大変です!エストレラ様が……」

 

そう話す侍女の頬にはひっかき傷があり、血が流れています。

ただならぬ雰囲気を感じた皇帝は、エストレラの元へと急ぐのでした。

風呂を嫌がるエストレラの話を聞く皇帝。

案内された先には、もう一人の侍女がさらに酷い傷だらけで座り込んでいました。

侍女は目を潤ませながら、「エストレラが風呂を嫌がったのだ」と話します。

 

エストレラは風呂に入れられている間、ずっと悲鳴を上げていたのだそうです。

「エストレラ様はうそつきと泣きながら出てしまって……ベッドの下に潜ってでてこないのです」

 

皇帝はため息をついて、侍女たちに医務室に行くよう伝えました。

侍女が部屋を出ると、皇帝はベッドの陰に少し見える、エストレラの背中に声をかけました。

 

皇帝が謝ると、エストレラは小さな声で「うそつき」と呟きます。

「悪かったよエストレラ。君が風呂を知らないなんて、思ってもみなかったんだ」

 

エストレラは、皇帝が自分のことを嫌ってこんな仕打ちをしたのだと思っていました。

皇帝は否定しますが、エストレラが思う“お風呂”は全く違っていたのです。

 

「エストレラが知っているお風呂はどういうものかな」

皇帝の質問にエストレラは、“お風呂はキラキラしていて、水が空で飛び交う幻想的できれいなものだ”と答えます。

 

皇帝は誰にそんなことをしてもらっていたのか聞くと、エストレラは自分の友達だと答えます。

「それはとても素敵で珍しい入り方だね。もしよければその話を聞かせておくれ」

 

皇帝は優しい顔で、エストレラに手を差し出します。

エストレラはこちらの様子を伺うと、ようやくベッドから出てきたのです。

スポンサー

皇帝と和解するエストレラ。

ベッドから出てきたエストレラは、手に持っていたドラゴンのシオンを皇帝の腕に押し付けました。

彼女の意図はよく分かりませんが、皇帝はそれを受け入れました。

 

そして、風呂にも色々な入り方があるのだと説明を始めます。

「友達がしてくれたキラキラの方法だってあるし、今日の方法も立派なお風呂なんだ」

 

エストレラは強い視線で、「今日の入り方は嫌だった」と答えます。

皇帝は、今度からはきちんと説明をすると彼女に約束をします。

 

「また今日のお風呂するの?」

「……今日はひとまず、体を拭くだけにしよう」

 

エストレラは不満げながらも頷きます。

こうして二人は、少しずつ距離を縮めていくのでした。

 

そして場面が変わり、冷たく凍る氷山のような場所に、何者かが閉じこもり眠っていました。

氷は陽の光を受けてはじけると、その人間も同時に目を覚まします。

 

彼は青い髪に青い瞳、透き通るように白く冷たい肌を持っていました。

 

氷から解放された彼は、裸足のまま積もる雪の上を歩いていきます。

「今回は、いつもより少し早い目覚めだったみたいだ」

 

彼は冷気と氷の結晶を身にまとい、誰かを思う様に目を閉じるのでした。

「……あの子が泣いていないといいな」

 

 

ここまでが「ゴミ捨て場の皇女様」9話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」9話の感想や見どころ

「ゴミ捨て場の皇女様」9話の見どころは、エストレラと皇帝の距離感です。

「怖いことはしない」と約束した皇帝とエストレラでしたが、彼女が一般のお風呂を知らなかったために癇癪を起してしまいます。

 

しかし、皇帝は落ち着いた様子でエストレラの話を聞き、説明不足を詫びました。

一歩一歩ですが、二人の距離は着実に近づいているように感じます。

 

今まで孤独だった彼女がこうして、人への信頼を取り戻してくれると良いのですが……。

エストレラの成長もですが、ラストに出てきた人物についても気になります。

 

彼は一体どのような人物なのでしょうか?

「ゴミ捨て場の皇女様」10話もとても楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「ゴミ捨て場の皇女様」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「ゴミ捨て場の皇女様」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー