廃妃に転生した私は小説を書く|67話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」66話のおさらいからです。

 

神の料理人が大成功に終わり、商人たちの間で話の中の料理が流行り始めます。

皇貴妃は、倪弗と蕊慧を連れて、街中へ視察に向かいました。

道中、男3人組から奇襲を受けます。

その時に、倪弗が切り付けられてしまい、ケガをしてしまいました。

ケガの看病の際に、倪弗が宦官ではないことにようやく気付きます。

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」67話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」67話ネタバレあらすじ

犯人たちの末路

奇襲があったことを知った民衆たちは、屋敷の前に集まります。

妃の身を案じる声や、神の料理人の行く末を案じる声が四方から聞こえてきました。

 

妃が無事だと言うこと、神の料理人は延期にせざるを得ないことを伝えます。

民衆たちは、犯人を突き止めてとっちめようと言い出しました。

 

「俺、誰がやったか知ってるぞ!西区に住んでるあの輩たちだ」

1人がそう言うと、民衆たちは、こぞってそこへ向かいます。

 

彼らは、牛糞が付けられた汚らしい門の向こうを、根城にしていました。

門の前まで行き、大声で出ていくように叫びます。

 

その3人の男たちは、民衆たちの暴言に耐え切れず、皇貴妃に助けを求めに来ました。

 

「仕向けなかったとして、お許しだけは頂けないでしょうか」

蕊慧が一度顔をのぞかせましたが、許しを与えることはありませんでした。

 

その男たちは、皇貴妃から情を断たれ、民衆から追い回されることになりました。

スポンサー

たどり着けない真相

皇貴妃は、四全に倪弗について問いただしていました。

 

「宦官でないことを知っていながら、私の側において・・・陛下のお気持ちは考えたの?」

忠誠心まで問われ、四全が慌てて弁明します。

「私の忠誠心は、天地が覆ったとしても覆らないものです!」

 

四全の言葉を聞いて、誤解をたださなかった理由を問い詰めました。

 

「私は、陛下の許可なく単独でこのような行動はできません!」

「じゃあ、陛下が指示したとでも言うの?」

「この世で陛下以外に、誰があなた様に近づけるのですか!」

 

暫くのあいだ、沈黙が広がります。

最終的に考え付いた答えは、倪弗がゲイだと言うことでした。

 

「何故この話に限って、いつも真相にたどり着けないのですか!」

四全の叫び声が、屋敷中に響き渡りました。

さらわれた妃

四全との会話の後、皇貴妃は、一人馬車に乗り込みました。

四全との会話を思い出し、倪弗が陛下ではないかと考えます。

しかし、陛下にしては、庶民的なことができるので、その考えを捨て去ってしまいました。

 

馬車がいつもより揺れることに気づき、外を見てみると、御者が倒れこんでいます。

 

大通りまで逃げ切れば、誰か助けを呼ぶことができると考え、走り出しました。

 

突然、後ろから何者かの襲撃を受け、そのまま気を失ってしまいます。

気が付くと、目隠しをされていました。

 

全く力が入らない。頭がくらくらする・・・

 

「怖がらなくていい、傷つけはしないさ」

聞き覚えのある男性の声が、聞こえてきました。

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」67話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」67話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した渡曽は小説を書く」67話の感想と見どころです。

 

倪弗はゲイというセリフには、思わず吹き出してしまいました。

四全の言葉で、ほんの少しだけ、倪弗=陛下という方程式が立ちかけましたね。

 

しかし、陛下はそんな庶民的なことはしないそうです。

 

陛下がどういうところの家系の生まれか分かれば、陛下のスペックはある程度想像つくと思いますが、衛妃はその辺りの記憶はあいまいなのでしょうか。

 

それはともかく。見どころはやはり、最後のシーンでしょう。

最後にちらっと出てきた人物がいったい誰なのか。

私は、月曼金ではないかなと思っています。

 

もし月曼金なら、もしかして本当に転生者という可能性も・・・

 

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」68話は!

 

神の料理人が軌道に乗って来た今、何者かに拉致された妃。

犯人はおそらく判明するでしょう。

いったいどんな目的があるのでしょうか。

 

皆さんはどんな考察を立てますか?

とても楽しみですね。

 

陛下が、皇貴妃不在に耐え切れず、変装をして大欺腊国へ!

廃妃から皇貴妃へと這い上がった衛妃、陛下と月曼金の取引で皇貴妃の冤罪は証明されるのか!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー