廃妃に転生した私は小説を書く|39話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」38話のおさらいからです。

風南至の件もあり、昭妃の愛を疑う皇帝陛下。

昭妃は、何とか誤解を解くことができました。

幼いころからの深い絆を思い出し、愛を確かめ合う2人。

しかし、晩鶴停に戻った皇帝に新たな悩みが・・・

小説のモデルが、風南至ではなく、自分と言われたこと。

昭妃のこととなると、まるで子供のよう。

どんな難関が立ちはだかってもこの2人なら大丈夫だという気がします!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」39話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」39話ネタバレあらすじ

六の宮の譲渡

皇帝の指示により、六の宮の管理を昭妃に譲渡する詔勅が出されます。

これは、皇帝に臆さずに詔勅を出すかを確認した、四全のおかげです。

昭妃自身だけでなく、四全もまた、昭妃は皇妃に戻ると思っているようです。

側仕えの弟子たちにも、そのことについてこぼしています。

”昭妃の位には、長く座ってられないだろうから”と・・・

 

そんな中、花顔宮では・・・

月妃が、側仕えの胡蝶の報告を聞いて、怒鳴っていました。

その報告の内容は、風将軍の件で陛下の機嫌が悪かったのに、衛昭妃によって大人しくなったというものです。

胡蝶は、必死でもう一度チャンスが欲しいと、ひれ伏します。

失敗したら・・・獅子の檻に入れて、可愛いペットの餌になってもらうわー

酷い言いようです。

スポンサー

風南至からの手紙

そして、停翠院ではー

蕊慧が持って来た、宮の外からの手紙を、読んでいるところでした。

「風南至・・・気が狂ったの?私と会う約束を取り付けたいなんて・・・正気じゃないわ!」

昭妃は、中身を見た途端、机にたたきつけてしまいました。

その内容とは、2日後の宮中内の宴会で、ハスの池の側のサクランボの木の下で待つというもの。

その手紙は、筆跡から風南至本人が書いたものです。

彼の筆跡は、前の記憶に深く刻まれてるので、本人が書いたかどうか分かるのです。

 

風南至帰還の裏

「きっと・・・裏に誰かついてるはず・・・」

蕊慧は真剣な面持ちで、先を促します。

「私が、この時期に報告しに来るのは、変だって言ったの・・・覚えてる?」

しかも、手紙までよこしてきました。

「まさか・・・月妃が・・・?」

「こんなひどい手口を使う奴は・・・彼女以外に思い当たらないわ」

この手紙を見た時点で、月妃の罠にはまってしまったわけです。

行っても行かなくても、手紙の存在が陛下との間にしこりを残すことになるのです。

分け合っていってしまえば、まだ気があることにもなります。

でも、それは、後からバレた場合。

「事前に知られるなら・・・意味が変わってくるわよ」

昭妃には、なんらかの打開策がちゃんと組み立てられているようです。

 

さっそく、晩鶴停へ向かう昭妃

皇帝陛下は、魏則堂のことをまだ気にしているようです。

会いたくないと駄々をこねていますが、さすがの昭妃、側仕えの誰も止められなかったようです。

 

機嫌が悪いことに気づいた昭妃は、声を掛けました。

「陛下?どうされました?」

「魏則堂は・・・我を参考にして作ったのだろう?でも奴は・・・不能はないか!」

皇帝のこの言葉を聞いて、つい吹き出してしまいます。

「魏則堂は神の修行もできるのですよ?空も飛べますし~陛下は無理でしょう?」

なだめるように言いましたが、心の中では少しだけ呆れていました。

この陛下・・・本当に幼稚よね~・・・毎回、私が機嫌直してるわ

皇帝陛下は、納得した様子で、考え込みます。

「怒らないで下さいっ。ほらっ・・・良い匂いがしませんか?」

「あぁ・・・何の匂いだ?」

「陛下の為に、海鮮湯を作ってきました!飲みたくないですか・・・?」

他の宮女に負けず劣らず、昭妃もなかなかですよね。

取り入っているわけではないですが・・・

 

廃妃に転生した私は小説を書く39話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」39話の感想や見どころ

廃妃に転生した私は小説を書く39話の感想です!

風南至の帰還の裏では、月妃が関わっていたようです。

時系列的に、風南至の帰還は企てられないと思っていたのですが、帰ってくる時期を操作したってことでしょうか。

もともと風南至は帰ってくる予定だったはずなので、そこに取り入ったということでしょう。

でも、その方法が良く分かりませんね。

風南至は、どちらかというとお堅い感じです。

 

最後のシーンで、皇帝陛下に海鮮湯を渡していましたが、それを飲ませてどう丸く収めるのか楽しみですね。

風南至からの招待の手紙が出てきましたが、衛皇妃が書いた恋文は未だ所在が良く分かりませんね。

昭妃自身は把握しているのでしょうか?

何だかまだまだこの件は奥が深そうです。

あっさりと解決はしなさそうですね。

したらしたで別にいいのですが・・・

 

昭妃のこととなると、幼稚になる皇帝が可愛くて、この2人の掛け合いをずっと見ていたいです。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」40話は!

皇帝陛下に手紙の件をうまく伝えて、まるく収めようと図る話ですね。

とても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー