廃妃に転生した私は小説を書く|40話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」39話のおさらいからです。

風南至からの手紙を読み、裏で月貴妃が糸を引いていると考えた昭儀。

後から気づかれるのを避けるため、皇帝陛下に会いに行きます。

その頃陛下は、魏則堂のモデルが自分だということにモヤモヤしていました。

ご機嫌を取りながら、話すタイミングを探します。

さて、昭儀の考え出した方法とは一体・・・?

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」40話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」40話ネタバレあらすじ

手料理で誘惑する昭儀

皇帝陛下に以前、昔は厨房に一切立つことがなかったと言われた昭儀。

そのことを利用して、今回は手料理で攻めていきます。

皇帝陛下は、海鮮料理が好きなのに、骨や殻を嫌うため、細かいところまでこだわったものを用意しました。

蓮華にすくって、皇帝陛下に食べさせます。

 

「心が・・・こもっておるな・・・」

「惜しいことに宮中の食材が、一流品ではなかったので、完ぺきではありませんが・・・」

「美味しい・・・」

皇帝陛下の心を掴んだ今がチャンスです!

 

スポンサー

風南至に会う口実

「陛下に・・・お願いがございます。今度の宴会で、風将軍と面会する許可をいただきたいのです。」

案の定、取り乱す陛下を、なんとか落ち着かせ、話を進めます。

昭儀が立てた計画は、陛下の誕生日を利用したものでした。

「私は、陛下に食事を送ろうと思っておりますが、宮中の食材はあまりにも、普通過ぎるのです。それで、風将軍に調達を依頼しようと考えました!

陛下が一緒に来てくれないか、お願いしに来たのです。」

そんなことを言われてしまっては、皇帝陛下も断る理由がありません。

そして、皇帝陛下にはきちんと許可を取り付け、晩鶴停を出ました。

 

停翠院に帰る途中、蕊沁が自分から誘ったようにするのは、どうしてかと尋ねてきました。

それは、以前の自分の記憶に、風南至は正真正銘の実力者だと刻まれているからです。

彼は、無力な状態から努力で這い上がり、忠実に国境を守っています。

自分たちの平穏が保たれているのも彼のおかげ。

「彼がどういう人間なのかに興味はない。ただ・・・その努力と才能まで傷つけたくないの。

国民が平等に娯楽を楽しめるようにと、私が小説を書くのと、彼が国民を守るのとで思うことは同じよ・・・!」

それに、陛下にい疑いをかけられていては、風将軍にも良いことはないはず。

今回は、彼を助けてあげるだけなのです。

 

食事の席で

そして数日が過ぎ、宴会当日・・・

陛下の嫉妬からか、風南至の席は端っこになっています。

しばらくその席を眺めていると、隣では、陛下が少しご機嫌んななめになっていました。

陛下の嫉妬具合には、もう呆れるしかありません。

 

しばらくして、ふと視線を上げると、風南至と目が合いました。

目をそらす昭儀。

そのすぐ後に、彼は部屋から出ていきます。

それを確認した陛下が、耳打ちしてきました。

「ついて行かなくていいのかァ・・・?」

「陛下が一緒に来てくれるのを待ってるんですよ!」

「先ほどからずっと、目で追いかけて・・・」

別に好きで追いかけているわけではありません。

「約束しましたよね?私のこと、疑わないって・・・なのに・・・裏切るなんて」

目に涙をためて、訴えます。

「・・・もういいです!私、行きませんから。急に戻って布団かぶって泣きますからー」

「いっ・・・行く!約束通りいくさ!これでいいだろ?」

 

さて、風南至は、昭儀の思惑通りに動いてくれるのでしょうか。

「廃妃に転生した私は小説を書く」40話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」40話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」40話の感想です!

皇帝陛下の昭儀への独占欲が凄いですね。

皇帝陛下の嫉妬ぶりには笑ってしまいます。

 

一つだけ、気になる描写が・・・

風南至と目が合ったとき、昭儀はそっぽを向きましたが、それを見た風南至が少し残念そうだったのは、何故でしょうか。

それともやっぱり2人っきりでという目くばせだったのでしょうか。

というか、風南至は陛下が来ることを知っているのかさえ謎ですね。

 

風南至は月貴妃と組んでいますが、どの程度協力関係にあるのか気になります。

皇帝陛下と一緒に会うことで本当に面倒ごとを避けられるのでしょうか。

月貴妃の計画がこれで防げるとも思えません。

もし防げたあとしても、さらに溝が深まってしまいそうです。

また、月貴妃が、無名乃友の大ファンというのも含めて、今後の展開が気になります。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」41話は!

風南至と直接会う話ですね。

とても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー