余命僅かな悪女にハッピーエンドを|51話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」前回50話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

アイザックはクレアに自分たちの関係はお似合いではないと言われたことに、腹を立てます。

アイザックはクレアは自分に本気で似合う存在であることを伝え、クレアを手放したくない・好きになったと話しました。

クレアは契約を破るつもりはないと言いますが、それでもアイザックはクレアに本気で想うことにします。

 

\全話あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
あらすじリスト

 

それでは、「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」51話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」51話ネタバレあらすじ

突然怯えた様子の女の子がクレアに話しかけてくる

テラスで告白されたクレアはパーティー会場に戻りますが、ドキドキが止まらず心臓が持たないのではないかと心配します。

<そなたを手放す自信がない>と言ったアイザックの言葉にトキメキを感じると、これはクレアの感情なのか自分の感情なのかわからなくなってしまいました。

 

クレアは自分はいつか消えてしまう人間なのに、アイザックが本気で好きになってくれたらどうすればいいのかと顔を赤らめながら思いつめてしまいます。

するとその時何者かにドレスを掴まれた感覚を感じ、振り向いてみると小さな女の子がクレアのドレスを掴み困惑している様子でした。

 

迷子かなと思ったクレアは女の子に声をかけてみます。

すると女の子はビクッとし震えて涙目になりながらクレアに話しかけました。

 

あの…ドレスの生地は…えっと…

と女の子はクレアをとても怖がりながら話しかけますが、クレアはなぜわざわざ自分に話しかけるのかと不審に思います。

 

スポンサー

クレアは女の子にドレスの生地を教えますが、一生秘密にするよう命じた

クレアの間割れからクスっと笑う声が聞こえたので、聴力を強化し周りの声を聞いてみることにしました。

「子供があんなに怯えて…」

「結婚しても性格は変われませんよね」

 

「きっと大公閣下に媚びて高級な生地でドレスを買ってもらったに違いないわ」

と周りの招待客はクレアの悪口を言っています。

 

クレアは悪口を言っている人たちが直接聞かず、子供を使ってドレスの生地が何なのかを確認している様子に呆れました。

子供には罪はないと思ったクレアは女の子に、ドレスの生地が知りたいのかと聞くと、女の子は飛び上がるほど驚きながら返事をします。

 

これはねドラゴンの皮で作られてるの

とクレアは女の子にコソコソ話をして教えてあげました。

 

すると女の子は無邪気な表情になり、ドラゴンと聞くと驚きクレアに食いついてきます。

でも内緒にしなきゃいけないの

誰にも言っちゃダメなのですか?

 

と女の子は目を輝かせながらクレアに聞きますが、クレアはダメと答えました。

もし言ったらどうなりますか?

これを話すとドラゴンに呪われるのよ~

 

とクレアは話すと女の子はとても怖がりますが、秘密を守ってくれれば大丈夫と話します。

しかし女の子は後ろの方にいるクレアの悪口を言っていた大人たちをチラチラ見ながら気にしていました。

 

するとクレアは女の子に自分が何者なのかは知っている?と聞くと、女の子は我にかえり自己紹介をします。

申し遅れました。私はモルトン伯爵家の次女のミリアムです

 

と礼儀正しい挨拶に感心したクレアは、ミリアムに一生この秘密を守ることをを命じ、そっと優しく手を差し伸べました。

もし誰かにドレスの生地に聞かれても答えなくて大丈夫よ

 

とクレアはにこやかに話すと、ミリアムも一生秘密を守るとクレアに誓います。

ミリアムはクレアにお礼を言うと笑顔で去って行き、大人たちのもとに戻りました。

 

大人たちはミリアムにドレスの生地のことを聞きますが、ミリアムは大人たちを素通りし一切口を利かずクレアとの約束を守ります。

ミリアムの無視には大人たちも驚き、脅迫したのではないかとコソコソと噂話をしますが、クレアはざまあみろと思いため息をつきます。

 

アイザックはクレアに犯人捜しの助言をする

その時クレアは犯人の声はちょうどあの令嬢くらいの年頃の声だったと思い出しました。

クレアは今自分のすべきことは犯人捜しだと仕切り直しをします。

 

色んな人に声をかけ手聞こうと思いましたが、ほとんどの人に避けられ話が出来たのは数人のみでした。

しかしその数人も犯人の声ではありません。

 

クレアは元の席に戻るとアイザックも戻ってきますが、いつも通り平然とした様子でした。

犯人捜しの進展はあったか?

犯人の声は知っているのですが、その声の持ち主はいませんでした

 

するとアイザックはなぜ若い令嬢に声をかけていたのかと聞いてみます。

犯人の声は令嬢くらいの年齢だと思ったので…

 

と自分を嫌っている人が多い令嬢が犯人なのではないかとクレアは思っていましたが、アイザックは貴族とは限らないのではと言いました。

あの使用人も同じ年代に見えるだろう

 

その言葉にクレアは納得しますが、なぜ使用人が貴族を殺す理由が分かりませんでした。

普通の使用人が毒を手に入れるのは難しいけど、過去に犯罪や毒を入手できる可能性がある人物を調べたほうが良いのではと、アイザックはクレアに助言します。

 

手助けはしないのではないのですか?

これは口出しだ。私の助けは必要か?

 

クレアはもう十分にアイザックはクレアを助けていると言いました。

令嬢たちの対応に落ち込んでいましたが、アイザックといると元気が出てきます

その言葉にアイザックはホッとし、クレアの中に自分がいると確信すると今はこれで満足しておこうと思います。

 

 

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」51話のネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」51話の感想や見どころ

ミリアムという女の子がとても可愛らしかったですね♡

きっとクレアは相当の悪女と大人から仕込まれていたのでしょう…とても怖がって話しかけていましたが、話していると段々とミリアムの表情も和やかになってきました。

大公紀と交わした約束を大事に守っていましたね!素晴らしいお子様です♡

そして犯人捜しはやはり一人ずつ声を聞いて捜すのはとても大変ですし、難航している様子でしたね…。

しかしアイザックの助言で、使用人にも目を向けることにしました。

アイザックの考えも鋭いですね!次回は犯人捜しに進展はあるでしょうか?

次回「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」52話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\その他あらすじはこちら/
「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー