廃妃に転生した私は小説を書く|57話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」56話のおさらいからです。

冤罪を証明してくれたお礼と本当の素性を知るため、王公を食事に誘った皇貴妃。

彼は刺儿乍の人間ではなく、大欺腊国の高い地位の人でした。

 

そんな人が素性を隠してまで、一体何の用事なのかということを聞き出そうとしたとき、陛下が店員に変装して部屋に入ってきます。

慌てて陛下を連れて部屋を出て、誤解を解こうと必死になり・・・

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」57話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」57話ネタバレあらすじ

本当の目的

皇貴妃が必死に宥めた甲斐があり、ようやく落ち着いた陛下。

月曼金という名に聞き覚えがあるということに気づきます。

彼は、昨年まで、大欺腊国でも弱い立場だったはずなのに、5人の兄を始末して、父親を軟禁。

いまでは、国の実質的な権力をも握っています。

 

「出生の手段は惨く、性格も頑なだと聞いていたのだが、思っていたのとは違うな。」

「想像より美形で、物腰が柔らかかったということですか?」

認めてはいても、好きな女性に他の男を褒められるのは、面白くないのでしょう。

陛下は、再び不機嫌になりますが、先ほどの取り乱しようとは打って変わって冷静です。

 

出生するほどの人物が、庶民に成りすましてくるということは、他に目的があるのかもしれません。

彼に詳細を聞き出すことにした2人は、王公の待つ部屋へと戻ることにしました。

 

「あなたのようなお方が私に一体どのようなご用件で?」

皇貴妃が直球に尋ねると、彼は、意外な答えを返してきました。

 

「衛妃はとても聡明な方だ。当初の目的は、衛妃であり衛妃じゃなかった。・・・私は、無名乃友を探しに来たのだ」

 

スポンサー

陛下からの勅令

月曼金との会食後。

僅心院では、その話で盛り上がっていました。

 

「それじゃあ、皇貴妃の本が大欺腊国でも流行るじゃないですか!」

 

「流行るじゃないわ!旋風を巻き起こすの!」

 

書いた本人よりも、嬉しそうに話している蕊慧と花涼。

 

大欺腊国では、皇貴妃の買いは本が神書のように扱われており、商人たちが商機ととらえて、さらに売り出そうとしています。

大欺腊国だけでなくその他の国でも流行していて、本を読んだ全貴族が、この国を称賛しているのです。

 

「確かに、月曼金は先見性のある人物よ。平民が読書をしない国は、長く持たないのだとか。だから、彼は私に平民が好みそうな簡単な読み物を書いてほしいって」

 

交流を深めるため、月曼金の元へ行くべきかと問う皇貴妃に、蕊慧は、苦笑いを浮かべます。

 

「難しいのではないでしょうか?・・・多分陛下が許可を出さないでしょうし」

 

 

ところが、噂をすればなんとやら。

四全が、陛下からの勅命を受けて、僅心院にやって来ました。

 

「陛下が、平民に功徳を施すことは素晴らしい行為なため、大欺腊国との交流を許可すると・・・

それに際し、皇貴妃には我が国の大使として、大欺腊国へと赴き、友好関係を築いてほしいとのことです。」

 

皇貴妃と蕊慧は、しばらくの間、茫然と立ち尽くしてしまいました。

 

月曼金との取引

勅令が出される2時間前。

会食の直後、部屋を出る際に、陛下は月曼金に素性がバレてしまいます。

 

「これは意外だ。偉大なる皇帝様もコソ泥のような行為をするとは・・・」

「今この場で、誰にも気づかれずに、この首をへし折ることもできるのだぞ」

陛下は、彼の喉元に手を当てながら、脅します。

 

「私が死ねば、いくつかの秘密がともに眠ることになる。例えば、翠翹の秘密とかな?」

 

月曼金は、陛下に取引を持ち掛けてきました。

「私は、当年の衛皇貴妃が冤罪だということを証明できるぞ。そちらは妃史上最大の汚点を返上でき、我が国も恩恵を受けられる。両者とも利はあるはず。」

 

陛下は、悩んだ結果、しぶしぶ皇貴妃に大欺腊国へと向かうように勅令を出すことにしたのでした。

しかし、そんな取引があったとは、露ほどにも知らない皇貴妃は、この勅令に激怒してしまいます。

 

(男って本を捲るみたいに、コロコロ変わるのね!この前離れるなとか言ってたくせに、今度は行けって・・・?しかも半年よ?ふざけないで!)

 

「陛下に会わせなさい!」

皇貴妃の怒りに満ちた声が、院内に響き渡りました。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」57話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」57話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」57話の感想と見どころです。

 

見どころはやはり、月曼金の本当の目的が判明したところでしょうか。

彼は、皇貴妃最大の汚点、翠翹(すいぎょう)を殺して埋めたという事件は、やはり免罪だったようです。

 

今まで何も言ってこなかったのは、彼の立場が弱かったから?それとも利益がなかったから?

最近になってめきめきと力をつけてきたというのは、気になります。

まるで、衛皇貴妃の様。

月曼金には、何か他にも隠されていることがありそうです。

 

この交換条件を飲んだ陛下の気持ちを察します。

恋敵の元には、送りたくないでしょうに・・・

 

最初は、ただのサクセスストーリーだと思っていましたが、とても面白くて、毎週ワクワクしてしまいます。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」58話は!

 

陛下と初めての痴話げんかでしょうか・・・!

最後のシーンで、皇貴妃は随分と怒っていましたね。

男って本を捲るみたいに、コロコロ変わるのね!この前離れるなとか言ってたくせに

このセリフは、少し以外でした。

 

 

それとももっと進んで、大欺腊国へと向かう話でしょうか!

 

とても面白い展開になってきました。

 

陛下とまさかの離れ離れに・・・?廃妃から皇貴妃へと這い上がった衛妃、月曼金との取引で皇貴妃の冤罪は証明されるのか!

苦労から成功を勝ち取った女性がまたどん底!嫌われ者の廃妃に転生、前世の経験で這い上がる王道サクセスストーリー!

 

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー