逆ハーレムゲームの中に落ちたようです|30話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」29話のおさらいからです。

エルドリアは、エイデン・フランで買った奴隷たちの身体をきれいにして、十分な食事をとらせ、宮人として教育を受けられるよう準備してあげるように話を進めていました。

ロビアに同情心で奴隷を買うことは愚かな行動だし、そもそも違法だと言われましたが、エルドリアはそのぐらい知っているけれど、事情があったのだと答えました。

ロビアと話していると、慌てたデイジーが部屋に来て、宮人が首を吊ったと言いました。

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

 

それではピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」30話ネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」30話ネタバレあらすじ

「先日あの方を辱めた宮人がシャンデリアで首を吊って死のうとしたのです」

「姫様の命に従い宮を見回っていたためすぐに発見することができました」

「幸いにも命に別状はないそうです」

 

エルドリアは継続的に報告を受けるようにはしていましたが、もう少し念入りに見守るようにと命令したのは、エクロットと話をした後でした。

前もって見守るように言っておいてよかった…

と、エルドリアは思いました。デイジーがエルドリアを気遣いました。

 

”皇女が彼らをいたぶっている”

”苦しむ姿を見て楽しんでから1人ずつこっそり殺すつもりらしい”

という噂が宮人たちの間で広まっていたのを、エルドリアは知っていましたが、対処はしていませんでした。

 

噂を流しておけば宮人たちは恐怖に怯え、二度と同じことは繰り返さないだろうと思っていたからです。

ですが噂はそれだけではとどまらず、人々はその噂の対象を嫌い、非難し蔑んで完全に孤立させたのです。

 

噂の対象となっている宮人たちは、そんな扱いを受けて当たり前だと思い、追い込まれていたのです。

エルドリアは侍女のヘスに、宮外に送った者たち以外で、以前と今回の件の関係者を全て捕らえるようにと指示しました。

スポンサー

今必要な方法

エルドリアの指示通り、捕らえられた宮人たちは全員拘束されました。報告をうけたエルドリアは、どこかへ向かおうとしていました。

これは明白な私の失策だ

このままにしておくわけにはいかない

 

エルドリアは正しいことではなく、これからは今必要な方法を選ばなければいけないと感じていました。

まさか姫様が本当に…

 

エクロットは息を切らせてエルドリアのいる場所へ向かっていました。

本当に処罰を…!

 

エクロットが到着すると、エルドリアが拘束された宮人たちに刑を言い渡しているところでした。

「…よって今日あなたちの罪の代償として右手を切り落とすこととする」

「これがあなたたちに下す罰よ」

あの人は誰だ?

「出血を止めて縫合まで完全に治療してから宮外に追い出して。これ以外に関わった者たちは…」

姫様の様子が以前と違うことは感じていたが

ただ長い間離れていたせいだと思っていたのに

「自らの罪を忘れないように」

そうして刑は執行されました。

どこであろうとご一緒いたします

エクロットはエルドリアが画廊にいると聞いて、会いに行こうと向かっていました。

 

姫様に会って何をいうべきか

何故今すぐに会わなくてはならないような気分になるのか…その理由も分からないのに

どうしてこんなにも探し歩いているんだろう

 

エクロットはエルドリアの元へ行きました。エルドリアは、結局エクロットの言った通りになったと言いました。エクロットが気になさらなくていいと言うと、エルドリアはエクロットはそう言うと思っていたと言います。

 

「正しいかどうかの問題ではないとあなたが言ったでしょう」

エルドリアが話を続けました。

 

「それでも教えて欲しいの」

「何をですか?」

「私が彼らを罰したことは正しかったのか」

 

エクロットはエルドリアは正しいことをしたと答えました。

「下の者が上の者を辱めたから?それとも望まない相手に無理やり手を出したから?」

 

エクロットは両者の違いが分からず、エルドリアは何を言いたいのだろうと疑問に思いました。

「前者であれば、彼らだけの罪で…」

「後者であれば誰でも罪に問うことができるわ」

「たとえ皇帝であったとしても」

 

エルドリアがそういうと、エクロットは崩れるように跪き、

「姫様それは…!」

と言いました。

 

正しさより権力を重視するこんな盲目的な服従は望んでいないのに…

エルドリアはそれでもエクロットが、誰かの下に従属して自身の全てを捧げなければならないとしたら…と考え、エクロットに1つ質問をしました。

 

「方法が間違っていれば直せばいい、それが無理ならまた別の方法を探せばいい」

「でもその意図が間違っていればそれがどんな方法であっても誤りになる」

「だからあなたに聞くわ」

 

「あなたは私の”誤った方法”になるの?」

「それとも私の”また別の方法”になってくれる?」

そう言ってエルドリアは、跪くエクロットに手を差し出しました。

 

エクロットが永遠に変わらず、主人のために命まで差し出さなければいけないのだとしたら、エルドリアは自分がエクロットの主になろうと思ったのでした。

エクロットは差し出されたエルドリアの手を両手で取り、エルドリアの手の甲に額を付け、

 

「姫様の進まれる道を喜んでご一緒いたします」

「その行きつく先がどこであろうと」

と答えました。

 

 

…とここまでで、ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」30話は終わります。

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」30話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」30話では、宮人たちの噂は自殺に追い込む位、ひどくなっていたようです。

誤った噂でしたが、エルドリアはその噂を流しておけば、2度と同じことをしないだろうと思い、対処していませんでした。

ですが、このままではいけないと思い罰を与えることにしました。

エルドリアは自分が刑を執行したことは正しかったのかと考えましたが、エクロットは正しいと言ってくれました。そして正しさより権力に絶対服従するエクロットの主になることを決めるのでした。

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」31話もとても楽しみです!

 

 

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

最後に

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー