余命僅かな悪女にハッピーエンドを|34話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回33話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クレアはメイドにパンはリノ家から呼んだ使用人だと説明し、パンが暮らせる部屋を探すようにお願いし、ひとまずパンは部屋から出ていきました。

パンとの関係性やクレアの来週のお茶会の準備などのことを考えながら、クレアはベッドの横たわり眠ります。

目が覚めると夜になっていてクレアの横にはアイザックが座っていて仕事の書類を見ていました。

その横顔にクレアは見惚れながらアイザックの唇を見ると、キスしたいと思わず声に出してしまいます。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」34話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」34話ネタバレあらすじ

アイザックはクレアに2回目のキスをする

クレアは自分の発言に慌てて、自分は欲求不満なのかと顔を赤くしてアイザックから顔を背け、聞かなかったことにして欲しいと言います。

その姿を見たアイザックは、クレアとの距離が縮まったと思いきや自分と一線を置いたりもするのでクレアの本心が知りたいと思いました。

 

聞かなかったことにしていいのか?

とアイザックはクレアの頬に触れそのままクレアにキスをし、後ろに押し倒します。

 

誰かを愛すことがなかったアイザックですが、クレアのおかげで愛することに恐怖心が芽生えそうになります。

そのままアイザックはクレアの首元にキスをしてくるので、契約時に体の関係も含むことも伝えましたが、今はいきなりすぎると思っていました。

 

でもこの弱すぎる体で出来るのかと混乱していると、アイザックはクレアのおでこにキスをしベッドから離れていきます。

どこへ行くのですか?

 

そなたには負えそうにないので…

というのでクレアは一瞬分かりませんでしたが、アイザックの顔から下腹部に目線をずらすとようやく意味が分かりました。

 

スポンサー

ドキドキでクレアのHPが下がっていくも、アイザックとの距離は縮まってきていると感じる

アイザックはシャワーを浴びに行きましたが、クレアはドキドキが止まりませんでした。

いつかはこうなるだろうと思っていましたが、予想以上にドキドキするとクレアの体に通知がやってきます。

 

≪心臓に負担がかかっています。10秒ごとにHP5ずづ減ります≫

クレアはドキドキを抑えるために、外の冷たい風にあたろうとベランダに急ぎ目に移動しました。

 

ベランダに出ると風は強くて冷たすぎると感じると、今度は寒さに体が耐えられないと通知が来ます。

≪47秒後にしもやけが出来ます。その後1秒ごとにHP10減っていきます≫

 

慌てて部屋に戻るとしもやけが出来るカウントダウンは終了し体は落ち着きますが、目の前にシャワーを浴び終えバスローブを来たアイザックがいたのでまたドキドキし始めました。

平常心を保ちながらアイザックに近づき、大丈夫だったかと聞きます。

 

2回目だからちょっとはマシだ

クレアは2回目ということに疑問に感じますが、アイザックはクレアの心配もしました。

 

外に出て冷たい風に当たってきたので大丈夫です

私も冷たいシャワーを浴びたから大丈夫だ

それを聞いたクレアは、アイザックのさっきの行動は次に進んでもいいという気があるんだと思い、アイザックとの距離も縮まってきてると感じます。

 

いつもアイザックが自分を気にかけてくれていると知ったクレアは…

しかし自分の弱すぎるからだが耐えられるのかと心配でした。

魔王からもらった青い瓶を使えば解決できるかもしれないと思いますが、それは貴重なものだから安易には使えないと考えます。

 

でもいきなりのあの雰囲気になった場合は飲む時間もないと頭を悩ませていると、アイザックはいつもため息ばかりついていると指摘しました。

ため息をつかない日はないと言うと

 

そなたの名を聞けば、ため息をつく姿ばかり思い出す

その言葉にクレアはアイザックはいつも自分のことを見ていて気にかけてくれてるんだと思います。

 

するとクレアはアイザックに向かいの椅子に座るように促すと、

私のことが好きなのですか?

 

と質問をしました。

突然の質問にアイザックは少し汗をにじませながら、私は…と答えようとします。

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」34話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」34話の感想や見どころ

クレアのキスしたい発言にアイザックは積極的なキスをしてきました!

あのままの雰囲気では2人は体の関係を持つ感じですが、アイザックもクレアの体力を心配して途中で止めてあげたのですね。

アイザックはクレアとの距離が縮まっているのか分からない一方で、クレアはアイザックとの距離は縮まってきていると感じているようです。

まだ2人の気持ちが通じ合っていない状況ですが、クレアは最後にアイザックに自分のことが好きなのかどうか改めて聞いてみました!

少し戸惑っているアイザックのようですが、ここで曖昧にせずアイザックは自分の気持ちを伝えるのでしょうか!?

 

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」35話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー