廃妃に転生した私は小説を書く|33話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」32話のおさらいからです。

月貴妃の策略に乗り、停翠院に軟禁されている衛昭儀。

兄のやる気を引き出すことに成功し、そちらは何とかなりそうです。

しかし、もう一つ解決していないことが・・・

役者はそろい、最後の一幕!

さて、昭儀は、思い描いた結果に落とすことができるでしょうか!

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」33話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」33話ネタバレあらすじ

昭儀のことが気になる皇帝

停翠院での衛昭儀の動向について、報告を受けた皇帝。

昭儀が、一歩も外へ出ていないことを知り、驚きを隠せません。

この事実は、玉石の件を裏付けてしまいます。

「今までは罰を与えたとき、一番にここに乗り込んで、発散してたじゃないか・・・」

皇帝は、昭儀のことが気にかかっている様子。

「陛下・・・探しに来て欲しかったのなら、なぜ軟禁されたのです?」

衛昭儀が大人しくなってしまって、少し寂しく思っていることに、側仕えですら気づいているのに、皇帝自身は気づいていないようですね。

「明らかに我が贈った玉石をなくした昭儀が悪いではないかっ!我は軽く罰しただけだ・・・軽くな」

大人しく捕まったままだからか、昭儀のことを意外と可愛がっているからか、定かではありませんが、昭儀を軟禁したことに、罪悪感を感じてしまっています。

「お前はどう思う?もしかして・・・衛昭儀は我のことが嫌いになったのか?我に・・・我に対して気がなくなったのか?」

「いやいやいや!考えすぎですって!」

突然、取り乱した皇帝を宥める、側仕え。

彼は、先ほどからの皇帝との会話で、何か違和感を感じていました。

皇帝に先ほど言ったセリフを復唱させ、ようやく合点がいきます。

「陛下、その玉石はなくなってはおりません!」

彼の話によると、皇帝が身に着けている香袋の中にあり、昭儀が自ら入れたようです。

「もしかしたら昭儀は忘れっぽいのかも・・・?」

彼も、昭儀に入れた理由は聞かされておらず、覚えてないというセリフを聞いているので、忘れっぽいということにしたのでしょうね。

スポンサー

月貴妃への追及

月貴妃を呼び出した皇帝。

月貴妃が到着すると、軟禁されているはずの、昭儀の姿が・・・。

「符月・・・今回の件は、やり過ぎたな

月貴妃は、昭儀が陛下に話したのだと思い込んでいます。

しかし、衛昭儀の口からは、思ってもいない言葉が出てきました。

「私・・・最近忘れっぽくて覚えてなかったみたいですよ~」

月貴妃が戸惑っていると、皇帝が自分の手元にあったことを捕捉します。

「濡れ衣です!私は何も知りません!」

いくら弁明しても、6つの宮を管理している月貴妃が、目立たない昭儀の問題に気づくのは明らかにおかしいでしょう。

昭儀を一時も離さず監視していたからこそこのような些細な失くしものに気づけたとしか思えません。

玉石が、皇帝の手元にあると知っていれば、このような計画を練ることはできないはずでした。

しかし、月貴妃には、もう一つ駒が残っています。

「私は偶然・・・注目したのです。そう、昭儀に変な動きがあったから・・・」

彼女の最後の悪あがきで、形勢が大きく変わってしまいます。

押される昭儀

最後の駒は、昭儀の兄である衛沛霖。

クソッ!兄さんの話はまだ鬼門なのに・・・唯一の弱点が

「昭儀の兄は悪行ばかり耳に入ってきます・・・!昭儀は兄に銀子を渡した疑惑があるのですよ。」

兄に銀子を横流ししている話を持ち出され、形勢が一転不利になりそうです。

しかし、皇帝は、思いのほか驚きませんでした。

「自分の銀子を家族に渡すぐらい普通だと思うが・・・」

皇帝はこのことを知っていたようですね。

「私も額が少なければ文句はありません」

数千両の銀子が渡されているという話に、さすがに少し疑いの目を向けられてしまいます。

沛霖の愚行を助長させ、皇帝の名を汚しているとまで言われますが、兄のことは事実です。

昭儀は、反論できず、黙っているしかありません

そこへ、沛霖が皇帝に面会を取り付けてきました。

さて、どのように切り抜けるのか楽しみですね。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」33話の感想や見どころ

このお話で個人的に気になったシーンは、皇帝が昭儀を気にかけているシーンですね。

罰を与えたときは、一番にここに来て発散していったのに、と言っているということは、冷宮に落とされる前から、その気があったということですよね。

しかも、来なくて寂しがっているなんて、まるで前のおいたが過ぎる皇妃が好きだったみたいですね。

いつもは凛として厳しそうなのに、ちょっとすねたり、嫌いになったかもしれないと暴走する辺り、ギャップ萌えですね!

いつかそんな姿を衛昭儀にも見せてみて欲しいですね。

それから、最後のシーンで、昭儀がかなり押され気味だったので、ハラハラしましたね。

でも、これ以上ないタイミングで駆け付けた兄!

颯爽と宮の扉をくぐる姿にちょっとだけ感動しました!

タイミングが良すぎます!測ったりしてないですよね?

次が気になって眠れなくなりそうです。

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」34話は!

兄の沛霖のおかげでうまく切り抜得られるお話ですね。

おそらく長かった月貴妃との件に片が付くのでしょうね。

そのあとはしばらく平穏な日々が戻ればいいのですが・・・

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」34話、とっても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー