廃妃に転生した私は小説を書く|14話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」13話のおさらいからです。

誤解だったとはいえ、美人から貴人に昇格した衛瑜槿(エイユキン)。

それに対して、錦嬪貴人は、降格して美人に。

このような形だといずれ仕返しが来そうですね。

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」14話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」14話ネタバレあらすじ

皇帝からの手紙

衛美人を貴人に昇格させた皇帝。

今後は、指示がない限り、衛貴人に対する、外部からの接触を拒否するように計らうようです。

 

この結果に満足した蕊慧は、皇帝にも昼ご飯を誘いましたが、返事は無く、代わりに衛貴人の方に視線を向けます。

衛貴人は、怒っていると思ったのか、汚された宮を片付けようとしました。

蕊慧には食事の準備を、蕊沁には汚されたところの片づけを命じ、自分は箒をもって掃き掃除を始めたのです。

 

皇帝は、その姿をしばらく黙ってみていましたが、やめるように言いました。

今まで本来の才能を発揮できていなかったというわけか・・・?何なんだ?まるで心臓が細い縄で締め付けられるように痛む・・・ッ!

今日は疲れただろう・・・しっかり休むといい。雑用は彼らに任せろ・・・

皇帝陛下は、また日を改めて来ると言い、去っていきました。

 

去っていく陛下の後ろ姿を見て、つい笑みがこぼれる衛貴人。

どうやら・・・そこまでウザくないみたい。むしろちょっと可愛いわ

 

ー後日ー

皇帝から正式に貴人の位を授かります。

皇帝陛下の側仕えに陛下からの言葉と、手紙をもらいました。

え・・・?手紙・・・?一国の皇帝が、まるで小学生ね・・・

『貴人の称号があれば、今度は虐げられることもなくなるだろう。もしまた同じようなことがあれば、ただでは済まさん』

手紙の内容に、思わず笑みを浮かべます

周りも茶化したくなるような、愛おしそうな笑み

少しずつ、この2人の関係も進展してきていますね。

スポンサー

皇帝に密告していた余美人

蕊慧が作ったお饅頭をどこかへ持っていくという衛貴人。

ある友人にお礼がしたいの・・・

そして、衛貴人が向かった先は、霞飛院・・・余美人の居るところです

衛貴人の顔を見た途端、青ざめる余美人。

おいしいお饅頭ができたてでね・・・持って来たのよ

・・・何か企んでる?

昨日・・・あなたが陛下に知らせてくれたんでしょう?

「何で知ってるのよ!別にあなたの為にしたんじゃ・・・」

余美人曰く、陛下に遊びに来てもらおうとしていたところで、あの騒ぎが起きたということの様。

 

しかし、衛貴人は、彼女が陛下に密告してくれたと確信しているようです。

「密告した人間は現場には来ないですもの」

「誰があなたの為に密告したっていうのよ!思い込みが激しいこと!」

色々表向きの理由はあるようですが、助けてくれたのは紛れもない事実。

「例えそうでも・・・助かったわ。今後もし何かあれば、私を探しなさい。

あぁそうそう、もしこの饅頭が気に入ったならいつでも官女に取りに来させて」

立ち去ろうとする衛貴人。

その後ろ姿に、余美人は大きな声で言いました。

「今後はあなたがここの主なんだから、ちゃんと私を守ってよね!」

以前の2人の関係では、絶対にありえない光景ですね。

「あなたの勢いで牽制して、よそ者にこの宮で好き勝手させないようにしてよね・・・っ!」

あんなことがあったのに、自分の立場を理解して、きちんと衛貴人のことを認めているのが、余美人の良いところです。

 

月貴妃の企み

ーその頃、裏の支配者の月貴妃は、衛貴人の報告を受け、計画の失敗を嘆いていました。

「陛下の行動は、想定外だったわ・・・この私が、見通せないなんて・・・よろしくないわね」

側仕えの胡蝶に、皇帝陛下の動向を探らせようとします。

胡蝶は、先もって調べていたらしく、皇帝が昭梧宮で休んでいることを伝えます。

「なら私たちも急がないと・・・この間、入手した香がとてもいいのよ・・・安眠を促進させるわ。」

胡蝶にその香を届けるように命じました。

 

廃妃に転生した私は小説を書く14話は、ここでおしまいです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」14話の感想や見どころ

廃妃に転生した私は小説を書く14話の見どころは、皇帝との関係の進歩余美人との関係の変化です。

まず、皇帝陛下との関係の進歩ですが、今までは皇帝が一方的に気にかけている節がありました。

衛瑜槿(エイユキン)は、冷宮から牢獄へ落とされるという経験をしているのでしょうがないですが、少し一歩引いた感じで接していました。

前の時に、皇帝がそのまま彼女と寝なかったので、すれ違っているの原因の一つでしょう。

でも、皇帝が擁護する側について、積極的に気にかけていることが分かって、ようやく、2人の距離が少し縮まったような気がします。

これからは、衛貴人の方からアプローチすることもあるかもしれませんね。

不器用な2人のラブコメ展開、この先も楽しみです。

そして、余美人との関係の変化ですが、まさに、昨日の敵は今日の友状態ですね。

敵ばかりの中で、唯一の友です。

これから、何かと役に立ってくれそうですね。

最後に、守ってよと言っていましたが、陛下に密告したとなれば、確かに立場が危ういですね。

月貴妃は気づいているのか分かりませんが、今は陛下に何らかの手を打とうと考えているようなので、しばらくの間は、目を付けられなさそうです。

次の刺客も、余美人のように攻略されてしまうのでしょうか。

宮女たちとの関係の変化も楽しめそうです。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」15話は!

余美人とも仲直り?した衛貴人。

次はどんなことに巻き込まれるのでしょうか。

月貴妃は、皇帝陛下に対して何か企んでいるようです。

大事にならなければいいのですが・・・

「廃妃に転生した私は小説を書く」14話も楽しみです。

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー