廃妃に転生した私は小説を書く|123話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」122話のおさらいからです。

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」122話では、月曼金の計画により、過去に戻ってしまいました。

過去の衛楡僅は、今の自分ではなく『宿主』の幼少期。

逸脱した行動は、存在を揺るがすことになってしまいます。

しかし、脅威はそれだけではありません。

沛霖の様子がおかしく、まるで女遊びをして姑楼をめぐっていたころのよう。

楡僅は、過去の過ちを回避しようとうまく立ち回ろうとしますが、沛霖によって池に突き落とされてしまいます

記憶は持っているようですが、いったい何があったのでしょうか。

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」123話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」123話ネタバレあらすじ

突き落とした理由

楡僅は、池に突き落とされ、おぼれそうになってしまいます。

事の次第を駆けつけてきた家族に助けられ、九死に一生を得ることができました。

楡僅のことを可愛がっている叔父さんたちは、沛霖を責め立てます。

 

「お前の池で妹が落ちたのなら、お前の責任だ!妹がどうして池に落ちたのか、自分の口で話しなさい!」

 

沛霖は、問い詰められても、一切口を開きませんでした。

 

そのころ、楡僅が、ちょうど目を覚まします。

 

兄さんに落としたって認めさせちゃダメだわ・・・

これじゃ過去に来た意味がないじゃない!

 

今までは、過去は、楡僅にとってはやり辛いのだと思っていました。

しかし、過去に来たのは、月曼金の意思ではなく、楡僅の意思だったのですね。

物語に入り込む前に手に取っていた猫兄日常は、この伏線だったのでしょう。

 

楡僅が沛霖のもとへ向かおうとしたところ、叔父たちがやってきました。

 

「池に落ちたのは、沛霖のせいなのか?」

「沛霖がお前をしたんだろう?」

 

自分で落ちたと言おうとすると、また胸が痛み始めます。

 

本来の性格なら、かばうなんて行為は、絶対にしない・・・

 

本当のことも言えず、嘘も付けなくなってしまい、為すすべがありません。

どうしようか迷っていると、陛下のことを思い出しました。

 

「ここで話しても仕方ないから、私、陛下に会いたい!」

 

楡僅は、大声で駄々をこねました。

胸の痛みが治まったのを見ると、性格から逸脱しなければ、どのような展開になっても問題はないようです。

その夜、楡僅は、侍女が止めるのも無視し、外に出ました。

性格から逸脱しないよう、傲慢な態度を心がけます。

侍女を下がらせると、沛霖の屋敷へと向かいました。

 

なんで兄さんは突然あんなことを・・・?

今日中に明らかにさせてやるわ!

沛霖の屋敷に近づくと、中から声が聞こえてきました。

 

「先ほど目が覚めたら、7年目に戻っていたのです」

 

6年後に楡僅が皇后になること、将軍への思いがばれて恨みを買ったことなどを話しているようです。

 

「誤飲した薬のせいで気づけば将軍の妻と寝ており、彼女からも恨みを買い、刺殺されるのです」

「私をはめられるのは、妹しかいません。妹への対策を無碍にしたことが今回の敗因・・・」

「ここまで実の兄に手加減しないというのなら・・・絶対に楽に生かしてはやりませんッ!」

 

沛霖にいったい何があったのでしょうか。

 

スポンサー

過去の改編

楡金は、屋敷から漏れていた声を聴き、すべてを悟りました。

 

月曼金は、ここを変えてきたのね

本来は別の誰かの人生なのに、兄さん言改編しやがったわ!

まさかの闇落ちとか、何か策を考えないと・・・

 

そこで、楡僅は、陛下に会いに行くことにします。

彼なら、何かしら突破口が見つかるかもしれません

楡僅が幼少期なら、陛下は、どうなるのでしょうか。

沛霖も少年のころの姿ですし、陛下も子供のころなのではないでしょうか。

 

陛下に会いに行くと、そこには、前帝がいました。

やはり、陛下の姿はありません。

もし陛下まで幼少期の姿であれば、絶望的ですね。

 

陛下との再会

しらばくして、楡僅は、ほかの子供たちに、陛下からの贈り物を自慢することにしました。

そのなかには、あの金の鯉も入っています。

すると、一人の少女が言いました。

 

「実は、私たちも驚く米贈り物を用意したんです!」

「何をくれるの?」

「男のペットを用意しました!」

 

楡僅は、設定からは逃れられないと思い、彼女たちに乗ることにしました。

 

「超顔見知りです!」

 

知り合いなのに虐めちゃうの?

それってもしかして・・・

 

 

急いで屋敷の扉を開けると、そこには、よく見知った人物の姿がありました。

陛下の縄を解き、皆の前に連れていきます。

 

「もっと弱弱しく、おびえた感じにしてくださいよ。」

 

陛下にも意図が通じたのか、その通りにしてくれます。

楡僅は、これ以上このような目にあわせるわけにはいかないと思い、言いました。

 

「彼は、私のだから。何人もいじめることは許さないわ!」

 

もしかすると、今後行動しやすいと思っての行動でもあったのかもしれません。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」123話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」123話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」123話の感想と見どころです。

 

いきなり沛霖に殺されかけていましたが、何とか助けられた楡僅。

本当に何が起きるかわかりませんね。

ただでさえ、宿主の性格による行動制限があるのに、沛霖の過去を塗り替えて、楡僅に恨みを持つように仕向けるなんて許せません。

せっかく元の世界では、仲直りできたのに、せっかくの兄弟愛がなかったことにされるのは、心が痛みますね。

 

かなり、先行きが怪しい感じの出発ですが、この物語のほころびはあるのでしょうか。

変える設定は1か所だけ、とかなり自信ありげな表情でした。

 

陛下ももちろん子供の姿で、今、城を治めているのは前帝です。

陛下には力がありません。

楡僅を守り切ることはできるのでしょうか。

 

 

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」124話は・・・

 

陛下と話し合うことになるとは思いますが・・・

これからどうするのでしょう。

 

もしかすると、この物語には太后も関わってくるかもしれませんね。

重要なカギを握っているのに、全く出てきていないのが気がかりです。

 

ー大欺腊国からの帰還劇が幕を閉じました

廃妃から皇貴妃へと這い上がった衛妃、皇妃の座に返り咲く日も近いのでは。

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」124話はお楽しみに♪

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー