廃妃に転生した私は小説を書く|55話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」54話のおさらいからです。

 

蕊沁の手紙と模写された手紙を見分けるすべがなく、困っていたところへ、一人の男が名乗り出てきます。

王公と呼ばれる彼は、故郷独特の知識で、昭妃の罪を免罪だと証明して見せました。

 

事件の再調査が決定し、昭妃は、蕊慧と共に、天牢へ戻ります。

そこへ、陛下もやってきて、一緒に住むことになってしまいました。

 

陛下が天牢に住むことになったと知った家来たちは、説得に押し寄せますが、全く聞く耳を持ちません。

それだけではなく、昭妃を皇妃の座へと戻すことを、宣言しました。

 

陛下の宣言通り昭妃は皇妃の座を取り戻すことができるのでしょうか・・・?

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」55話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」55話ネタバレあらすじ

皇太后からの手紙

陛下の宣言から暫くして・・・

陛下宛てに、皇太后から手紙が送られてきました。

 

まぁ、そう簡単に戻れるわけないわよね~

 

皇太后は、先帝の妃ですが、陛下の生みの親ではありません。

彼女は、力強い女性だったので、先帝からの寵愛を受けることはなかったのです。

 

皇太后の位についた後は、権力を使うこともせず、悠々自適な田舎ライフを送っています。

 

昭妃とは、仲があまりよくなく、例えるならば、水に油です。

 

手紙を開けるとそこには、短い文で、”皇妃の座に戻りたくば、わたしの屍を超えていきなさい”とだけ、書かれていました。

スポンサー

皇貴妃の位

手紙を読んだ2人の間には、微妙な空気が流れます。

 

「やっぱり、天牢に戻りましょうか?」

 

「我は、そなたを皇妃に戻すと、宣言したのだぞ!」

 

理由はそれだけではないようで、皇太后に借りがあるという陛下。

 

 

その時のことを昭妃に語ってきかせます。

 

帝位を奪った際の夜、皇兄が先に入宮し、後宮は、戦場と化しました。

皇太后には、皇兄の時間稼ぎをしてもらったのですが、手薄になった後宮にいた彼女の娘は、両目を刺され、失明してしまいます。

 

その後、皇太后と姫は、宮を去り、連絡をしても拒否されてきました。

今回、初めて口を開いたのです。

 

 

皇太后は、廃妃と仲が悪かったようなので、それだけ嫌だったのかもしれません。

 

 

「どうやら、私は相当嫌われているようですね。昔の私は、そんなに恐ろしいのに、陛下は恐ろしくないのですか?」

 

「我は、良く分からないのだ。人の人格が、こうも変わるのことがあるのかと思うこともある」

 

 

昭妃は、ずっと聞いてみたかっとことを、どさくさに紛れて、尋ねてみました。

「もし、私の中に別の人格が入り込んでいたら・・・陛下はその時どうしますか?」

 

 

陛下は、動じる様子もなく、欲しい答えをくれました。

「例え、そなたが誰であったとしても、我は喜んでそなたの虜になろう・・・」

 

 

そして、昭妃は、皇貴妃の位を授けられることになりました。

 

月妃への忠告

一方その頃、自ら手を下さず、高みの見物をしていた月妃は、陛下が昭妃に皇貴妃の位を授けたことを知ります。

 

「後宮のトップに躍り出たわけね・・・」

 

軽貴人を利用して文章を書かせ、昭妃を陥れる計画を考え付きました。

しかし、喜んだのも束の間、側仕えから、とんでもない話を聞いてしまいます。

 

「月妃!もう皇貴妃に手を出すのはマズいです!皇妃の無実が証明されて、事件の再調査が行われています!すぐに調べがついてしまいます。」

 

月妃は、この時初めて、衛皇貴妃の無実が証明されていたことを知りました。

 

 

「ありえない!私は負けるわけにはいかないの。あの女の手のひらの上で死ぬのだけは嫌よ。絶対に殺してやる」

 

 

そこへ、皇貴妃がやってきました。

 

「罪妃の符月よ。私が来たというのに礼もないとはどういうつもりなの?」

 

月妃は、自分の立場を分かっていないのか、まだ機会があると思っているようです。

 

昭妃の怒りは、頂点に達し、月妃の頬を叩いてしまいます。

 

「自白してくれて、手間が省けたわ。貴方は、今回、蕊沁を殺したの・・・」

 

昭妃は、彼女の胸倉をつかんで、怒りに歪んだ顔を近づけ、続けます。

 

「貴方が何千、何百回死んだとしても、私のこの恨みといかりは消えないわ!いつか、苦痛の中で、生より死を選びたくなるほどの苦痛の中で公開と懺悔させてやる。」

 

 

座り込んだ月妃を残し、花顔宮を後にした昭妃。

 

 

陛下にあてがわれた、梧桐宮へと向かいますが、側仕えたちのことを考え、別の急に住むことにしました。

 

皇貴妃が提案したのは、御花園のそばの翠苑でした。

 

「もしや、我の寝宮から遠ざかったのか・・・?」

 

四全に急かされ、納得がいかないながらも、宮に名前をつけることになりました。

 

「それでは、”僅心院”と名付けよう」

 

 

2度目の天牢生活から這い上がり、僅心院で、皇貴妃として新たな生活の幕開けです。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」55話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」55話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」55話の感想と見どころです。

 

廃妃から這い上がって、皇貴妃の位へ・・・クライマックスに近づいてきたのではないでしょうか?

 

 

もう少し月妃と何かあると思っていたのですが、月妃はもう手出しできないかもしれないです。

 

私は、もっとしつこく邪魔してくると思ったのですが・・・読みが外れてしまいました。残念です!

 

 

皇太后と手を組めば別ですが・・・そうはならない気がしますね。

 

 

やはり、見どころは、最後のシーンでしょうか。

 

蕊沁を殺されたことを怒っている姿と梧桐宮で側仕えのことを第一に考えている姿が印象的でした。

 

皇貴妃の位を手に入れても、本当に周りの人を大切にしていることが、よく伝わってます。

 

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」56話は!

まさかの月妃の登場でしたが、月妃は警戒しなくても良さそうです。

次の目標は、皇太后ですね!

 

今回ばかりは、運任せ・・・?なんとか勝利を得た昭妃に、さらに立ちはだかる壁とは・・・?

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

 

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー