余命僅かな悪女にハッピーエンドを|43話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回42話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

お茶会でサラミ侯爵令嬢を中心にクレアの悪口は止まらず、アイザックがなぜクレアを選んだのかと悪口を言うと、クレアは耐えられずキレます。

クレアは大公紀という立場を利用し令嬢達を黙らせ、言いたかったことを言いお茶会を後にしようとするとティラン伯爵は謝罪しました。

またお茶会に呼ばれたクレアですが、自分が歓迎されない場所には行く気が起きないと誘いを断りパンと帰ります。

帰りの馬車ではパンは何もクレアに出来なかったと落ち込みました。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」43話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」43話ネタバレあらすじ

パンは侍女がクレアを毒殺したことを知っていた

馬車でクレアはパンに情報ギルドで人を捜したいという話をします。

パンは調べることは出来るが誰を捜すのかと聞き、クレアは毒殺のことは話す必要がないと思い言葉を濁そうと思ったら

 

毒を飲ませた侍女のことですか?

というのでクレアは毒殺の事を知っていたパンに驚きました。

 

僕はクレア様のことなら全て知っています

とパンはクレアの頬に手を触れながら言うと、パンの手が異常に冷たく感じます。

 

もっとクレアの深い部分まで知りたいから情夫になりたいとふざけながら話すパンに、クレアはどうしてと聞きますが、パンはしーっと言うように人差し指を自分の口に当てました。

そのジェスチャーを見たクレアは、これ以上踏み込んで話すなということかと勘づきますが余計にパンの正体は何者なのか気になります。

 

スポンサー

パンはクレアに毒を飲ませた侍女を知っていた

パンはクレアに本当にその侍女を探すつもりなのか聞き、何も言えなかったクレアにパンは嬉しいととても喜んでいました。

パンはずっと我慢をしていたようで、その侍女に仕返しをする時をずっと待っていたと目を輝かせ興奮気味に話します。

 

ギルドは利用せず、僕が侍女の顔を覚えているので探してもいいですか?

知ってるの!?

 

パンが知っていることにクレアはとても驚きますが、逆にクレアは覚えていないのかと聞かれますが毒の後遺症で覚えてないと嘘をつきながら話しました。

当時パンも伯爵邸にいたことに気付き侍女を覚えていて当然だったことに、クレアはずっと気付きませんでした。

 

まパンは情報ギルドより良い場所を知っているというので、クレアは捜してくれるならどこでも歓迎だが、侍女ではなく真犯人が知りたいと言います。

真犯人がいるのですか?

 

パーティーで真犯人の声を聞いているから、また聞けば分かるかもしれない

するとしばらく黙ったままのパンは、1ヵ月以内で捜してみせると言い出すのでクレアはとても驚きますが、パンは余裕の表情で上手くいけばもっと早く捜せるかもと言いました。

 

今まで自分のしてきたことは何だったんだとクレアは心の中で嘆きますが、犯人捜しはパンに任せることにします。

また危険そうであればすぐに手を引くようにとクレアはお願いすると、一瞬黙ったパンはまた元気よく返事をしました。

任せたはいいもののクレアはパンは本当に任せて大丈夫なのかと不安になります。

 

パンは犯人が見つかれば、クレアが変わった理由も分かるかもしれないと思う

話は毒殺のあった当時に戻ります。

パンは外から伯爵邸に戻り、帰りが遅くなってまた怒られると最近機嫌が悪いクレアを気にしながら廊下を歩いていました。
すると急いだようすの侍女がパンの横を通り過ぎます。

 

(あの女はご主人様の侍女?)

と慌てて走る様子の侍女を振り向いて見ると、かすかに血の匂いがしたようにも感じました。

 

クレアのいる部屋にパンは戻ると、クレアは床に倒れています。

パンは急いで駆け寄り横たわったクレアを抱き

 

ご主人様!!一体何があったのですか!?

と言いますがクレアは返事もなくクレアの口元からは毒の匂いも感じたため、さっきの逃げた侍女がやったと思ったパンはその侍女を殺してやると殺気だちました。

 

するとクレアは血を出しながら咳き込み

魔王のやつ…

 

と一言言うので、パンは大丈夫かとクレアに問いかけますがクレアは寝てしまいました。

さっき倒れていた時は確かに息をしていなかったのに、眠ってしまったことにパンは何かおかしいと感じます。

 

その後はパンはクレアの介抱をしたため侍女をその場で追いかけることは出来ず、クレアからの犯人捜しの命令がないと動けないパンはずっと犯人を捜すことが出来ませんでした。

パンはやっと犯人を捜すことが出来るようになりましたが、それと同時になぜクレアが別人のように変わったのかが分かるかもしれないと考えます。

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」43話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」43話の感想や見どころ

なんとパンはクレアに毒を飲ませた侍女とすれ違っていたのですね!

顔も覚えているというのでこの侍女を探し出すことはすぐ出来そうですが、クレアは真犯人がいることも伝えます。

パンは犯人を1ヵ月で捜す・上手くいけばもっと早く捜せると断言をしていましたが、本当にパンの正体は一体何者なのでしょうか?

犯人を捜していく工程でパンはどんな人物なのかも分かってきそうです。

話がクレアが毒殺された当初に戻った場面では、息をしていなかったクレアが咳き込み「魔王のやつ」と言った時点でクレアの中身は今のクレアに変わっていた描写もありました。

パンはなぜクレアの性格が変わったのかもとても知りたがっている様子でしたね…。

これからパンによって犯人捜しの話しがどんどん進んできそうです!

 

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」44話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー