廃妃に転生した私は小説を書く|21話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」20話のおさらいからです。

賭けの清算にやって来た皇帝陛下。

しかし、宮中では賭け事はご法度です。

皇帝陛下は、なにやら企んでいる様子。

皇帝の求める条件とは一体・・・?

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」21話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」21話ネタバレあらすじ

皇帝が考えた名目

金子を前にして、悲しむ貴人。

「では、私に見せる為だけに・・・陛下は、これを持って来たのですか?」

皇帝陛下は、その言葉には答えずに、側仕えを呼びました。

そして、詔旨を読み上げさせます。

「直近、衛貴人の行動は、皇帝陛下を大いに満足させたことから、金子百両と『昭儀』の称号を与えます」

貴人もこれは予想していなかったのでしょう。

呆けてしまっています。

 

皇帝陛下は、さらに条件を追加するようです。

「我を抱いてくれぬか?」

一体この言葉の意味は・・・?

スポンサー

昔の記憶

余美人とのなれ合いを見て、昔の昭儀を思い出した皇帝。

昔から勝気な性格だった衛昭儀は、皇帝陛下のことも蹴っ飛ばすようなおてんば娘でした。

それとは対照的に、皇帝陛下は泣き虫で、いつも弄られては泣いていました。

そんなひ弱な姿に見かねた昭儀。

「もう泣かないで。男の子なんだから、泣き虫は良くないわっ!」

小さいころの皇帝陛下は、昭儀に抱き着いて泣いていたのです。

 

幼いころを思い出しながら、抱き着いた昭儀の温もりを感じ取ります。

あの優しさも花のように枯れていき・・・次第に人前では、我にきつく当たり、我もこの感覚を忘れていった・・・

先ほど、余美人との戯れでも衛氏は、嫌がっていなかった・・・どんな心境の変化なのか

しばらく、その体勢でいましたが、ふと冷静に戻り、よく考えてみると、勢いで抱き着いたはいいものの、この後どう話せばいいか分かりません。

 

衛貴人は、皇帝が震えているのに気づき、鳴いていると勘違いしてしまいました。

「陛下、何か悩みでもあるのですか?・・・そう自分を追い込まないで下さい陛下・・・泣かないで・・・?」

「わ・・・我は泣いてないぞ」

どうやら、先ほどから震えていたのは、足がしびれたからのようです。

2人は顔を真っ赤にしながら、とくに何事もなく別れました。

昭儀の兄

晩鶴停に戻った皇帝陛下。

四全に先ほどの詔旨を持ってこさせます。

「衛昭儀に見られてはないだろうな?」

「ご安心ください!見られておりません!」

「流石だ・・・お前は良く分かってるな」

少し試したのか、内容が全く違うことを分かっていて渡したようです。

「昭儀は、国母のような人格者なのに・・・その兄は何故こうもだらしがないんだ」

その詔旨には、兄の衛沛霖について書かれていました。

その内容はあまりにひどく、あちこちで悪行三昧している様子が書かれていました。

どう対処したらよいものかと悩んでいると、四全が妙案を思いつきます。

それは、兄を入宮させ、昭儀に管理と躾を任せるというものです。

 

兄が入宮すると聞き、気が気ではない昭儀。

以前の衛氏が、風南至を手に入れるため、味方だった兄を貶め地位も名誉も奪ったのです。

そんな相手に会いたいわけがありません。

 

それからしばらくして、沛霖と顔を合わせます。

「今の京城では、当時の兄さんが、絶世の才能を持つ、優秀な衛家の長男であったことを知るものは、ほぼ居りません・・・

このまま・・・自暴自棄に一生を終わらせていいのですか?」

沛霖は舌打ちをして顔をしかめます。

「妹よ・・・何をほざいているのか。兄には聞き取れないな。」

それはそうでしょう。

そうしたのは紛れもない衛皇妃なのですから・・・

出会いは最悪、ここからどのように関係を修復し、味方に引き込むのでしょうか。

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」21話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」21話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」21話の感想です!

本当は賭けの清算でしたが、金子100両とさらに昭儀の位まで取ることができました。

抱きたいという条件を提示してくるだろうという予想はでしたが、まさかの抱いてほしい!

昔のことを思い出して、もう一度温もりを感じたいと思ったようです。

でも、触れるところからという意味も含まれているのでしょうね。

なんといっても、余美人に先を越されていますから。

 

廃妃からは想像できないくらい、心根の優しい子だったのですね。

でも恋が人を変えてしまったということでしょう。

ずっと近くにいて想っていたのに、風南至に持っていかれた皇帝。

不憫です・・・

皇帝陛下とは幼いころからの付き合いだということはちらっと出てきていましたが、しっかりと記憶として出てくるのは初めてですね。

昭儀の子供の頃が、男前すぎて・・・

確かにこんなエピソードがあるなら、今の昭儀を見ても、人が変わっているととは考えないでしょう。

根本の性格が同じようなタイプですから・・・

昭儀には、早く皇妃の座に戻って、2人とも幸せになって欲しいです。

 

そして、兄の沛霖。

 

悪逆非道を繰り返しているのは、以前の衛氏のせいです。

出会い頭から嫌な空気になってしまっていますが、このイベントどう切り抜けるのでしょうか!

とても楽しみです。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」21話は!

きっと沛霖矯正プログラム始動ですね!

うまくもう一度味方に引き込めるといいのですが。

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」21話、楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー