廃妃に転生した私は小説を書く|65話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」64話のおさらいからです。

 

皇貴妃は、月曼金から勝利の報酬として、カレールーを貰います。

彼は、妃の大好物を知っているかのようでした。

屋敷に戻った一行は、カレーの試食会を始めます。

皆が高評価を出す中、倪弗だけが不満げで・・・

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」65話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」65話ネタバレあらすじ

待ちに待った日

神の料理人・雷鳴山の第1幕の後、城には、急速に人が集まってきています。

 

そのことを知らせに来た風将軍が、焦ったように言いました。

 

「もう時間がありません。この家の動向に皆が注目しております。なぜ、語り手を向かわせないのですか」

「まだその時ではないの」

 

皇貴妃は、第2幕を語らせるには、タイミングが重要と考えていたのです。

「来たわよ」

窓の外を見ると、激しい雨が降っていました。

 

翌日、外へ出てみると、昨日の雨が影響したのか、かなり冷え込んでいます。

「やっとこの日が来たのよ。寒ければ寒いほどいいんだから!」

 

皇貴妃は、語り手を向かわせました。

スポンサー

神の料理人・2皿目

雷鳴山は、1幕目で牛肉の水煮を作り、土司夫人の食欲不振を治しました。

その後、彼は、最年少かつ最重要な料理人となり、夫人は彼を大切にしました。

 

ある日、土司が王城へ向かうことになり、自分もついて行きたいと申し出ます。

夫人は、少しためらいましたが、一緒に行かせることにしました。

共に王城へと向かう者の中に、公洋という貴族がいて、彼は食の選り好みが激しいと評判でした。

 

王城に向かった時期は、深秋の候で、先に進めば進むほど、食材が凍り、熱湯も瞬く間に蒸気と化しました。

このような苦境に公洋が耐えられるわけもなく、怒りだします。

 

民衆たちも、話を聞きながら、話の中のような寒さに震えあがっていました。

 

そんな時に、雷鳴山が提案したのは、過橋米線という料理でした。

米線を取り出し、鶏ガラと鳥の油でスープを作り、玉ねぎに豆類、キノコや山菜を加えて調理を施します。

 

雷鳴山が完成した料理を持っていくと、その料理からは、湯気すら立っていません。

公洋を説得し、光洋がスープをひと搔きすると、白い湯気が立ち上りました。

 

公洋は、上層に鳥の油が引いてあることに気付き、その油が熱を守っていたことを知ります。

混ぜることで、鳥の油は溶け込み、華やかな臭いを放ちました。

 

実演でも同じ料理を作っているので、話と同時に香りが充満します。

民衆たちは、我先にと料理に手を伸ばしました。

 

「米線とは、米粉で作った麺のことだったんだな!普通の麺じゃ長時間の熱に耐えられないけど、これなら伸びずに済む!」

「この米線は、噛み応えがあり、鶏ガラによく合います。そこに鶏肉が合わされば、そりゃ最高ですよ!」

 

こうして、神の料理人・第2幕は、成功に終わったのでした。

妃の秘密

夜になり、皇貴妃は外へ出て、景色を眺めていました。

そこへ、倪弗がやって来ます。

 

「何を見ておられるのですか?」

「月を見てるの、月と天空は、公平だから。人は良く月に例えて抒情的な文を作るけど、月は永遠に沈黙したまま」

「家が恋しくなったのですか?」

 

倪弗に言い当てられてしまいます。

 

「京城にある宮廷のことじゃないの。もう一つの家。あなたには秘密を教えてあげるわ、この秘密は誰にも話したことが無いの」

「陛下も知らない秘密でしょうか」

 

言う勇気がないと言って笑うと、倪弗に話すように促されました。

 

「私ね、実は飛べるの。私の馬車は一度は知らせれば、何よりも早く鳥よりも高く飛べるの。日本語だって話せるわ。韓国語もできるのよ」

 

倪弗は、どう反応していいのか分かりません。

「ほらね信じてないでしょ。でもこれはすべて本当の話なの。あのはるか遠い時空を超えた先にある、冬でも温かく夏でも涼しいところが私の家なの」

 

皇貴妃は、少し寂しげに、誰も信じてくれないけどと付け足します。

 

すると、倪弗が向き直ってはっきりと言いました。

「私は信じます」

 

「ここもね、悪くないのよ。あなたや蕊慧が居て、兄さんもいて、それに陛下もいる。彼が私のことを恋しがってるかは分からないけど」

皇貴妃がそう言うと、倪弗は、手元にあった急須を持って、中に合ったものを飲み干しました。

「恋しいに決まっておる・・・」

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」65話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」65話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」65話の感想と見どころです。

 

最後のシーンで、陛下の声に戻ったのでしょうか。

セリフだけでは分かりかねますが、もしかすると、陛下だとバレてしまうかもしれません。

それに比喩が多かったですが、自分の故郷の話を初めて他の人にしていましたね。

 

陛下も、わざわざ変装してまで大欺腊国へと来た甲斐があったのでは・・・

この話を、月曼金辺りが盗み聞きしていたら、少し面白いことになりそうです。

 

雷鳴山のお話も作りこまれていて良かったですね。

これだけで、外伝が作れそうです。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」66話は!

皇貴妃は、陛下ということに気づくのか!

今後の展開も、とても楽しみです。

 

陛下が、皇貴妃不在に耐え切れず、変装をして大欺腊国へ!

廃妃から皇貴妃へと這い上がった衛妃、陛下と月曼金の取引で皇貴妃の冤罪は証明されるのか!

 

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー