余命僅かな悪女にハッピーエンドを|27話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回26話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クレアはまだ読んでいない落ちていた1枚の招待状を見つけ、読んでみると≪殺してやる。死ぬまで殺す≫と異様にクレアへの恨みを感じました。

これは犯人からの手紙だとクレアは勘づきます。

その後2人のメイドが来ると2人はとてもクレアの体調を心配してくれました。

招待状の手紙の話になり、お茶会にサラミ侯爵サラ招待されたというとメイド達は大興奮し舞い上がります。

しかし≪夜の皇帝≫とあだ名を呼ばれているサラミ侯爵には会いたくないとクレアは思います。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」27話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」27話ネタバレあらすじ

クレアはサラミ侯爵からの招待を断ろうとするが…

メイド達はサラミ侯爵の招待を断ることにとても驚きます。

美しい黒髪と太陽に眩しい輝き・仮面をしても隠せない星のような目を持つ夜の皇帝の正体をなぜ断るのかと、クレアはメイド達に言われますがますます行く気が失せてしまいました。

 

クレアはサラミ侯爵を「皇帝」というので、不敬罪で捕まったらどうするのかと言うと

≪夜の皇帝≫は皇帝陛下が名付けたんです

というのでクレアは衝撃を受けます。

 

しかしクレアはメイドにサラミ侯爵からの招待状を捨てるように言いました。

なかなか外出しない方から招待されたのにもったいない…

 

とメイド達はまだ言っていますが、クレアはなぜそんな人が招待したのか気になってきます。

もしかしたらクレアをいじめるための招待なのでは…

夜の皇帝が悪女で有名なクレアと友達になることはないのではと考えていると、捨てられた招待状をメイドがテーブルの上に戻しました。

 

スポンサー

アイザックが仕事を抜け出してクレアに皇宮の医師に診てもらおうと提案する

クレアは話を変えて、見慣れない顔のメイドは新入りかと聞くと3人新たにメイドを採用したと話しました。

使用人を増やすようにご主人が言ったのですよ。奥様を本当に愛してらっしゃるんですね

 

クレアは6ヵ月の契約でそこまでする必要はないと思いますが、アイザックになぜ終わることを考えるのかと言われたことを思い出します。

(存在が大きくなれば喪失感も大きくなるから仕方ないじゃない…)

 

とクレアは思い込んでいると、急に静かになったクレアを見た2人のメイドは心配して見つめます。

クレアは何でもないからもう行っていいとメイドに伝え、一人になりました。

 

余計なことを考えないようにしようと思いますが、サラミ侯爵からの招待を握りしめ全部コレのせいだ!とイライラします。

でもあんなにメイドが容姿を褒めていたサラミ侯爵がどんな人か気になってきたので、アイザックやイクリプスに聞いてみようかと考えました。

 

でもクレアの頭の中にはアイザックや夜の皇帝・パン・犯人など考えることがいっぱいあってごちゃごちゃになりうわあー!と叫んだ時

それで顔色が悪いのか?

 

と突然アイザックがクレアの顔をのぞき込んできたので驚きます。

クレアが考え込んでいたため、アイザックが来ていたことに全く気付かずにいました。

 

まだアイザックは仕事の時間でしたが、クレアの話を聞いて色々考えたというと

知り合いの皇宮の医師に診てもらおう

とその医師は腕がいいのでクレアの状態も分かるだろうと言いますが、クレアはそれを言うために仕事を抜けだしたのかと唖然となります。

 

アイザックに嫌がらせの手紙を見られてしまう

とても真剣な目でアイザックが見つめてきますが、クレアは信用できそうだけど誰にも今の状態を知られたくないと話しました。

私は絶対に隙を見せたくないのです…

 

アイザックとは違って自分は嫌われていて、毒殺されそうになったことを知れば皆喜ぶと言うとアイザックは驚きます。

今の私の状態を知られたらまた噂されるでしょう…

 

と脅迫の手紙を思い出し顔色が悪くなるクレアを見て、アイザックは手紙になにか原因があるのではと怪しむと招待状に手をのばしました。

アイザック!待ってください!

とクレアは焦ると嫌がらせの招待状が散乱し、入れられていた髪の毛も外に散らばります。

 

誰がこんな手紙を…

とアイザックは鋭い殺気を出すので、クレアの体へ負荷がかかり始めました。

 

≪臓器の機能が70%に制限されます≫

と通知が来るので、まだ倒れられないと気合を入れるクレアはアイザックの顔を両手で包み

 

私は大丈夫です!怒るアイザックは嫌いです!!

と殺気を抑えようとクレアは必死になります。

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」27話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」27話の感想や見どころ

メイド達が絶賛するサラミ侯爵とはどんな人なのか気になりますね!

とても美しい容姿なのは間違いなさそうですが、メイドにそこまで言われるとクレアも少し気になってきているようでした。

アイザックは仕事中でもクレアの体調を心配し会いに来てくれました。

とてもクレア想いなのですが、クレアはちょっとでも噂が飛び交わないように自分を知られたくないようです…

医者に診てもらってもクレアの体は特殊なので解決できるか不明ですね。

そしてアイザックに嫌がらせの手紙を見られてしまいました!

もしかしたらアイザックもこれを機に犯人捜しに協力的になるかもしれないですね!

 

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」28話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー