廃妃に転生した私は小説を書く|116話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」115話のおさらいからです。

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」115話では、妱が余暉陰に毒を飲ませてしまいました。

妱は、余暉陰に道ずれにされそうになり、楡僅のもとへとやってきます。

楡僅の勇姿をみて触発されたという彼女。

楡僅の過度な干渉が、この世界の歯車を狂わせてしまったのです。

楡僅は、本当に無事に元の世界に戻れるのでしょうか。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」116話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」116話ネタバレあらすじ

甘さがもたらすのは

楡僅は、妱に助けてほしいとせがまれてしまいます。

 

余暉陰が死ぬ場面なんて、話にはなかったはず。

それに、彼が死んだら・・・私は元の平和な世界に戻れる。

だけど、自分のためにあいつを見捨てたら、あいつと変わりないじゃない!

 

自分の甘さを自覚しつつも、決断したのでしょう。

楡僅は、妱の手を取り言いました。

 

逃げて!この家を出て、皇宮を目指すの!陛下がきっと助けてくれるわ」

「私は、おばあさまのところへ行くわ!あの男がやばいやつだと知らせてあげなきゃ」

 

楡僅は、余暉陰の祖母に会いに行くことにしました。

道中では、血眼になって妱の姿を探す余暉陰の姿が。

物陰に隠れて、余暉陰の視界に入らないようにしながら、何とかたどり着きます。

 

祖母に話をするのいいですが、陛下が仕入れた余暉陰が死んでいたという情報は、この世界の事実。

祖母は、余暉陰側だとみて間違いないはず。

無計画に敵の陣地に乗り込んでいくなんて、楡僅らしくないですね。

門の前で、下女に止められますが、何とか屋敷に入ることができました。

 

スポンサー

余家の真実

楡僅は、急いで部屋に上がりました。

 

「お話しなければならないことがあるのです!余暉陰とあなたは血がつながっておりません!」

 

しかし、そこで楡僅が目にしたのは、『余暉陰之墓』と書かれた位碑が、仏壇にかざられていました。

思わずその場に立ち尽くしてしまいます。

 

「知ってるわ。後継者がいない我が余家に、やっと現れてくれた孫なんだよ」

「それで、余夫人の対応が冷たかった!彼女も真実を知ってるのね?」

「かわいい孫が来たようだね」

 

お婆さんは、にこりと笑いかけます。

かかとに何かが当たる感触がありました。

背後から殺意を感じ、振り向くと、そこには余暉陰の姿がありました。

死の先に

余暉陰は、目を見開いてすさまじい形相で言いました。

 

「衛楡僅、今すぐ死んで詫びろ!」

 

一方、陛下は、馬を手配し、急いで余府に向かっていました。

 

「楡僅、頼む。無事でいてくれ」

 

はやる気持ちを抑え、馬を飛ばします。

 

そのころ、楡僅は、余暉陰に、背後を取られ、剣を首に突きつけられていました。

妱夫人の居場所が知りたいようです。

首にあてられた刃が食い込み、今にも首を切られそうというところで、陛下がやってきます。

挑発は聞かず、さらに状況が悪化してしまいました。

 

「貴様の性で妱は、俺を捨てたんだ。ぶっ殺してやる!」

「私がいなくなったらどうなると思う?」

 

楡僅は、妱が大工のことを好きになり、余僅陰には見向きもしないことを告げました。

 

「愛もなく、憎まれもしないなら、今ここで死んだ方がまだ彼女の想いは残るわ」

「いや、その場合なら、少なくとも妱の前で死ねるんだ!」

「今死ねば、もう彼女に会うこともできない!」

 

剣を深く突きつける余暉陰に、陛下は、思わず持ってきた弓を放ってしまいました。

矢は、余暉陰の額に中りますが、その際に、楡僅も切られてしまいました。

 

こんな形で終わるなんて・・・

 

そう思った瞬間、楡僅は、いつか京城へ招いたお坊さんの目の前にいました。

彼は、切れた赤い紐を見て言いました。

 

「この子は自身の役目を全うしたよ。じゃなければ、この世界は崩れただろう」

「私は死んだの?」

 

大師は、お椀を楡僅に渡しました。

 

「見てみなさい。」

 

その中では、陛下の矢に射抜かれた余暉陰と楡僅の体を抱きしめる陛下の姿が映っています。

紅い紐のおかげでこの世界が壊れなかったと言っていました。

ということは、元の世界に戻ってきたのでしょうか。

大師は、転生ものによくある神様のように、転生に関係がある存在なのかもしれません。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」116話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」116話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」116話の感想と見どころです。

 

やはり、この世界の楡僅も死んでしまいましたね。

どう考えても、干渉しすぎた結果ということです。

あそこで夫人を見捨てていれば、死なずに済んだかもしれません。

 

紅い紐が役割を終えたと言っていましたが、楡僅は、もう一度だけ戻ることができるのでしょうか。

大師と一緒にいるのも、なんだか不思議な感じです。

彼は、こうなることを予測していたということなのでしょう。

太后が言っていた「身を任せる」の意味が、ここで回収されそうです。

 

ただ気になるのは、これからの展開です・・・

もう一度機会は与えられるのだとは思いますが、どういう展開になるのかが楽しみです。

それとも、大師がいるのは元の世界。

これは、そもそも・・・

 

いろいろと考察は膨らみますが、本当に次回が楽しみです!

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」117話は・・・

 

本当にどうなるのでしょうか。

私には予測不可能です!

また1週間楽しみにして待ちましょう!

 

ー月曼金の手によって、別の女性の人生を歩むことになった楡僅

元の世界に戻ることはできるのか

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」117話はお楽しみに♪

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー