余命僅かな悪女にハッピーエンドを|42話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回41話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クレアはティラン伯爵に妖精剣をプレゼントするととても喜び、2人はお互いに名前で呼び合うように発展します。

お茶会が本格的に始まると、ティラン伯爵はクッキーと紅茶の味の意見を令嬢たちに聞きました。

令嬢たちは美味しすぎるクッキーを褒め称え、クレアも褒めますがチョコチップを入れてはどうかと意見をします。

するとサラミ侯爵令嬢はクレアの発言を自己中心的だと批判しました。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」42話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」42話ネタバレあらすじ

サラミ侯爵令嬢を中心にクレアの悪口を言いまくる

ここまで自己中な人とは思いませんでしたわ

その言葉にクレアは自分がサラミ公爵令嬢より身分の高い大公紀だということを知っていてわざと言っているのかと面倒に感じ始めます。

 

幼稚な令嬢たちにクレアはぶちギレ寸前ですが、社交界についてはアイザックでも何もできないと思ったので我慢をしようと決意しました。

心が良い人であれば良いところしか見えないと言いますもんね

 

(なら私は悪いから悪いところしか見えないってことか?)

とクレアはさらにイライラが増しますが、サラミ侯爵令嬢に乗っかり他の令嬢たちがクレアの文句を言い始めます。

 

しかし他の令嬢が騒いでいるときは、サラミ侯爵令嬢は自分は関係ない顔をしているので本当にずる賢い子だとクレアは感じました。

一方ティラン伯爵にクレアは目をやると、悪口より貰った妖精剣をどうしようかとルンルンの様子で、悪口を止める様子はありません。

 

社交界の中心にいる人たちは自分が基準で、クレアに対する無礼は大したことのないことかと思っていることにモヤモヤとしていると

なぜ大公様はあんな人と結婚したのかしら?

 

と他の令嬢が言うと、クレアの聴力が突然アップしてアイザックまでの悪口が聞こえてしまいました。

さすがにその言い方はないのでは?とティラン伯爵は立ち上がり止めますが、その瞬間クレアの理性がブチっと切れてしまいます。

 

スポンサー

クレアは我慢の限界で理性が切れ、他令嬢達を黙らせる

ここはお茶会の場なのに、まるでひよこ農場のようですね

と顔を青色にしながらクレアは笑うと、急にひよこと言われた令嬢たちは何が何だかさっぱりわからなくなり、耳に異常があるのかと言いました。

 

聞こえませんか?今もピヨピヨとこんなにうるさい鳴き声が聞こえてるじゃないですか

とクレアはサラミ侯爵令嬢に左手を前に出します。

 

ひよこ呼ばわりされた令嬢たちは無礼にも程があると怒りますが、無礼なのはあなた達だとクレアはとても恐ろしい顔とオーラを出し、令嬢たちを黙らせました。

社交界の常識は若い令嬢から学ばないといけませんね

とクレアは皮肉を交えながら言います。

 

サラミ令嬢、人の悪いところも見えなければ悪人に騙されてしまいますわ

とクレアは良いところばかり見てもダメだと言うと

 

ジェイシーも悪いところを見る人なら、あなたは招待されてませんね

とサラミ侯爵令嬢は言われ、ティラン伯爵を見ると怒った様子でサラミ侯爵令嬢を睨みます。

 

リノ伯爵代理様!そういう意味で言ったわけではないです!

私は【大公紀】です。次はありませんからね

とクレアはアイザックの権力をこんな風に利用するのは抵抗がありましたが、脅しを入れないとと思いサラミ侯爵令嬢を黙らせました。

 

ティラン伯爵が謝るも、クレアは次のお茶会に来る気はないと言い帰る

それでも謝罪の言葉もないことに呆れたクレアは、もうアイザックが帰ってくる時間だから自分も帰るとその場を離れます。

ティラン伯爵はクレアを呼び止め、主催者である自分が仲裁するべきだったとクレアに謝りました。

 

ただ悪口を見物していた人を責める人はいません。見るだけは楽しいですから

次回のお茶会では決して…

 

歓迎されていないところに再び来る気はないので遠慮しますわ

とクレアは笑顔でパンと一緒にお茶会の会場を去ります。

 

帰りの馬車ではクレアは勢いでやってしまったと後悔していました。

パンもクレアに対する無礼や黙って見ていた主催者を許せないし、我慢しか出来なかった自分が悔しいと話します。

 

そんなパンにクレアは偉い!と言い頭をなでて、味方でいてくれて嬉しいと言うと

「僕はずっとクレア様の味方ですから!」

ととびっきりの笑顔でパンは言うので、クレアはお礼を言いました。

 

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」42話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」話の感想や見どころ

クレアがついに令嬢たちにブチキレました!!

クレア本人の前で堂々と悪口を言うほうが本当に無礼ですし、人間性の低い貴族だと思いますよね。

クレアが大公紀の立場として、恐ろしく脅しを入れたところになんだかスカッとしました。

ティラン伯爵も自分の事しか考えてない感じで、アイザックのことを言われた時は反応していました…。

さすがにこんな人間たちの集まりでは、次のお茶会に招待されても行く気なんか出ませんよね。

このお茶会の話は今後の社交界にどう影響してくるのでしょうか?

 

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」43話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー