廃妃に転生した私は小説を書く|132話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」131話のおさらいからです。

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」131話では、風公子が楡僅に対して好意を示し、積極的に話しかけていましたね。

前の世界とはまったく正反対の態度で、嬉しそうに話しかけてくる姿に、まるで陛下の様だと思ってしまいました。

沛霖の好感度を上げるだけかと思いきや、それだけではないようです。

沛霖と王卿も風煙楼で、出会ってしまいました。

それに加え、楡僅が風将軍と二人でいたこともばれてしまいました。

沛霖は、どんな反応を示すのでしょうか。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」132話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」132話ネタバレあらすじ

呼び出された理由

楡僅は、風公子に愛想をつかし、部屋か出ることにしました。

扉を開けると、ちょうど隣の部屋からも誰かが出てきたところでした。

お互い見覚えのある姿に、足を止めました。

楡僅は、風公子と一緒にいたことを知られてしまい、沛霖は、女性を追いかけている姿を見られてしまいます。

2人はほぼ同時に互いの腕をつかみ、家に連れて帰ろうとしました。

沛霖は、かなり楡僅に対して寛容になってきています。

過去のことは、もう忘れているかもしれませんね。

 

一方その頃、陛下は、皇帝陛下に呼び出され、説教を受けていました。

 

「私は、お前の交友関係を把握できてなかった。衛家の娘と親しいようだが・・・それは本当か?」

 

思いがけない質問だったのか、陛下は、言葉に詰まります。

 

元々幼いころの陛下はいじめられっ子で、楡僅にも、他の姫にもいじめられていました。

第2皇子だから、気にしていないだろうと思っていたようですが、先帝の方が上手だったようですね。

 

先帝は、些細な変化にも敏感に疑っている。

世家の者と親しくすること自体、彼は快く思わない・・・

 

「皇帝陛下・・・それは誤解です。陛下が考えるような仲ではありません。私の個人的な意見としましては・・・好きではありません」

「それならいい」

 

皇帝陛下は、それ以上何も言わず、開放してくれました。

皇帝陛下が世家のことを好きでないということは、衛家をつぶそうとしてる人たちには、皇帝陛下も含まれているということなのでしょうか。

 

スポンサー

説教

風煙楼から帰ってきた楡僅と沛霖。

 

「お前!見ず知らずの男と一緒にいるなど・・・危機管理能力が欠如しているぞ!」

「兄さんこそ、正真正銘の他人と一緒だったじゃない!女遊びしてるって母さんにチクるから!」

 

兄妹で取っ組み合いのけんかを始めたとき、ドアが勢いよく開けられます。

部屋に入ってきたのは、鬼のような形相の母親でした。

2人して、おしりを散々たたかれてしまいます。

その様子を見ていた叔父たちは、嬉しそうに言いました。

 

「沛霖には、壁があったからな。今日のけんかで子供らしさが見えて安心したよ」

「これで、過去のわだかまりも消えるといいね。親は子をいつくしみ、兄弟は仲良くしてこそ、本物の家族になれるだろうから」

 

いつもと違う陛下

翌朝、楡僅と沛霖は、そろって学び屋に登学します。

 

「寒定館に行く前に先生方にあいさつ回りをしないと・・・」

「風煙楼のことがばれたら、なめられるかもね」

 

そんな会話をしながら、教室に入ると、沛霖がいきなり立ち止まります。

 

「第2皇子様、なぜ私の席に座っておられるのですか?」

「沛霖は、寒定館へと行くんだろう?最後は兄妹一緒に過ごしたいのではないかと思ってな」

 

楡僅は、陛下のようすに違和感を感じました。

放課後、陛下は、一人で教室を出ていこうとします。

 

「第2皇子様、お待ちください」

「衛さん・・・何の用でしょう?」

「昨日風煙楼で起きたこと、まだ話してないでしょ?今晩は、ハスまつりがあるみたいだし。その時にでも。いつものところで、待ってるから」

 

しかし、陛下は、振り向きもせずに、冷たく言い放ちました。

 

「行かない。用事があるんだ。今後はもう誘わないでくれ」

 

楡僅は、それ以上何も言えず、ただ茫然と立ち尽くしてしまいました。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」132話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」132話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」132話の感想と見どころです。

 

やはり、思った通り、陛下は楡僅を遠ざけるようになってしまいました。

気になるのは、皇帝陛下に知られないように動けば問題ないはずなのに、逢瀬の誘いも断っていたこと。

「はじめは虐められていた(仲良くなかった)」というようなことを言っていました。

演技なのでしょうが、これから先しばらく接触しないつもりなのでしょうか。

 

楡僅と仲良くしているのが、そんなにもいけないことなのでしょうか。

もともと虐めていたとありますが、陛下とはなんだかんだで仲が良かったはずです。

どういうことでしょう・・・

 

 

 

次回は、陛下の真意が分かりますね。

蓮祭りの際に待ち合わせ場所に、全く足を運ばなければ、今後陛下の助けを得られない可能性が高いです。

今後の展開が読めないので、毎回更新が楽しみです!

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」133話はお楽しみに♪

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「姉が男主人公を拾ってきた」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー