逆ハーレムゲームの中に落ちたようです|31話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」30話のおさらいからです。

エルドリアは、ナドリカに手を出した宮人たちを処刑しました。そんなエルドリアに会いに行こうとエクロットはエルドリアの元へ向かいます。

エクロットは、自分はなぜ今すぐエルドリアに会わないといけないような気分になるのか、会って何をいうべきなのか分からないまま、エルドリアの元へ行きました。

エルドリアは、結局エクロットの言った通りになったと言うと、それでも自分が宮人たちを罰したことは正しかったのか教えて欲しいとエクロットに尋ねます。

エクロットは、エルドリアのしたことは正しいと答えました。

正しさより権力を重視する盲目的な服従は望んでいないのに、エクロットが誰かの下に従属して自身の全てを捧げなければならないとしたら、エルドリアは自分がエクロットの主になろうと思ったのでした。

エクロットは差し出されたエルドリアの手を両手で取り、行く先がどこであろうとエルドリアの進む道を喜んでご一緒いたしますと答えました。

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

 

それでは、ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」31話ネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」31話ネタバレあらすじ

ロビアとの会話

ロビアとお茶をしていたエルドリアは、シガーが警備職に配置されたと聞いてどういうことかと聞きました。

「元の騎士団に戻れるとお考えだったのですか?」

と答えると、ロビアがシガーのことを初めての平民出身の副騎士団長だと教えてくれたんじゃないとエルドリアは言いましたが、だからこそだということに気づきます。

 

シガーが去ってその後釜についた者たちが、シガーが戻ってきたからと言って喜んでその座を差し出すわけがないのです。

ただでさえ、シガーが副騎士団長に任命されたとき、前代未聞の人事だと大騒ぎになったようです。エルドリアはどうして思い通りにいかないのかとため息をつきました。

 

そしてなぜシガーが警備職に配置されたことが自分の耳に入らなかったのかとロビアに聞くと、

 

「もともとこんなことは気にも留められないではありませんか、姫様は」

と、答えました。

 

「無駄なことをお伝えすると死んで宮を出ることになりかねませんから」

「下の者たちが言葉を控えるのもおかしなことではありません

とロビアは話を続けました。そう聞いたあと、エルドリアが

 

「そういえばロビアあなた昨日…」

と言いかけると、侍女が入ってきてエクロットが来たと言い、エルドリアは通すようにと言いました。

ロビアはまた少しムッとした表情になりました。

スポンサー

ロビアとエクロット

エルドリアの前に来たエクロットは、エルドリアの手の甲にキスをしました。

 

「今日はどうしたの?」

とエルドリアが聞くと、エルドリアが指揮する領土協議の助けになるだろうと皇帝陛下から言われて来たのだと、エクロットは答えます。

 

そう…そんなことがあったわね

と、エルドリアは以前皇帝と話した内容を思い出しました。

皇帝がこの領土協議を自分に任せたのは、エクロットとの仲を取り持つ為だったのかもしれないと、エルドリアは考えました。

 

「でももう少し休んだ方がいいんじゃないの?」

と、エルドリアは宮へ戻ってきたばかりのエクロットを気遣いました。

 

「それにその件ならロビアが手伝ってくれているから」

とエルドリアがロビアを指さすとエクロットとロビアは無言で見つめ合い、そしてロビアが口を開いたと思ったら、

 

「俺よりもプライドがない奴は初めて見ました」

と嫌味を言い出したのです。ですがエクロットも表情ひとつ変えず、

 

「お前はプライドではなく良心がないのではないか?」

と言い返しました。ケンカになりそうな空気を察して、エルドリアが間に入りました。

 

申し訳ありませんとシュンとするエクロットと、ツンとしているロビアはまるで犬と猫みたいだとエルドリアは思いました。

 

「エクロットはまたあとで来てちょうだい」

と、エルドリアがエクロットに夜に来てもらう約束をすると、ロビアはわざわざそんな面倒なことをしなくても、気にしないからここで話せばいいのにと言い出しました。

 

ロビアは自分に聞かれるとまずい話なのかと言い出したと思ったら、

 

「俺があなたを置いて他の女によそ見をしたせいですか?そうでなければ今ここでお話ください」

と言い出したのです。エルドリアはその話は今関係ないと怒りました。

 

そしてとりあえずなだめるのが優先だと思い、ロビアの手を握って落ち着くようにと言いました。

 

「…姫様その者を側に置くのはおやめください」

と、ロビアはエルドリアの手を強く握り返すと、顔色を変えて、

 

「その者を信じてはなりません」

「俺の言っていることが分かりますか?」

どこか恐怖を感じているような様子で話しました。

 

「ロビア・ジュランヌ」

「姫様の前でそのような振る舞いが許されると思っているのか」

エクロットがロビアに言うと、ロビアはエルドリアがどう答えるか分かっている上で、

 

「姫様俺に罰を与えられますか?」

エルドリアに聞きました。

 

エルドリアは、

ずる賢いわね

と感じ、いいえと答えました。

その答えを聞くとロビアはエクロットにこの件に関わるなと言い、エクロットはロビアに罰を与えるべきだと意見します。

そんな2人の言い合いを聞いていたエルドリアは、2人とも出て行くようにと言いました。

まさか…

夜、エルドリアの寝室にエクロットがやって来ました。

話をするつもりのエルドリアは、いつもより距離が近い感じがするエクロットに少し驚きました。

 

すると、エクロットは自分の服を脱ぎだし、エルドリアの横に座りました。

 

「あなた…何か変よ」

とエルドリアが言うと、不自然でしたか?とエルドリアの腰に腕を回し、唇を近づけます。

 

「姫様に触れることをお許しいただけますか?」

 

つまり…

これは…

そういう状況だってこと!?

 

 

…とここで、ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」31話は終わります。

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」31話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」31話では、ロビアとエクロットもなかなか相性が悪いんだと感じました。

ロビアが顔色を変えて、エクロットを側に置かない方がいいと言っている理由が気になります。

もしかすると、まだエルドリアが知らないエクロットの裏の部分があるのかなと気になりました。

そして話をしようと思い、エクロットと夜に会う約束をしたエルドリアでしたが、体を重ねようとしてくるエクロットに驚きます。ここからの続きが気になってしまいました。

 

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」32話もとても楽しみです!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

最後に

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー