廃妃に転生した私は小説を書く|64話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」63話のおさらいからです。

 

皇貴妃は、倪弗が四全家令と一緒に居るところを目撃してしまいます。

彼のことを宦官だと思い込んでおり、四全にそのことを話します。

皇貴妃の迷推理で、倪弗の正体がバレてしまうことはありませんでした。

四全とはそこで別れ、市場調査へと向かいます。

そこで月曼金と鉢合わせし・・・

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」64話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」64話ネタバレあらすじ

勝利の報酬

皇貴妃は、月曼金と鉢合わせしてしまいました。

親しげに話すのを見て、倪弗が怒りを露にします。

 

倪弗を下がらせ、用件を聞き出しました。

「初勝利を祝って、褒美を私に来たのさ!」

 

そう言って取り出したのは、金色の容器で、ふたを開けると黄土色の固形物が入っています。

その容器を受け取って、舐めてみると、よく知っている味がしました。

 

「カレー?」

「ご存じでしたか」

 

月曼金の話では、この世界のカレーは、遠洋から伝来したもので、多くは出回らないものなのだそうです。

 

「しかし、正体をすぐに見破るとは・・・やはり、妃は見分豊か、知識がお広いですね」

彼は、またいつでも持ってくると付け加えて、去っていきました。

スポンサー

衛妃の好物

皇貴妃は、険しい顔で呟きます。

「変よね。まるで私がカレーが好きだって事、知っていたかのようだわ。」

 

カレーが好きなのは、前世での話で、この世界ではまだ誰にも言っていないはずです。

月曼金が知っているのはありえません。

取りえず、その件は保留にして、カレーを試食してみることにしました。

 

皆が高評価を出す中、倪弗だけは、カレーが気に食わないようです。

「匂いが鼻につく、形状も美しくない、味は何とも言えないですし、却下で」

「けど、私はカレーが大好物なのよ?」

 

「たとえどれだけ珍しくても、天上の月ほどでもないし、我に頼めばいいのに。あんな奴からもらったものを使わないでもらいたいよ」

倪弗は、小さな声でぶつぶつと文句を言いましたが、皇貴妃には伝わりません。

皇貴妃には、頭が高い失礼な宦官だと思われてしまいました。

陛下からの手紙

陛下は、皇貴妃への不満を書いた手紙を四全へと送りつけました。

 

陛下からの手紙が届いた四全は、何か起きたに違いないと気を引き締めます。

手紙を開くと、怒り狂った陛下が見えました。

 

『妃が変わった!』

手紙には、月曼金と鉢合わせしたとき、妃が拒絶しなかったことに対する愚痴が事細かに書かれていました。

 

『妃が、我以外の奴に対して、簡単に承諾すのはおかしい!』

四全は、手紙の内容を読んで呆れてしまいました。

 

『妃は我のことを忘れてしまったのか?奴を好きになってしまったのか?大欺腊国に残りたいと思ってるのか?』

 

疑心暗鬼に陥っている陛下に、危機を感じます。

お互いを疑い始めたら、崩壊の一途をたどると相場は決まってる)

 

四全は、必死に妃を擁護する内容を手紙に書き連ねました。

手紙を書いている途中、陛下からの手紙の裏にも何か書かれているのに気が付きました。

 

そこには、のろけ話が書かれていたのです。

『表面の手紙は、書いてしまったから暇つぶしにでも見ると良い』

 

四全は、思わず、その手紙を燃やしてしまいました。

 

「ひどいよ、皇帝・・・宦官には人権はないんですか?イジメ・・・反対!」

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」64話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」64話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」64話の感想や見どころです。

 

月曼金は、やはり転生者なのでしょうか。

少なくとも、衛妃が転生者だと言うことは気づいていそうです。

カレーもそうですが、試されているように感じますね。

 

それから、倪弗が陛下だと気づいているようです。

 

本当に、月曼金は何者なのでしょうか。

だんだん面白くなってきましたね。

今後の展開が楽しみで仕方がありません。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」64話は!

 

倪弗として大欺腊国へとやって来た陛下の苦労が報われる!?のかもしれません。

とても楽しみです。

 

陛下が、皇貴妃不在に耐え切れず、変装をして大欺腊国へ!

廃妃から皇貴妃へと這い上がった衛妃、陛下と月曼金の取引で皇貴妃の冤罪は証明されるのか!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー