逆ハーレムゲームの中に落ちたようです|38話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」37話のおさらいからです。

ナドリカが気を使ってくれたおかげで、エクロットと話す機会を持つことができ、エルドリアはナドリカに感謝していました。

ですが、また一波乱ありそうです。

 

ロビアが現れました。

ロビアは自分の所に来てくれなかった事と、気をつけるように忠告したエクロットと一緒にいた事を聞いてかなり怒っているようでした。

少なくともエクロットに会う前に自分の所へ来てくれると思っていたそうです。

 

エルドリアは怒っているロビアに驚いた様子でしたが、自分はエクロットを信じていると答えました。

ロビアは、自分にはその程度の信頼もないのかと泣き始めてしまったのです。

そして挽回しようとしていた努力が無駄じゃないと思うなら、今から一緒に来てくださいと言いだしました。

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

 

では、ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」38話ネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」38話ネタバレあらすじ

初めて出会った場所

「ナドリカ…少しだけ待っていてくれる?」

ナドリカはエルドリアの部屋で待っていますと返事しました。

 

ロビアが連れてきたのは、湖に浮かぶ小舟の上でした。

ここは前の皇女との思い出の場所なのでしょうか?エルドリアは初めて来る場所です。

 

「初めて俺たちが出会った場所ですね」

「思い出に浸りたくてここに連れて来たの?」

ロビアが自分の気持ちを示してくれる度に、本当の皇女ではないエルドリアは、ロビアに優しくすることがより難しく感じていました。

 

挽回しようとしていた努力が無駄じゃないことを証明するためにロビアについてきましたが、それはロビアを愛しているという意味ではないと伝えました。

「そのくらいのことは分かっていますよ」

ロビアはあの時…と出会った日の事を再現し始めました。

 

手を握り髪を耳にかけられると、エルドリアはこのままこの雰囲気に流されてしまいそうになり、ロビアはキスをしようとエルドリアに顔を近づけます。

スポンサー

別の男

エルドリアはバッとキスを除けました。

 

「口づけすら許してもらえない位、俺のことが嫌いなのですか?」

「いいえ。けれどロビア、こんなことをするためにここへ連れてきたんじゃないでしょう?」

分かりましたと返事したロビアは、別の男の話をし始めました。

 

もちろん、エルドリアは初めて聞く名前です。

「あの時、俺が選ばれましたがあなたの側にはオードレンがいました」

「あなたは、ここでオードレンとキスをしたのに俺を選びました」

 

「なぜ、俺が選ばれたのかずっと気になっていました。俺を喜ばせてから絶望に陥る姿を楽しむためだけの事だったのかもしれません」

「それでも…あなたから直接聞きたいんです」

ロビアはポロポロ涙を流して伝えました。

 

ただ一言だけ、少しだけでも、オードレンよりロビアに男として魅かれたと言ってほしいんだと言っています。

 

ロビアが知っている皇女はもう存在しない…

思い出せないと言ってこの場はやり過ごそうか…

 

でも…

 

私はあなたがいい加減皇女の影から解放されたらいいと思っている

これがあなたの望む答えでしょう

 

「そうよ。あの日はオードレンよりあなたがよかったのよ」

もうあなたがこの日の事を、これ以上思い返すことも噛みしめることも心に残すこともないように…

お前は誰なんだ…?

「オードレンよりあなたがよかったのよ」

そう答えてもロビアから何の反応もありません。

 

エルドリアは何かおかしい気がしました。

するといきなりロビアはエルドリアの腕を掴み、

「オードレン・ビヨード・セシリアは、12年前に亡くなられた先皇陛下のお名前ですよ」

 

「名前を間違えたなんて言わないでくださいね、そもそも俺とあなたはここへ来たことがないんですから」

「…お前は誰なんだ?…答えろ」

ロビアに本当の皇女ではないと知られてしまいました。

 

いつ?どこで…?時々エルドリアがこの世界の常識を知らなかったりしても、ロビアは呆れたようにため息をついているだけでした。

それでもナドリカ以外では最も言葉を多く交わしていたから、

いつかこんな日が来るんじゃないかとは思っていた

 

でもそれが今だなんて!

「私に触らないで!」

ロビアの手を払うと記憶を失っていると言おうとしましたが、ロビアはもう別人だと確信しているようです。

 

エルドリアは覚悟を決めました。

「そうよ」

「私は本当の皇女ではないわ」

 

 

…とピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」38話はここまでで終わります。

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」38話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」38話では、ついにエルドリアが別人だとバレてしまいました…。

ロビアはそれを暴くために、連れだしたかったのですね…。

ちょっと涙を流したりするロビアが必死でかわいいと思ってしまいましたが、作戦だったとは…。

エルドリアが本当の皇女ではないと知ってロビアは何をしたいのでしょうか。力になってくれるならいいのですが。

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」39話も早く読みたいです!

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

最後に

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー