廃妃に転生した私は小説を書く|34話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」33話のおさらいからです。

妹のピンチに、颯爽と登場した兄・沛霖。

皇帝は拒絶することなく、面会に応じます。

小説の執筆について、皇帝には話してもいい気がしますが、まだその時ではないのでしょう。

さて、兄の沛霖は、うまくごまかすことができるでしょうか。

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」34話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」34話ネタバレあらすじ

兄の実力

皇帝との面会を申し出た、沛霖。

屋敷の中へ通され、皇帝と対面します。

兄さん・・・ッ!

衛昭儀は、兄の凛とした姿を見て、目に涙が浮かびます。

 

それに対して月貴妃は、いつも堕落した生活を送っている沛霖の姿しか知らないため、驚きを隠せません。

沛霖が皇帝との面会を求めたのは、昭儀を助けるためですが、表向きはとある賭博施設での不正の報告をするためです。

 

外国には、宮廷からの盗難品が数多くあり、それが賭博場の景品とされているのです。

 

その中にとある掛け軸があり、それは出品者が属国から盗んできたもので、南海諸島の分布図が描かれたものです。

素晴らしい!実に・・・よくやってくれた!愛官がここまで優秀だったとは。

 

南の方は今、混乱をきたして、大変ことになっており、南海諸島の分布図は役に立つようです。

これだけでも、沛霖は頭が切れるということがよくわかりますが、本当の目的はこれではありません。

 

ここで、うまく昭儀のことを盛り込んできます。

「入手に際し、あと少しで失敗するところだったのです」

掛け軸を手に入れる際に、高値で買い取ろうとしたものがいて、昭儀が銀子を分けてくれなければ、手に入れることができなかったという話をしました。

この話では、帳簿の収支があっていない件については、解決できません。

 

しかし、皇帝はこの功績に気を取られて、それ以上は追及されませんでした。

スポンサー

昭儀から昭妃へ

翌日ー

宮内では、宮女たちが昨日の話で盛り上げっています。

 

沛霖との面会の後、月貴妃は晩鶴停で倒れ、それから1カ月、花顔宮にて反省の刑に処されたそうです。

それだけでは済まされず、位も貴妃から降格するとのこと。

 

それに対して、昭儀は、めでたく昭妃に昇格です。

 

数カ月で廃妃から昭妃へ。

このまま順調に事が進めば、皇妃に戻れる可能性も!

陛下はやはり衛氏に対して、昔の情を捨てきれないようね~・・・今後は愛想よくしとこっと。

皇帝と衛昭妃は、過去に何かあったのでしょうか。

 

皇妃になったのも本当に愛があった故ということですか・・・?

 

その頃、華容宮では・・・

昭儀から昭妃に昇格し、皇帝からは、自身の宮を持たないかという話をもらいます。

 

しかし、昭妃はこの場所が気に入っており、動く気がありません。

いつの間にか懐いている余美人は誤解してるようですが、本当に気に入っているだけのようです。

 

兄の沛霖も、公子として徐々に名声を回復しており、地に足つけて頑張っているという噂を耳にします。

ようやく、昭妃は、快適な生活に戻ることができました。

あの方の帰還

貴妃から降格した月妃(月貴妃)。

いつの間にか昭儀から昭妃に昇格した衛氏のことが許せないようです。

 

銀子の使い道が正当だと判断され、あの場は凌ぎましたが、帳簿の収支の件はまだ判明していません。

それを使って、何とか衛氏を谷底まで叩き落せないかと考えます。

 

しかし、側仕えの一言で、今が一番の好機だと知ります。

それは、あの方(風氏)の帰還!

 

少しだけ、風向きが変わってきましたね。

その頃、晩鶴停ではー

皇帝が、昭妃の帳簿の収支があっていないことを知ってしまいます。

 

側仕えの一人に焚きつけられ、昭妃に直接聞きに行くことに。

陛下への思いは本物だと言われて、皇帝の威厳はそっちのけで、ウキウキしながら向かいます

 

華容宮をこっそりと訪ねると、何人かの美人と遊んでいる姿が見られました。

 

丁度、皇帝陛下の話題で盛り上がっています。

 

「もしまた陛下が来たらどうする?」

「陛下はお忙しいから私なんて眼中にないわ!それに私、男なんかより美女の相手する方が心地いいのよね~」

皇帝は、これをうっかり聞いてしまいます。

 

家臣に焚きつけられてここに来たため、家臣にも腹を立てています。

「ここは我の後宮ぞ!我は決してあの様な発言は許さない」

 

自分のことが眼中にあるのか確かめたい衝動にかられますが、何とか思いとどまった様子。

偉大なる皇帝には威厳が大切だ。よき皇帝は女性と争ってはならない・・・ッ!

そもそも、女性と争うこと自体がおかしいと思いますが・・・

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」34話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」34話の感想や見どころ

この「廃妃に転生した私は小説を書く」34話を読んで、まず言いたいことが・・・

「皇帝、そんなキャラだったっけ!」

皇帝、衛昭妃のこと好きすぎませんか?

 

それはさておき、平和な日常が戻って良かったですね。でも、水面下では、徐々に暗雲が立ち込めてきています。

沛霖の登場で、月妃(元・月貴妃)の件は、一件落着したかのように見えましたが、どうやらまだあきらめてはいない様子。

反省の刑に処され、降格を言い渡され、さらに、衛昭儀が昭妃に昇格したことで、さらに根に持ってしまったようです。

風氏については今まであまり記述されていませんでした。

遺書にあった皇妃の思い人ですね。

自分では釣り合わないと嘆いていました。

皇帝は衛皇妃にも気があったようですが、皇妃は風氏のことを気にかけていました。

その弱みに付け込まれる感じでしょうか。

風南至に宛てた手紙というものもまだ出てきていませんし、後宮を揺るがすほどの何かがまた起こりそうですね。

それから、6百両の件はまだ保留になっています。

この話の最後に皇帝は自分から聞きに行こうとしていますが、次の話で明らかになるのか、ならないのか。

皇帝になら、小説の話をしてもいいと思いますが・・・

立場的に楽になると思うのですが、どうなのでしょうか。

次の話も早く読みたいです!

3話更新なのがとてもありがたいです。このためだけに1週間生きていけます(笑)

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」35話は!

34話で最後のシーンで、皇帝が出てきていたので、おそらく2人の掛け合いは見れるのかなと思います。

風氏が、帰ってくるとも言っていたので、最後のシーン辺りで、風氏の姿も見れますかね?

次の話もとても楽しみです!

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」35話、とっても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー