廃妃に転生した私は小説を書く|32話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」31話のおさらいからです。

月貴妃に目をつけられていた衛昭儀。

今までは、誰かを嗾けてきましたが、ようやく、月貴妃自ら、行動に移すようです。

それに対抗して衛昭儀は、翠玉を使った対抗策を用意しました。

そもそも私から探しに行く必要がないのよ。餌さえ巻いておけば自然と釣れるのー」

さて、衛昭儀が立てた計画は、うまくいくのでしょうか。

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」32話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」32話ネタバレあらすじ

月貴妃の計画

盗人が現れ、宮中を騒がせているという話を聞いた皇帝。

話によると、衛昭儀も被害にあったそうで、盗まれたのは、皇帝が贈った贈り物だそう。

 

そうか・・・ッ!様子を見てくるッ!」

急いで、衛昭儀のもとへ向かおうとする皇帝を、その場に呼び止めます。

 

そのー・・・すでに私の方から人を遣わせてます。昭儀が来ましたら、その時に聞けばよろしいかと・・・!

皇帝は、不安を隠しきれず、表に出てしまっています。

 

しばらく後ー

 

衛昭儀が、宮内に到着します。

冷静ぶっちゃって・・・痛い目に合わないと分からないのねぇ~

役者が揃い、舞台が幕を開けます。

 

月貴妃に捕らえられた盗人が、前に連れ出されました。

 

月貴妃の玉如意と昭儀のものを盗んだことに関して、容疑をかけられているようです。

 

しかし、盗人が言うには、玉如意以外は盗んでいないというのです。

昭儀も、確か、失くしたものがあると聞いたのだけれど。

「月貴妃!下手な演技はおやめになって?ここまで手の込んだ準備をしたのは、面前で陛下を陥れるためでしょう?」

皇帝に、焦った様子で、弁明する月貴妃。

 

皇帝をわざと欺こうとしたわけではなく、自分の過失と宮中の盗人は事実だと告げます。

「宮中に現れた盗人は、別のものではなく昭儀本人ですッ!」

 

人の目をごまかして逃げる可能性があるとまで付け加えられてしまいました。

「昭儀・・・!自分の口で言ったらどう?陛下から賜った外国の玉石をどうしたのか!」

 

月貴妃は、昭儀が、皇帝陛下からの贈り物を銀子に換えて、兄に横流ししていると訴えかけます。

「貴方は、ただ玉石の在処を言えばいいの!」

焦ったように問い詰める月貴妃に、不敵な笑みを浮かべて答えました。

 

「どこにいったか覚えてない・・・と答えたら、どうしますか・・・?」

陛下にお預けしたとあえて言わないのは、銀子の謎が残っていてそれを追及されると面倒だからでしょうか?

 

それとも兄のためでもあるのでしょうか。

スポンサー

兄の決意

蕊慧の報告から、昭儀が停翠院で軟禁されていることを知った衛公子。

軟禁されている経緯を聞き、そのでまかせに思い当たる節があることに気づきます。

 

蕊慧が言うには、公子の金遣いの荒さは、宮中で知れ渡っており、美人と知り合い、多額の銀子を使い込んだという噂も広まっているようです。

現在は、玉石を売ったということに重きを置かれていますが、そうでないとしても、銀子を渡したことは事実です。

 

帳簿の収支があっていない以上、言い逃れはできません。

 

「私が・・・私の過ちか」

「お願い・・・!たった一度の過ちで私を恨まないで欲しい」

過去の過ちを謝罪しに来た妹の姿が、思い出されます。

 

あの言葉は本心だったのかッ!

そして、自分が利用されていただけでなく、敵側に加担させられていたことにも気づいてしまいました。

公子からやたらとお金を落とさせようとしてきた荷容という女。

 

彼女が、月貴妃の刺客だったのです。

 

「ここ数年・・・堕落した日々を過ごしてきた。妹は確かに変わった。今になって自分の愚かさを悔やんでも悔やみきれない」

公子は、自分の愚かさを恥じて、決心を固めます。

 

「妹に伝えてくれ、もう恐れえることはない。この兄がいる限り・・・何人も妹をいじめることは許さない・・・とな」

さて、これで役者はそろいました。

慎重な昭儀

しばらく後、停翠院ではー

蕊慧が、公子のもとから帰ってきて、結果を昭儀に報告します。

 

「えぇ~!本当にそういったの?」

軟禁されたのは、兄の件をどうにかするためだったようです。

 

ということは、本心だったのかというセリフは間違いではありませんね。

ひと芝居打たれているということです。

「軟禁までされたのに、収穫がなきゃ意味ないわよね!」

蕊慧は、軟禁という言葉に反応します。

 

「昭儀は気づかれましたか?陛下が軟禁の命を華だ割れたとき、その命とは裏腹に辛そうなお顔されてました。」

何度か衛昭儀の方を見て、無反応だったため、怒って去っていったそうです。

 

蕊沁から、外出は可能だと言われますが、その提案は、断りました。

兄さんの件はどうにかあったけど・・・まだ月貴妃が残ってる。いい?1度あることは2度あるものよ暫く待ちましょう・・・もうひと演目残ってるわ

翠玉の件ですね。

 

そろそろ皇帝が気づく頃でしょうか。

皇帝の側近は知っていますからね。

 

 

今回の「廃妃に転生した私は小説を書く」32話ネタバレあらすじはここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」32話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」32話で、私が気になったのは、兄を間接的に厚生させていることろですかね。

以前、衛皇妃の遺書を読んだときに、兄のことが書かれていました。

兄は、優れた能力を持っており、もっと良い人生を送れるはずだったのに、衛皇妃の悪評のせいで、落ちぶれてしまいます。

そのことを遺書では悔やんでおり、それを読んだ今の衛昭儀(その時は美人)が、必ず全部解決して見せると宣言していました。

その宣言通り、間接的に、盛り込んでくるのが凄いと思います。

兄は、妹の言葉を信じて、やる気になったのに、演技だったなんて、ちょっとだけかわいそうですね。

月貴妃も、衛昭儀を落としたいなら、兄を信じ込ませた方が良かったかもしれません。

役立たずだと思われているので、そこまでされなかったのかもしれませんが。

私も、衛昭儀くらい立ち回れれば、もっとうまく人生を歩んでいけるのにと、この話を読むたびに思ってしまいます。

もうひと演目ということは、玉石の方でしょうが、皇帝は気づくのでしょうか。

月貴妃には、帳簿を見たことと、あることないこと勝手に決めつけ、証拠もなしに皇帝に昭儀を軟禁させたことでお咎めがあるのだと思いますが・・・

続きが気になりますね。

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」33話は!

玉石の在処が分かって、月貴妃との件にひと段落つくのだと思います。

月貴妃の件をなんとか乗り越えて、また穏やかな生活に戻れるのでしょうか。

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」33話、とっても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー