廃妃に転生した私は小説を書く|70話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」69話のおさらいからです。

 

衛妃は、g倪弗が陛下だと気づいてしまいます。

蕊慧と話をし、陛下の正体を暴いてやろうと言うことになりました。

毒に会ったと言う設定で、倪弗と2人きりになり、マスクを取らせることに成功しました。

 

一方、月曼金の手紙を読み、費茲阿が城に向かっていました。

彼は、城の賑わいに驚きます。

 

皇貴妃には、アピールする絶好のチャンスでしょう。

上手くチャンスをつかむことができるのでしょうか!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

それでは、「廃妃に転生した私は小説を書く」70話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」70話ネタバレあらすじ

神の料理人・3皿目

費茲阿がやって来たタイミングで、神の料理の3皿目を公開します。

話し手は、大勢の客の前で、楽しそうに話し始めました。

 

雷鳴山は、京城につくとともに名前を変えます。

しかし、料理の腕の良さが噂に広まり、貴族たちも彼の元へとやってくるようになりました。

 

その中で、宋という人物が、雷鳴山を避けに誘い、とある情報を流します。

大公主の命が残りわずかだと言うのです。

彼女の夫が亡くなってからというもの、酒におぼれてしまい、あらゆる酒を飲ませても満足しません。

 

民衆たちは、酒の話と分かり、前よりもさらに盛り上がっています。

費茲阿も民衆たちの声を聞いて、近くへ寄ってきました。

 

これを聞いた雷鳴山は、大公主の誕生祭に合わせて、贈り物の中に酒を混ぜました。

雷鳴山は、大公主に呼ばれます。

酒の名前を聞かれ、”梅花”と答えました。

 

その酒は、振ると酒が上下2層に分かれ、目でも楽しめるようになっています。

費茲阿も酒を手に取り、振ってみました。

 

上の方は濃い色で、下層に連れて行くにつれて薄くなっている

これは確かに見て楽しめる

高貴なお方にふさわしい女性の酒だ・・・!

 

費茲阿も大絶賛でした。

 

屋敷の中では、3皿目の酒について、皆に解説していました。

 

「あれはカクテルって言うのよ」

カクテルは、白酒が苦手な人でも受け入れやすく、強い人にとっては、永遠と飲み続けていられるものです。

 

「カクテルは、調合によって、アルコールの効果を絶大に発揮するの。飲酒者が気づいた時にはもう泥酔一直線よ」

 

皇貴妃は、陛下と二人きりの時も、このカクテルを使って罰を与えたのでした。

 

数時間前・・・

妃が毒に犯されたという設定で、陛下と二人きりになったときのことです。

 

陛下に目隠しをし、手には手錠をはめます。

「私のこと、ずっと騙して。やっぱり頼れるのは、触感ね。ベッドに入ったら目を閉じてても当てられるわ・・・」

 

陛下は、妃が普通に話しはじめたことに驚いています。

「陛下は騙したのに、私は騙しちゃいけないの?」

 

彼女は、カクテルを取り出し、陛下に飲ませました。

 

「妃の罰は実に甘い」

 

しかし、これだけではありません。

「陛下こそ、甘く見過ぎですよ」

妃は、カクテルを自分の口に含むと、そのまま陛下にキスをしました。

スポンサー

動き出す王公

その頃、月曼金の屋敷には、費茲阿のことが話題に上がっていました。

「費茲阿様が、面会をご希望です」

「ついに、王城から出ると言ったか」

 

費茲阿は、入城と共に茶楼を亡くしていました。

丁度、神の料理人の3皿目が、お酒に関する話で興味を持ったため、離れられなくなったのです。

 

「本当に偶然か」

費茲阿が行く日に、運よく妃が酒を提供したというのは、仕組まれたことにしか思えません。

 

「私は彼女を理解しているんだ・・・彼女の辞書には”偶然”・”運くよ”というのは存在しないのです。

 

「だからこそ、邪魔者には死んでもらうよ」

月曼金は、最近、陛下の動向に目を付け始めました。

 

今、陛下は、重病にかかっているという設定になっています。

それを怪しんでいるのでしょう。

実際そうなので、バレたら大変ですね。

 

「病を偽って裏で何かしてるかもしれないしな・・・」

月曼金はそう呟いた後、しばらくして何かに気が付いたような顔をしました。

チャンス到来

あれからしばらく経って、皇貴妃の屋敷には、蕊慧の叫び声が響いていました。

「あの賭けを吹っかけてきた費茲阿という人が来ました」

 

何処で待たせているのかを聞くと、今門の前まで来たようです。

「さっき作った薔薇のケーキとジャスミンゼリーを持ってきて頂戴!」

 

花涼が、彼を出迎え、他の下女たちに命令を下しました。

バラにジャスミン、これらは女の人が好んで食べるものです。

費茲阿は、あまりいい印象を持っていないようでした。

 

 

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」70話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」70話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」70話の感想や見どころです。

 

月曼金は、衛妃を手に入れる為ならどんなことでもしそうですね。

今回の月曼金のセリフで、気になるセリフがちらほらありました。

 

”彼女に偶然はない”

 

”どんな彼女でも~”

 

この様なフレーズがありましたね。

 

これは、衛妃でない彼女を知っていることの暗示なのではないでしょうか。

読み進めるために、月曼金が何者なのかが気になって仕方がないのです。

 

カクテルが出てきたのは驚きですね。

たしかに、妃は状況に合わせた料理を常に出しています。

費茲阿が、来ることはどうやって知ったのでしょうか。

 

それから、衛妃と陛下のシーンも良かったです。

見どころてんこ盛りでした!

夜の読むものじゃないですね・・・

これからの展開も楽しみにしています。

 

さて、ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」71話は!

 

今のところすべて計画通りの皇貴妃ですが、費茲阿はうまく乗っかってくれるでしょうか。

楽しみですね。

 

陛下が、皇貴妃不在に耐え切れず、変装をして大欺腊国へ!

廃妃から皇貴妃へと這い上がった衛妃、陛下と月曼金の取引で皇貴妃の冤罪は証明されるのか!

 

\全話あらすじはこちら/
「廃妃に転生した私は小説を書く」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「廃妃に転生した私は小説を書く」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー