廃妃に転生した私は小説を書く|42話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」41話のおさらいからです。

風南至と会い、正しい関係を築き上げることに成功した昭妃。

陛下にも見ていてもらったので、変な噂が立つことはないはずです。

当面の残る課題は、月妃の動向のみ。

これから待ち受ける展開は・・・?

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」42話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」42話ネタバレあらすじ

陛下への誕プレの噂

風南至との一件の後、宮中で1つの噂が話題になっていました。

それは、昭妃が陛下の誕生会で、海鮮料理を振る舞うという話。

 

蕊慧と蕊沁は、昭妃の前でその話題で盛り上がります。

陛下を誘惑するために、薬を盛るのではないかというものまで出てきました。

その発言をしたのは、月妃の側仕えの蔡という宮女です。

 

「好きに言わせておきなさい。痛くも痒くもないから」

「昭妃!あなた様は、虐めの格好の的になっているのですよ。たかが宮女にここまで言わせるのは良くありません」

 

「冷静に考えて・・・貴方たちの主は、そう簡単に虐められるような人じゃないでしょう」

その姿を見た、側仕えの2人は、思わず感嘆の声を漏らしてしまいました。

 

桃色の服を着ていて、いつにも増して可憐な昭妃。

女は、自分を好きでいてくれる人の為に、美しくいるのだと2人に教えます。

そこへ、皇帝陛下がやってきました。

スポンサー

宮女たちの里帰り

里帰りをする宮女たちの名簿を届けに来た陛下。

その中には、年齢が到達したもの、里帰りしたい者、そして、一部の妃たち。

陛下は、ここ数カ月は他の貴妃たちのところへ行っていません。

里帰りさせたい者たちを昭妃が選ぶことになっているのです。

しかし、それは本来皇妃の役目。

 

「私は、心配なのです・・・この件は私に口を出す権利があるのかどうか・・・」

現在は、最高位に俸潘皇貴妃がいますが、彼女は、年齢と性格上このような取り決めに参加はしません。

 

「我は、六の宮の管理権も与えたのだぞ?だから本件の決定権は其方にあるのだ!」

陛下からのお墨付きをもらい、この件を受けることになりました。

 

陛下は帰り際、突然、蕊慧と蕊沁に後ろを向くように指示します。

そして、昭妃を抱き寄せ、唇を奪いました。

 

「・・・今日の昭妃は一段と美しい・・・今後も桃色を着ると、我は嬉しく思う」

陛下が去った後も、しばらく顔を真っ赤にして、放心状態でした。

 

その後、気を取り直して、名簿の確認を始める3人。

蕊慧に、里帰りする妃に丸を付けさせます。

 

しかし、どの妃たちも、たとえ寵愛が無くても、誰一人として里帰りは望んでいないようです。

「私のことを悪く言ったことのあるものは、平等に丸で囲みなさい・・・私が里帰りを支援してあげるわ!」

陛下の元へやって来た月妃

あれからしばらく後、宮女たちの里帰りが決まったころ。

晩鶴停に月妃が来ていました。

 

今年の寿宴で不祥事が起こる可能性があるというのです。

貴嬪たちを帰郷させすぎたため、宴で席が埋まらず、見た目に支障が出る懸念があるとのこと。

30名もの貴嬪が帰郷を言い渡され、至る所で泣きわめいていました。

 

「私は、昭妃が蔡と私が親しいのを知ってこの様に追い出したのだと思うのです・・・!」

その言葉に陛下は怒っていしまいました。

 

「蔡氏がなぜ追い出されたのか見当がつかないのか?どの様なことを吐いていたか。それすらも把握してないと?」

冊子には、いつどこで昭妃の悪口を言ったのかを書いてあるので、陛下にはもう既に筒抜けだったのです。

 

頭を下げて謝るしかない月妃。

それを見た陛下は、言いました。

 

「今後はその色の服を着る出ない・・・あまりにも似合わん。目に毒だ。」

月妃はあまりの言われように言葉をなくしてしまいました。

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」42話のネタバレあらすじはここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」42話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」42話の感想です!

悪く言った妃たちをみんな里帰りさせることになりましたね。

そのせいで、泣いて喚いて悲しいんでいる妃たちがいるとありました。

悪く言う妃たちを外に出したからと言って、全く敵がいなくなるわけではないと思います。

そのせいで逆に敵が増えたりしなければいいのですが。

そして最後のシーンで月妃が皇帝に桃色が似合わないと言われていました。

相当ショックだったと思います。

嫌がらせができるような立場ではないですが、何か起きそうな予感がします。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」43話は!

まだ続きは想像できませんね。

とても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー