廃妃に転生した私は小説を書く|43話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」42話のおさらいからです。

妃たちの里帰りに関して、全権を委ねられた昭妃。

そこで、自分の陰口を言った宮女たちを里帰りさせることに。

それに不満を持った月妃が、陛下の所へ行くと、かなりの塩対応で迎えられてしまいます。

陛下からは、拒絶の一言を突きつけられ・・・

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」43話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」43話ネタバレあらすじ

宮中での噂

里帰りが滞りなく済んだ頃。

宮中ではその話題で持ちきりでした。

昭妃の悪口を言った人が里帰りさせられていることに、気づいている宮女たち。

それに加えて、月妃との関係が深い者が多いという話も出ています。

そして、月妃と陛下との一件も。

 

「陛下は事実を知って、寵愛経験のあるものでも、昭妃を悪く言ってたものは、全員、降格させたらしいわ!」

「昭妃は、そこまで寵愛されてたのね!」

「皆様もそろそろ、陛下が誰を一番に愛されているのか分かったことでしょう!」

「今後は、へまをしない様に、言動は慎まないとね~!」

 

羨んでもしょうがないと半分諦めてしまったようです。

寵愛を多少なりとも受け、昭妃さえ敵に回さなければ、後宮にいられるのですから、賢明な判断でしょう。

しかし、月妃は、そうは思っていませんでした。

スポンサー

月妃の決意

陛下に、桃色は似合わなくて目に毒だと言われた月妃。

怒りに我を忘れ、桃色の服や装飾品と約束を守れなかった胡蝶を燃やすように命令します。

あまりの仕打ちに、開き直った胡蝶。

彼女が皇妃になるのは、もう決まってるの!あんた如きに何ができるって?」

月妃は、そのセリフが聞き捨てならず、近くにあった食器を投げつけます。

「早く殺して!殺すのよッ!」

胡蝶は、側仕えたちに連れていかれ、宮には月妃一人になりました。

入厩したからには絶対に誰にも負けられない・・・ッ!だれにも頼らない。頼るのは自分自身だけよ

クソ衛昭妃がァ・・・ッ私に負けたクソ廃妃の分際で、こんな仕打ちは認めない!また冷宮にぶち込んでやるッ!」

月妃は、決意を新たに、最後の悪あがきを仕掛けることにしました。

寿宴の席

数日後ー

停翠院では・・・

昭妃は、蕊慧から月妃の現状報告を受けていました。

急病にかかったらしく、宮を閉鎖し、出入りできるのは、薬のみ。

そして、容体はかなり重篤らしいという内容でした。

 

医療水準の低いこの世界では、急病にかかることもあるかもしれません。

しかし、明日はいよいよ寿宴当日。

彼女の性格なら、間違いなく参加するはず・・・

「病気のこと・・・ここまで堂々と話を広めるのは、彼女らしくない行為よ・・・」

「それで・・・どうお考えで?」

「慌てる必要はないわ。例え何か仕掛けてきても、我々は適切に対処するだけ。明日は必ず私の側に居て、万が一に備えて頂戴!

冷静に対応するわよ!」

 

翌日の寿宴当日ー

 

宮女たちが次々に陛下へ贈り物を送る中、花顔宮から月妃の代理が到着します。

陛下への思いと、これまでの謝罪を述べ、随分と下手に出てきました。

「今回の宴でも、決して昭妃より前に出はならないと、気を遣われてました。昭妃が何をご準備されたのか、

花顔宮の我々にお見せいただくことは可能でしょうか。」

そこに、別の妃が加わりました。

「彼女の発言は理にかなっていると思いますよ」

昭妃は、位が2番目に高く、寵愛もされているため、自分たちの方がいいものだった場合、気まずいというのです。

 

この言いぐさ・・・悪賢いわね!この数秒で、会場全体の恨みを焚きつけやがった

つまりは、昭妃以外の贈り物は無価値であると言っているようなものです。

 

しかし、昭妃はこれくらいでは負けません。

私が得意なのは、お口じゃなくて・・・パワープレイよ

「麗妃は私を、道徳観のない人にでも、仕立て上げるつもり・・・?」

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」43話はここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」43話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」43話の感想です!

陛下の御前なのに、こんなに醜い争いをしていていいのでしょうか・・・

パワープレイが得意と言っていますが、何かとっておきのカードを持っているのでしょうか。

仕立て上げようとしている証拠がないとうまく収拾できません。

 

今回ばかりは、どう来るか分からないと言っていたので、対策は立てていないはず。

どう切り抜けるのか楽しみです。

 

それから、だんだん宮中での昭妃の扱いが・・・

この件が片付くと同時に、皇妃に上がってしまいそうですね。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」44話は!

女同士の戦いです!

とても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー