廃妃に転生した私は小説を書く|41話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」40話のおさらいからです。

風南至との件について、皇帝陛下に許可を取った昭儀。

皇帝陛下も同席なら変な誤解を招くことはありません。

宴会当日、相変わらず嫉妬心むき出しの陛下。

風南至が部屋を出たのを見計らって2人は・・・

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」41話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」41話ネタバレあらすじ

風南至の想い

風氏のもとに向かうことにした2人。

蕊慧に用意したものを持ってくるように命じ、それを持って彼の元へ向かいました。

 

一方、先に出て昭妃を待っている風南至。

輝く満月の下で、先ほどの昭妃のことを考えていました。

美人の顔は時がたっても美しいものだ・・・しかし、急に・・・分からなくなる時がある

 

彼の記憶では、昔の昭妃は、兄の後ろについて回るの好んでおり、恋と欲が混ざった視線をずっと自分に向けていたはずです。

それに対して、彼はずっとその視線を避け、できることなら向けられないことを願っていたのです。

そして、今ようやくその願いが叶い、一度目が合った時以外、気に掛ける様子は見られませんでした。

 

本来は喜ぶべきことなのに・・・しかし、目を逸らされた時、心の中で何かを失った気がした・・・

昭妃に酒を拒否され、目を合わせようともしなかったとき。

彼は、この時初めて自分の奥底にあった想いを自覚するのです。

 

スポンサー

昭妃の作戦

そんなところへ、昭妃が姿を現します。

「風将軍、あれから・・・お変わりありませんか?」

風にたなびく髪を抑える姿に、思わず顔をそむけてしまった風氏。

 

そんなことは、気にも留めず、頼んでいたものを要求する昭妃。

 

「今すぐ欲しいと言ったのです。どうしたの?昭妃である私の命が聞けないとでも・・・?」

「私は、てっきり君が私に会いたがってるのかと」

 

しかし、昭妃はさらに圧をかけます。

 

そして、帰京と頼んでいた海鮮の運搬に対する褒美として、昭妃自ら手塩にかけたジャガイモを渡しました。

そのジャガイモは、市場で最も価値のあるジャガイモと言えるほどのものです。

 

作戦成功!風氏はそれ以上何も言わず、挨拶をして去っていきました。

気持ちの変化

自分の寝泊まりしている宮に戻って来た風氏。

側仕えから手紙を預かります。

昭妃が書いたものかと思いきや、側仕えが書いた手紙でした。

 

書いたのは蕊沁で、以前、風南至に対する昭妃の思いを聞いた時のことを率直に書き上げたものでした。

 

”どうか、初心を忘れず、陛下と妃の為に、国を守り続け、今回の妃の努力を無に還さないよう。努めて頂きたく願います”

 

手紙を読み終えた彼は、すっきりとした表情で、空を見上げて言いました。

「変わったな・・・本当に・・・君は変わったよー・・・」

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」41話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」41話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」41話の感想です!

風南至も皇帝陛下と同じような惹かれ方をしていて、予想外でした。

結局、前の”衛楡僅”も今の衛昭妃もどちらも魅力的な人ということですね。

 

お前もか!とつい突っ込んでしまいましたが、風氏に関しては、今まで自覚がなかったようですね。

今回は、うまく誤魔化せそうですが、結局風氏への手紙はどうなったのでしょうか。

風氏を攻略しかけているだけで、月貴妃との件がまだ残っています。

かなり根に持っていたので、これで終わりとは思えません。

 

それに、風氏と会っているシーンに皇帝陛下は同席していませんでした。

一緒に行ったはずなのに、やはり、物陰から見ている形になるのでしょうか。

やきもきしている陛下が目に浮かぶようです。

よく飛び出していかなかったですよね・・・

日に日に独占欲が増している気がします。

風氏の「私は、てっきり君が私に会いたがってるのかと」というセリフに、冷やせをかいていました。

視界の端に今にも飛び出しそうな陛下がいたのかもしれませんね(笑)

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」42話は!

風氏と会った後の陛下と昭妃の話でしょうか?

月貴妃も出てきそうですね。

このまま、風氏が下がれば、またさらに溝が深まってしまいます。

この先どんな展開が待ち受けているのでしょうか。

とても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー