廃妃に転生した私は小説を書く|45話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」44話のおさらいからです。

月妃を焚きつけることに成功した昭妃。

陛下へのプレゼントは無いと言いましたが、実際には用意していました。

そのプレゼントとは、今まで陛下の誕生日に送ってきた手作り料理の思い出でした。

10歳までさかのぼり、2人で思い出を語り合います。

陛下の目に映っているのは、昔も今も衛昭妃だけ。

しかし、入宮後、あまりの非道、風将軍との事件の末・・・

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」45話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」45話ネタバレあらすじ

不利な行動をした理由

入宮後の昭妃に失望していた陛下。

その一件から、自分を放ったのだから、自分だって放ってもいいと思ったのです。

 

しかし、再びあったとき、別人のようで、過去の姿に当てはめることは到底できませんでした。

こうして、理想の姿で戻ってきたのです。

 

陛下は、後宮を心の在処にすることができず、初めから一途にただ一人しか眼中にありません。

「我の心はただ一人。衛家の衛楡僅、其方のもとにのみある」

そうしてその後、2人は誕生日の夜をともしました。

 

一晩明けた翌日・・・

目を覚まし、食事を済ませた昭妃に、蕊沁が寿宴での行動の理由を尋ねました。

 

「それなら蕊沁は、宮中の風向きがどこから来てると思う?」

「今の風は、妃が帰郷の決定を下した時から、徐々に流れ始めました」

 

本来なら、このような噂は、長くは続かないはずですが、今回は、逆に威力が増しています。

 

「私が思うに・・・あんた様を追い詰めることを目的とする一方で、確認したかったのでは?陛下が助けるかどうかを・・・」

まさにその通りで、陛下が手伝えば、麗妃はさも私にいじめられたような演技ができるのです。

 

そして、それを分かったうえで、相手の思うように動いていたのでした。

 

蕊沁は、そこのところが腑に落ちないというような顔をしています。

 

「まだ彼女らが何を目的としているのか分からないからよ。もし私がこの盤上に上がらなければ、何も始まらない。そしたら掴みたいものも見れないのよ」

十分な時間を与えるくらいなら、追い込んで先に進めるのが得策です。

 

「どんな薬を売ってくるか見てみないと・・・!良薬なのか、毒なのか・・・まぁ待っていなさい。過ぎに始まるからー」

スポンサー

昭妃の悪評

その頃・・・

街中では、宮中の噂でもちきりです。

皇帝陛下の評判はかなり好評でしたが・・・

 

「人が良すぎて、女に騙されやすいそうだ・・・それでどうやら、また妖怪女が出たらしい」

妖怪女と呼ばれているのが、昭妃です。

 

数年前、風南至と色々あり、騒ぎ立てて、迷惑をかけたようです。

そのこともあり、昭妃が戻ってきていることを半信半疑にしか聞いていないものもいます。

 

そこへ、一人の男性がやってきました。

 

「俺の娘は、入宮したばかりなのに!数日も経たずに、あの妖怪女に追い出されたッ!」

 

それに続き、別の男性も、話に加わります。

 

「俺も聞いたぞ!西の方でも同じように、寵愛も受けずに、帰された娘が毎日泣きわめいてるって・・・」

動き出す昭妃

噂がどんどんひろまっていきます。

最終的には、廃妃は完全に悪者扱いになってしまいました。

 

「陛下に接言しないのか?」

「大事じゃなきゃ、俺たちみたいな庶民が、後宮に手を出せるわけないだろ~けど・・・このままなにもしないってのもなぁ~」

 

一方、華容宮では・・・

 

「昭妃、こんな感じでしょうか?」

庶民に混じって、焚きつけるのに成功。

 

「いいわ!そろそろ頃合いね~」

暫く泳がせていましたが、ようやく昭妃が動き出しました。

 

 

「廃妃に転生した私は小説を書く」45話のネタバレあらすじはここでおしまいです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」45話の感想や見どころ

「廃妃に転生した私は小説を書く」45話の感想です!

やはり、見どころは、陛下が昭妃一途なところでしょうか。

陛下の目には最初から、昭妃以外は映っていないのです。

しかもそれを分かっていて、それを確かめるように行動に出て、それを利用して昭妃を陥れようとしている月妃。

彼女は、もう落ちるところまで落ちてしまっていますね。

 

民衆たちを焚きつけて、事を起こそうとしているようですが、どう動いてくるのか展開が楽しみです。

昭妃にとっては、反発心のある宮女や今までの悪評からあまりよく思っていない人たちを、一気にこちら側につけるチャンス。

昭妃の勝ちはほぼ確定していますから、きっとどんな展開に陥っても、機転を利かせてうまく収拾してくれそうです。

昭妃が、本当の危機的状況に陥っているシーンがまだないので、少しくらいサクセスストーリーに山や谷があってもいい気がします。

 

せっかく無名乃友の大ファンなので、月妃とは確執をなくして、解決した後も徐々に交流していってほしいです。

 

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」46話は!

そろそろこの流れに終止符が打たれそうです。

とても楽しみです!

 

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

読んでない方はぜひ一読!

読んだ方はもう一度!

色々なしがらみの多いこの世の中、うまく立ち回り這い上がる彼女は見ていて、スカッとしますね!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー