廃妃に転生した私は小説を書く|15話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」14話のおさらいからです。

皇帝との距離が少しだけ縮まった衛瑜槿。

その後、いがみ合っていた余美人が、皇帝に密告してくれていたことに気づきます。

それに対する礼もし、こちらも協力関係を築いていけそうです。

その頃、月貴妃は、皇帝陛下も巻き込んだ次なる作戦を考えていました。

貴人にまで昇格した彼女の先行きは?

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」15話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」15話ネタバレあらすじ

計画失敗(お香作戦)

ー晩鶴停ー

皇帝陛下のもとに、書店の店主が訪ねてきました。

手元には1冊の書物。

先ほど、蘇大人から届き、それを書き写したものです。

無名乃友作、『凡人修仙紀』

 

数ページ確認したところ、その数ページだけでも流石と言えるレベルの内容のよう。

それに加え、作家としての知名度もかなり上がり、今では名前だけで売れてしまえるほど。

 

店主自身もファンの一人、先を読みたくてうずうずしており、皇帝に許可まで取ってさっさと帰ってしまいました。

残された皇帝は、さっそく読み始めます。

 

仙人修行の話は多く、落ちこぼれが仙薬を飲んで異能を手に入れたり、娶った妻が実は仙人だったり。

 

しかし、この凡人修仙紀は、1ページ目で主人公が死んでしまいます。

この手の話は書かれたことがないようで、皇帝も驚きを隠せません。

その日の晩・・・

月貴妃が寝殿にやってきます。

 

香を使って皇帝を落とそうと考えているようなので、そのために来たのでしょう。

今は彼女だけが、寝殿を無許可で出入りできるようです。

 

下女たちは、彼女の姿を見て、噂してます。

「早く湯を用意しないと、今晩は必ず泊まっていくはずよ!」

 

「ねぇねぇ!賭けない?私は今日の月貴妃は絶対失敗すると思う!」

 

「宦官の方から聞いたんだけど・・・陛下がね・・・徹夜でもう目が赤くなるまで書物を読みふけっているらしいのよ・・・!」

 

「それじゃあ・・・月貴妃を相手する時間なんてないってこと・・・?」

 

そして、その噂通り、月貴妃よりも話の続きが気になるようで、月貴妃のことも特に気にせず、小説の内容を解説し始めます。

月貴妃もその説明に聞き入ってしまいます。

 

良い感じのところまで解説したにもかかわらず、その先はまだ読んでいないので分からないそうです。

 

「我は必ず『凡人修仙紀』を読破しなければならない!また日を改めてきなさい・・・」

皇帝は、下女たちに貴妃を下がらせるように命じます。

 

と・・・途中で止めないで下さいよ!その後は?そのあとは一体どうなるのよ・・・ッ!

あまり字が得意ではないとのことなので、小説自体は世真名かもしれませんが、これは月貴妃も攻略するキーになるのではないでしょうかッ!

 

スポンサー

『凡人修仙紀』

「蘇大人!このような文章構成は前代未聞ですぞっ!」

蘇と店主が、お互い徹夜明けで盛り上がっています。

 

「よろしければ、その後友人にお聞きしたいことがございます。この小説は一体何に分類されるのでしょう?」

「事前に聞いておいたんじゃ!このような話は・・・転生モノというらしいぞ?」

転生先で転生モノって・・・でも自分も経験しているので、生体験を踏まえて掛けそうです。

無名乃友、人気作家へ

至る所で、人気作家として売り出されている無名乃友こと衛貴人。

 

ー江南ではー

書店では、最人気作家、無名乃友の『凡人修仙紀』を求める客で賑わっています。

 

毎日、行列ができりほどの人気っぷり。

中には、闇市で手に入れたという輩まで出てきます。

 

ー京城ではー

こちらでも、大人気です。

 

とある男兄弟が『凡人修仙紀』について話しています。

「無名乃友様は本当に文才だよなぁ!嫁に欲しい!」

「おいおい男かもしれないぞ?」

「それなら同性愛になる!」

「おお・・・本気だな!」

少し読ませてくれとせがむ弟に、読み聞かせることにしたようです。

 

「この話のすべては魏則堂が殺害される場面から始まるのだ!」

 

魏則堂の前世での暮らしは平和そのもの、しかし、不運なことに殺害されてしまうが、再び人界に戻るのです。

最大の目的は、自分を殺害したものを探し出すこと・・・

 

小説の内容の続きは・・・16話で!

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」15話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」15話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」15話の感想です!

皇帝陛下が『凡人修仙紀』と作者の無名乃友を気にいるのはともかく、まさかそこにやって来た月貴妃をもとりこにするとは思いませんでした。

皇帝陛下は、もし作者が衛貴人だと知ったらどうするのでしょうか。

監禁してでも、毎日書かせそうですね。

続きを早く書けと言われている姿が、目に浮かびます。

月貴妃が香で何か企んでいるのだと思っていましたが、普通に皇帝陛下を自分に向けさせようとするためだったのですね。

その計画が失敗に終わったのも、予想外です。

これは、衛貴人が月貴妃をも改心させて取り込む未来もあるかもしれないです。

月貴妃の闇がどれくらい深いかは分かりませんが・・・

今後の関わりに期待します。

もう少しハラハラするようなことを仕掛けてきて欲しいです。

 

転生して転生モノを書く・・・しかも売れっ子って、ちょっとそんな未来憧れますよね。

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」16話は!

小説の内容の続きですね。

「廃妃に転生した私は小説を書く」16話も楽しみです。

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー