余命僅かな悪女にハッピーエンドを|39話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回38話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

アイザックは前にクレアが伯爵邸で倒れたことがトラウマになり、クレアを伯爵邸に行かせることを拒否します。

妖精剣はさほど貴重なものではないことを伝え、クレアはアイザックから妖精剣貰いティラン伯爵のプレゼントとすることになりました。

プレゼント選びが終わると、アイザックはさっきの続きがしたいとクレアに迫ります。

体の関係を求められると慌てるクレアは、棚の後ろに隠れアイザックの元へ行くタイミングを見計らっていると、アイザックはクレアの名を呼びました。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」39話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」39話ネタバレあらすじ

アイザックはまたクレアが消えるのではと不安になり名前を呼んだ

アイザックはクレアの名前を何度も呼びました。

なぜそんなに名前を呼ぶのかと不思議に思ったクレアはどうしたのか聞きます。

 

さっきそなたが消えそうになったのを見た

とアイザックはクレアの居場所は分かっていても、突然消えてしまう日があるのではないかと不安だと告げました。

 

それを聞いたクレアはドキッとします。

自分がそこまで薄情な人に見えるのかとクレアは聞きますが、アイザックは前に倒れたことがあるから不安だと言います。

 

すると今度はクレアがアイザックの名前を何回も呼びました。

私は消えたりしないぞ

 

とクスリと笑いクレアをからかいますが、アイザックは誰かに自分の名前を呼ばれることに想像以上の幸せを感じていました。

その後2人は嬉しそうにお互いに気が済むまで名前を呼び続けました。

 

スポンサー

クレアはティラン伯爵の好きな人がアイザックだったと初めて噂を知る

大公邸でクレアはティラン伯爵に招待されたお茶会に行く準備をしていました。

「まさか奥様がティラン伯爵のお茶会に招待されたなんて」

 

とメイドは準備を進めながらクレアに話しました。

どうしてかとクレアは聞くと、使用人の間でも有名な噂を知らないのかとメイドは聞き返します。

 

「ティラン伯爵はご主人様に惚れていて、しつこく迫っていた話です!」

それは本当なの!?

 

メイドはこの噂は知らない人がいないほど有名だと教えてあげました。

クレアは前にアイザックに自分とティラン伯爵の噂は知らないのかと聞かれたことを思い出します。

 

(お茶会当日にこんな話を…教えてくれても良かったのに!)

その時ティラン伯爵は好きだったアイザックの妻をわざわざ招待したことにハッとしました。

 

普通だったら好きな人の妻の顔は見たくはずだと考えると、このお茶会の招待は怪しすぎると考えます。

クレアを殺した真犯人なのかな…

と悪寒がすると、メイク中にメイドから眉間にシワが出来ていると指摘され、クレアは落ち着いて考え始めました。

 

自分がアイザックと結婚したのはクレアが殺された後になるので殺す理由にならないのでは?と考えます。

クレアはクレアの記憶がまだ完全に分かるわけではないので気をつけてお茶会に参加しなくてはと意気込みました。

 

パンと一緒にお茶会に出発するクレアだが不安に押しつぶされそうになる

クレアの準備が終わるとパンが丁度いいタイミングで迎えに来てくれました。

もう来たの?

 

ご主人様の支度が終わる時間に合わせて僕も準備してましたので!

とクレアの準備に5時間かかっていたので、クレアはだいぶ待たせていたなと何とも言えない表情になります。

 

パンは大公邸に来てから1週間が経っていましたが、あっという間にパンはここに馴染みクレアが指示しなくても必要な物を用意してくれるようになりました。

前より楽になりパンは認めたくないけどかなり優秀な人材になっていましたが、キスのスキンシップは変わらず続けています。

 

パンはクレアの手の甲にキスをしてエスコートしようとすると、メイドはパンにキスはしてはいけないと説教をしました。

クレアはメイドとパンはギャーギャー騒ぎながら言い合いをしているのを見て、使用人たちと上手くやっているなとと感じます。

 

奴隷を連れてきたのが悪評になりそうと考えていましたが、パンはクレアが奴隷に自由とお金を渡したが自分はクレアと一緒にいたくて断ったと言ってくれたお陰で問題にはなりませんでした。

パンと言い合っているメイドは、パンと同い年くらいの子なので言い合っていても楽しそうにしていると感じると、クレアはアイザックとも2人のように仲良くなりたいなと思います。

 

ようやくクレアとパンは馬車に乗りお茶会の会場へと向かいました。

クレアはお茶会の参加に覚悟はしていましたが、お茶会が初めてなクレアはお茶会のマナーなどを事前に勉強や練習をしましたが不安で仕方ありません。

 

自分がミスをしたらアイザックの評判も悪くなりそうと考えると、プレッシャーがクレアに多くのしかかってきます。

またアイザックとティラン伯爵の噂もあり気が重くなったクレアは、いじめられたらどうしようとつぶやきました。

 

誰がいじめてくるのですか?

とパンは目の奥が笑っていない表情や暗いオーラを放ちながらでクレアに質問します。

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」39話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」39話の感想や見どころ

クレアは棚の後ろに隠れながらも、アイザックと名前を呼び合うシーンはとても楽しそうで2人の幸せな時間を過ごしているなと感じる場面でしたね♡

しかしその後メイドからアイザックとティラン伯爵の噂を聞いて一気に不安がやってきてしまいました!

確かに好きだった男の妻をお茶会に招待するとは怖いですし怪しすぎますよね…。

ティラン伯爵はなぜクレアを招待したのか気にってきます。

お茶会にはパンも同行することになりますが、馬車の中で「いじめられたら」とつぶやいた瞬間パンの表情や声が一気に怖い感じになりました…。

パンはクレアに何かあれば守ってくれそうですが、パンにも少々恐怖感を感じます!

 

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」40話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー