逆ハーレムゲームの中に落ちたようです|48話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」47話のおさらいからです。

 

ヘスから珍しく首飾りを勧められ、悩みつつ生誕祭に向かいます。

フェイシス家の汚名を挽回させると伝えたエクロットのエスコートで参加しました。

その会場に1人の白いドレスの女性が突然現れます。

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

 

それでは、「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」48話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムの中に落ちたようです」48話ネタバレあらすじ

ユリエルの告白

エルドリアは今までのゲームウィンドウなどを思い出します。

自身がここへ来てからの行動を振り返り、一つの疑問を振り返りました。

 

(このゲームに落ちてしまった時から一つの疑問)

(私の頭の中に常にあった疑問は、ずっとあったわ)

(私が・・・このストーリーの主人公でないなら、どうやって)

(生き残っていることができるの?)

 

エルドリアは過去にこのゲームを経験した事実から結末を知っています。

皇女は最終的に殺され、主人公にとってはハッピーエンドになる結末でした。

そして、エルドリアは今までに出てきたゲームウィンドウを思い出します。

 

(あの画面・・・ゲームウィンドウを通してヒントを得てから)

(今までのルートを変更してきた・・・それもいくつも)

(それでも、結局決められた流れがあるようにストーリーは進んでいく)

 

エルドリアは漠然とストーリーの結末と自身の経験を重ねました。

 

(死なずに済むならこのまま皇女として生きていたっていいわ)

(でも、この全てのゲームのエンディングの中に)

 

エルドリアの頭の中に浮かぶのは、様々なゲームウィンドウです。

そのウィンドウの周りにはナドリカやロビアがエルドリアを囲んでいました。

ナドリカはエルドリアの足に触れています。

ロビアはエルドリアに気づいて欲しいように背にいました。

エルドリアはその中から上を見上げ、心で呟きます。

 

(私の死、それが予定されているなら?)

 

エクロットはエルドリアの手に触れ、見上げました。

 

(皇女になってから、私には権力の名の力があった)

(以前の皇女がそうしていたように他人を弄んで)

 

ロビアは心配そうに、目を伏せてエルドリアを見つめます。

 

(踏み躙り、破壊して恐怖の対象になって相手の命を奪ってしまえる)

 

エッセンたちはエルドリアから背をむけ、ナドリカは子犬のように見上げていました。

 

(そんな、力)

(私がしていることは人殺しのほかなかったわ)

(だからユリエルを城から追放して・・・)

 

エルドリアの前に、兵士によって追い出されるユリエルを思い出します。

その当時、ゲームウィンドウにははっきりと追放と記載がされていました。

 

(このままユリエルとゲームのストーリーが止まってしまうことを願った)

(でも・・・結局私は抜け出せなかった)

 

エルドリアの意識は現実の誕生祭の会場へ戻ってきます。

目の前には白いドレスを身に纏った黒髪の女性が階段から降りてきました。

その人物にエルドリアははっと目を見開きます。

 

(わかっているわ、唯一残った選択肢)

 

「お誕生日おめでとうございます!姫様」

 

笑みを浮かべ、笑って話すのはユリエルでした。

 

(プレイヤーである”ユリエル”の死だけということを)

 

その瞬間、ユリエル目の前にゲームウィンドウが開きます。

 

【あなたは『アルケン・ドミナート』の助けを借り皇城に戻ってきました】

【このチャンスを利用しエルドリア皇女を没落させることが出来るかもしれません】

【現在の進行率 皇女の没落達成値:0%】

 

エルドリアの目にも浮かぶゲームウィンドウが開き驚愕しました。

 

(ユリエルが戻ってきた・・・とんでもない内容の)

(システムウィンドウと一緒に)

 

はっとしているとユリエルはエルドリアと陛下に挨拶を続けます。

 

「陛下、そして姫様にご挨拶申し上げます」

 

毅然とした態度でエルドリアはユリエルに問いかけました。

 

「皇宮から追放されたものがどうしてこんなところへ?」

「追放された身としてこの宴に来ることは罪であります」

 

ユリエルも負けじと綺麗な声を響かせ、答えます。

 

「その上で母の遺品を取り戻すためには・・・」

「この方法しかなかったのです、どうかお許しを」

「遺品・・・?」

 

聞き慣れないその品に眉を潜め、エルドリアは聞き返しました。

ユリエルは会場のすべての人に話すように言葉を続けます。

 

「先代の皇帝陛下は、私の母へ授けてくれたんです」

「そして母が遺品として残したもの・・・」

「何の話をしている?」

 

ユリエルの発言に声を上げたのは陛下でした。

その言葉に臆することなく、ユリエルは顔をしゅんとさせて続けます。

 

「陛下の乳母は私の母です・・・」

「私の母は皇家の血筋を宿しましたが、怒った太后様は母を追い払われて・・・」

 

まるでウェディングドレスのようなドレスの裾を不安げに掴みました。

 

「私は母が過ごしていた皇城、父のあとが残っているその場所を」

「ずっと気にしていました」

「だから・・・侍女として宮に入り、満足していたのですが」

 

その瞬間、ユリエルの頬に涙がつたいます。

 

「それを知った姫様は・・・絶対諦めないと・・・」

「私が一生大切に持つと思っていた母の備品を奪ってしまわれました」

「そして・・・私を虐げて無理矢理外へ追放を・・・」

 

陛下は涙を流すユリエルへ大きな声で問いかけました。

その姿にエルドリアはびくりとします。

 

「その話は本当なのか?」

「すべて事実でございます・・・その証拠に」

「私の母の遺品であり失われた皇家の宝物・・・血の首飾りを」

 

ユリエルは恨めしそうにするすると左手を差し出し、指を刺します。

その先はエルドリアの首元でした。

 

「今、姫様がつけていらっしゃいます」

 

その瞬間、ピコンとゲームウィンドウが開きます。

 

【達成度上昇 没落達成度:10%】

 

それはエルドリアの没落までのリミットを表していました。

 

スポンサー

血の首飾り

「証明してみせよ!!」

 

陛下の一言に横から使用人は確かめるためのナイフを持って横に立ちます。

使用人のナイフを手に取ったユリエルはスッとナイフを持ちました。

そして覚悟を決めたのか、指にナイフを当て血を出します。

血液はエルドリアの首にあった首飾りを赤く染め、綺麗に輝きました。

瞬間、ユリエルはふらつきアルケンに寄り掛かります。

 

「う・・・」

「ロビリア・・・本当に娘なのか?」

 

驚いた陛下は目を大きく見開きユリエルを見つめました。

反対に覚悟を決めた表情のユリエルは見据えて答えます。

 

「・・・さようでございます・・・陛下」

 

その言葉とともに再びピコンとゲームウィンドウが開きました。

 

【達成度上昇 没落達成度:20%】

 

この状況にエルドリアは未知の展開であることに動揺します。

そして初めて見るそのウィンドウにも見覚えはありませんでした。

 

(何なの、これ・・・突然ユリエルが先代皇帝の娘?)

(ユリエルが皇女なら、私は?)

 

ゲームウィンドウを見据え、エルドリアは確信します。

 

(いくら足掻いたとしても・・・)

(死を免れない悪役だというのね?)

 

エルドリアを確信させるようにゲームウィンドウは開きます。

 

【達成度上昇 没落達成度:30%】

 

一方、エルドリアを置いて会場は先程の話で騒がしくなりました。

 

「それが事実なら皇女様が首飾りを奪ったなんてお話も・・・」

 

【達成度上昇 没落達成度:40%】

 

「自分以外の皇女が出来ることを阻止したかったんだろうさ」

「皇女が2人なら継承序列はどうなる?」

 

【達成度上昇 没落達成度:50%】

 

続々と会場からはエルドリアが開くとした噂だけが響きます。

比例するようにゲームウィンドウの割合が上がっていきました。

その中、ユリエルは横のアルケンと微笑み話を始めます。

 

「アルケン様が力を貸してくださった・・・」

「そのおかげで真実を明らかにすることができました」

「とんでもない、ユリエル様」

 

アルケンはユリエルに柔らかな笑みを浮かべつつ、目線で何か指示を出しました。

 

(今だ、やれ)

 

後ろ手に先程のナイフを構えていた使用人が周囲にバレないよう袋に穴をあけます。

その中は白い粉が溢れ出し、サラサラと溢れます。

エルドリアはその音に振り返ると、周りもその方向を見て驚きました。

ユリエルは白い粉を見ては口元を手で覆い、驚いたような素振りをみせます。

使用人は取り繕うようにナイフを隠し、エルドリアに話しました。

 

「重みに耐えきれず破れてしまったようです、すぐお片付けを」

 

エルドリアは中身を知らない袋から溢れたそれを見て、唖然とします。

全く身に覚えのない白い粉を見ては、周りは再び噂を繰り広げました。

 

「あれってまさか」

「贈り物の山の中に白い粉・・・?」

 

【達成度上昇 没落達成度:60%】

 

エルドリアの後ろでひそひそと話をする観客の中でボソリと聞こえます。

 

「麻薬ではないのしょうか・・・?」

 

(いったい私はいつまでこの・・・)

(クソッタレな皇女に命を抵当に扱われたまま)

(生きなきゃいけないの?)

 

エルドリアの思惑とは反して、ゲームウィンドウは再度表示を見せました。

 

【達成度上昇 没落達成度:70%】

 

ウィンドウを見たか分からなくも、ユリエルに代わりアルケンは陛下に話を始めます。

 

「陛下、まだ他にもお話ししたいことが・・・」

「皆様は噂を耳にしたことがあるであろう姫様の奴隷の話ですよ」

「姫様が幼い少年たちだけを奴隷とし、買い集めている噂です」

 

エルドリアはアルケンの言葉に呆然とその顔を見つめました。

 

「そして年を越す前に全員殺してしまう・・・」

「ここまでであれば、姫様の多少恐怖な趣味程度だと言えます

本当に、事実がそれだけならば・・・ですけれどね」

 

事実と噂と、嫌悪感と

「何を・・・」

 

言葉をやっと発したエルドリアへアルケンは冷たい目で問いかけます。

 

「それ以上のことをされていますよね?」

「冷たい死体に悪魔でも目を逸らすおぞましい行為を!」

 

陛下はその告発に唖然とし、エルドリアは表情を硬くして黙りました。

その行為はエルドリアがここに目覚め、最初に聞いた本当の行為だったのです。

 

『姫様は成人にもならない少年たちだけを、奴隷として買い集めているって』

『そんな噂があるんです』

『・・・どういうこと?』

『だからおかしい噂なんですよ!』

 

デイジーに噂だと聞いたものの、エルドリアの体は異変を起こしていました。

吐き気を催し、その行為は本当だと言っているようなものです。

エルドリアの心はなぜこの体にいるのか、とぐるぐると思考が揺れました。

 

(・・・皇女に・・・今私が入っている体に・・・)

(吐き気がして耐えきれない・・・こんな)

(こんな体の中に、これ以上いたくないわ)

(吐きそう・・・)

 

その目に冷酷なゲームウィンドウが表示されます。

数値は既にエルドリアの没落を示しているような数値でした。

 

【達成度上昇 没落達成度:90%】

 

エルドリアの背中に心配そうにエクロットが寄り添います。

 

「姫様・・・」

「エクロット・・・私は・・・」

 

吐き気を我慢し、エルドリアはエクロットへ正直に伝えかけました。

その表情にエクロットは厳しい目でエルドリアを見つめます。

そのまま厳しい目を周囲に向け、アルケンたちにボソリとつぶやきました。

 

「よくも・・・」

 

エクロットの言葉をより明確にするように突然扉が大きな音で開きます。

 

「!」

 

そこには、腹を抑えエッセンに寄り添ったロビアがいました。

息を絶え絶えにロビアはエクロットに加勢するように話しかけます。

 

「・・・その者たちの言葉に・・・」

「惑わされてはいけません・・・陛下」

 

 

 

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」48話はここまでで終わります。

スポンサー

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」48話の感想や見どころ

「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」48話のあらすじでは、エルドリアを没落させようとユリエルが誕生祭に現れた回でした!エルドリアの過去は確かに庇えるものではありませんが、”今”のエルドリアは全くその噂は嘘になります。

その盲点をついてきたユリエルはまた、ゲームウィンドウを見ることが可能なメタ的な立場なのでしょうか・・・?しかし、エクロットやロビアが否定してくれる最後は少し光が見えてきそうですね・・・!

「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」49話が待ち遠しいです!

 

\全話あらすじはこちら/
「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」
その他の話はこちら

 

最後に

ピッコマ漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー