廃妃に転生した私は小説を書く|25話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」24話のおさらいからです。

陛下に突然初めてを奪われた昭儀。

翌朝、蕊沁の報告により、沛霖に無名乃友だとバレた経緯が判明します。

それは、たまたま初心者の写し担当が店で原稿を開いて写していたから。

それを見た沛霖は、字で判別できたのではないかとのこと。

安心した昭儀は、晩鶴亭で待つ、母方の関係者の元へ向かいます。

一方巷では『猫兄日常』の変わった噂が立っていました。

『猫兄日常』は面白くない?無名乃友はもうダメ?

この噂は一体・・・?

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」25話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」25話ネタバレあらすじ

何かを隠す2人の兄弟

無名乃友の新作『猫兄日常』の名を聞いて、逃げ出す2人の男たち。

「まさかあの2人・・・書籍管轄の官僚が変装して俺たちを探しに来たのか?」

新人の写し関係者なのかもしれません。

 

「俺は・・・聖人様の『四書五経』がいいと思うんだけど・・・」

『猫兄日常』は、私利私欲にまみれた男女の話ばかり。

「『猫兄日常』を読んで思ったけど・・・日常にも人生の道理を学ぶ機会は溢れてるんじゃないかな?」

そんな話をしながら、学生2人は、街中を全速力で走り去っていきました。

スポンサー

猫兄日常

停翠院では、蘇大人と昭儀がテーブルを囲んで話し込んでいます。

もちろん、賛否両論、今話題の『猫兄日常』についてです。

「書き方の技術はさすがとしか言いようがない」

「書き方なんてどうでもいいわ・・・重要なのは読者が買うか買わないか!」

「今回の売れ行きは、前回を超えとるんだ!お迎えに上がるのを待っておれよ!」

 

今作の特徴で、一番素晴らしいところは”表現様式”

その表現様式とは、「日記体」

これは、昭儀が続きが気になって寝れないという皆の為に考えたものです。

日記形式だと、1話が短いため、隙間時間を利用して罪悪感なく読めると思ったのです。

「じゃあ乾杯じゃ!今後のさらなる発展を祈って・・・!」

 

昭儀の欲しいもの

その日の夜ー

兄の沛霖も、『猫兄日常』を読んでいました。

「この猫兄は・・・」

何か思うところがあったのか、側仕えたちに宮への挨拶状を送るように言いつけます。

「今すぐ行きたい!」

そして、華容宮へ向かいます。

 

一方、停翠院では・・・

昭儀が、陛下からの伝言を蕊慧から聞いているところでした。

「陛下曰く・・・そのっ・・・この間のアレがお気に召したようで・・・もし何か必要なものがあれば、遠慮なく申してほしいと・・・」

昭儀は、必要なものをメモし、蕊慧に手渡します。

「急ぎで必要だと必ず伝えて」

そのメモの内容は・・・

”欠けた茶碗セット、色の落ちた急須を一つ、ウエンジ素材の箸を5膳、金銀翡翠の装飾なしで、質の悪い蝋燭を一本”

陛下はこれを読んで興味津々です。

「急ぎで収集させるのだ。宮中に無いのなら外でも徹底的に探せ!」

 

それからしばらくして、収集したものを停翠院にもっていきます。

渡すのは側仕えに任せ、陛下は陰から様子を伺います。

しかし、昭儀には見つかってしまいました。

 

陛下に、何に使うのかと聞かれ、昭儀は、意味ありげな笑顔で答えます。

「当然!鬼退治にです」

「鬼退治って・・・誰をだ?」

「取り立て屋の討伐よ」

そう、これは、銀子を渡したことに対して、味を占めていてまた来るだろう兄への対策の一つなのです。

兄さんがどんなに最低でも、以前の衛氏の責任でもある・・・私のせいで陛下の兄に対する見方が、変わるのは良くないわ!

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」25話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」25話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」25話の感想です!

まず、気になったことが1つあります。

最初のシーンで、2人の学生が逃げているのですが、書籍管理の官僚の目を気にしているとあります。

24話の終わりで、『猫兄日常』を買おうと男性が訪ねた相手が彼らなのですが・・

新人の写し担当者だとははっきりかかれていないのです。

流れ的にそうなのかなと思ったのですが、そのうちはっきりするのでしょうか。

 

それと、『猫兄日常』を読んだ沛霖の反応も気になります。

もしかして、『猫兄日常』は彼がモデルなのではないでしょうか。

兄ってついてますし・・・

そこに何らかのメッセージを受け取って、アポを取ったということなのでしょう。

真偽は、26話までお預けですね。

でも、もし何か改心させるためのメッセージを含んでいたのなら、わざわざ陛下にボロボロのアイテムばかり集めさせる必要はあるのでしょうか?

保険ということでしょうか。

一応、沛霖は最低兄貴ということになっていますし・・・

とにもかくにも、次の展開が楽しみですね。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」26話は!

この流れなら確実に沛霖との面会の話でしょう。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」26話、楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー