余命僅かな悪女にハッピーエンドを|26話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回25話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クレアは少しずつ視力が回復してきたので、アイザックに食べさせてもらうのを止めました。

するとクレアはアイザックの表情まで確認することは出来ませんでしたが、どことなくアイザックは寂しい表情をしているように感じ取ります。

アイザックはクレアに護衛をつけるというので、クレアはアイザックが自分を心配していると思うと、自分は笑顔で別れたいと契約が終わった時のことを話しめます。

クレアはアイザックが優しすぎるのでそれに勘違いし、契約が終わったら別れる自信がないと言いました。

しばらくするとクレアには招待状らしき手紙が10通届きますが、その半分は嫌がらせの手紙でした。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」26話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」26話ネタバレあらすじ

クレアは差出人が犯人と思われる手紙を発見する

クレアに届いた手紙は10通のうち6通は嫌がらせの手紙で、他2通は事業内容について、他2通はお茶会の招待状でした。

本当に犯人を探せるのかクレアは不安になります。

 

クレアはアイザックに盛大なお茶会を開いてもらって、犯人も来れるように仕向けて捕まえるというのはどうかと考えますが、そう簡単にはいかないだろうと思いました。

アイザックが来る前に嫌がらせの手紙を片付けようとしたら、テーブルの下に1通の手紙が落ちていました。

 

その手紙はメイドが落としていた1通だとクレアは気付き中身を確認します。

≪殺してやる。死ななかったら死ぬまで殺してやる…≫

 

と他の手紙よりクレアへの憎しみが込められたものだと感じ、この手紙を書いた人物はクレアが死にかけたことを知っているとクレアは思うとこれは犯人からの手紙だと思いました。

あの時のパーティーでクレアがまだ生きているを知って送って来た…

 

まだクレアを狙っていると勘づき、手紙の差出人をチェックしますが差出人の記載はありませんでした。

クレアは誰かにこの手紙の差出人を調べてもらおうかと思うと、パンを思い出します。

危険すぎることにパンを巻き込みたくないと思いますが、最近パンを見かけていないことに気付きました。

 

するとクレアは伯爵邸で倒れてからパンのことを忘れていたと思い出し、一人でやっと自由に暮らし始めたかもと納得します。

色々考えすぎて疲れたクレアは、なぜ犯人はクレアを狙っているのか考えながら眠ってしまいました。

 

スポンサー

2人のメイドがクレアをとても心配してくれる

寝ているクレアのもとにメイドが2人やってきて、クレアの様子を見に来ました。

「心臓が痛かったり、咳が止まらなかったりしてないですか?」

と言われたのでクレアはなぜ知っているのか考えていると、メイド達は心配して自分たちには隠さなくていいですよと言われます。

 

「突然の心臓発作や目が見えなくなると聞きました!」

「いや、同時に心臓と目が機能しなくなると聞いたわ!」

 

とメイド同士で話していると、一人のメイドはクレアの手を握りました。

私たちに隠さず仰ってください!

 

と話すので、アイザックは何をメイド達に話したのだろうかとクレアは思います。

本当に大丈夫だから心配しないで

と言うとやる気に満ち溢れるメイド達を見て、心配されていることに嬉しく感じました。

 

サラミ侯爵からのお茶会の招待が来たことにメイド達は興奮する

手紙を見たメイドはお茶会には誰から招待されたのかクレアに聞くと、ディラン伯爵とサラミ侯爵に招待されたと話します。

クレアの記憶の中にはサラミ侯爵はいなかったのでこの人は誰なのか、どっちのお茶会に出席するべきかと考えているとメイドの2人は目をキラキラと輝かせてクレアを見つめていました。

 

「あのサラミ侯爵からお茶会の招待が来たのですか!?」

とメイド達は興奮しているのでサラミ侯爵は有名なのかと聞くと、とても美しく男女問わず一目ぼれするのでいつも仮面を被っていると説明します。

 

「通称、夜の皇帝と言われてます!」

その言葉にクレアは吹き出しますが、そんなお方から招待されたのは凄いことだとメイド達は舞い上がっていました。

クレアは夜の皇帝には絶対会わないようにしようと考えます。

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」26話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」26話の感想や見どころ

遂にクレアは犯人からの手紙を発見しましたね!

クレアがパーティーでは生きていたことを知っているということは、同じパーティーに参加していた可能性が高そうです。

一体犯人は誰なのか、クレアはどう犯人を探し出すのかとても気になってきます!

またディラン伯爵とサラミ侯爵からお茶会の招待状が届いていました。

どうやらサラミ侯爵だけはクレアの記憶にはないようですね…なぜ記憶のないサラミ侯爵から招待状が届いたのでしょうか?

サラミ侯爵の≪夜の皇帝≫という別名がついている理由も知りたいところですw

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」27話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー