実は私が本物だった|43話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「実は私が本物だった」42話のおさらいからです。

 

「実は私が本物だった」42話では、ジョセフ卿が回想の中で、キイラの処刑までのことが語られます。

コゼットが立会人の前で、精霊士の能力を発現させます。

精霊士は、ただ1人だけのはず・・・

皆は、キイラが偽物で災いを呼ぶとうわさし始めました。

キイラの父親は、その事件後すぐに、キイラの処刑を決定します。

ジョセフ卿は、キイラの父親に話をつけに向かいました。

ここで回避できていれば、このようなことになっていないので、キイラの処刑がなくなることはないでしょう・・・

ただ、コゼットに関することが分かるかもしれませんね。

\全話あらすじはこちら/
「実は私が本物だった」
あらすじリスト

それでは、「実は私が本物だった」43話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」43話ネタバレあらすじ

閣下の選択

ジョセフ卿は、キイラの父親に話をつけるため、執務室へやってきました。

 

「言いたいことはわかっている」

 

キイラの父親は、それでも、キイラを処刑にすることを止められないようです。

コゼットが、パルビス家の塚らを皇族と高位貴族たちの目の前で、発現させたため、民衆はコゼットを支持し始めたのです。

皇室からは、信託に従って災いの種を取り除くよう命令が下されています。

 

「コゼットが、パルビス家唯一の精霊士である証拠が出た以上、仕方がないのだ」

 

キイラの父親は、娘ではなく国を取るというのです。

 

「死刑はあまりにも過酷すぎます。もし公女様が濡れ衣を着せられているとしたら、全国民が取り返しのつかない罪を犯すことに」

「閣下も公女様を助けたいと思っておられるのでは?」

 

ジョセフ卿の説得はむなしく、キイラの父親の決断は、残酷なものでした。

 

「私はパルビス家の大公であり、この帝国の盾だ。帝国の安全を優先する必要がある。ジョセフ卿、下がりなさい」

 

キイラの父親は、ジョセフ卿を書斎から追い出してしまいました。

キイラの父親は、感情の起伏もあまりないので、意図を読み取るのは難しいですが、裏があるようにも思えません。

キイラを処刑したのは、ほんとうに国民のためだったのかもしれません。

 

スポンサー

対抗策は・・・

ジョセフ卿は、処刑をとめる以外の対抗策を考えました。

 

「私も頭ではわかっているんだ・・・バインベルク側が、先に精霊士のの力を発現してしまったということも」

「偽の公女が、災いをもたらすという信託に不安を覚えている国民の心境も・・・」

 

ジョセフ卿は、国を裏切ることになっても、心の声に従うことにしました。

彼は、自室で待っているであろうジークのもとへと向かいます。

キイラを助ける方法は、これしかありません。

ジークに、キイラを連れて逃げることを指示しました。

 

「私は、公女様を補佐する騎士。公女様をお守りすることが使命です」

「道は険しいですが、首都の治安隊を避けられる退路があります」

「追っ手を振り切ったら、私が用意した馬車で移動してください」

 

ジークに鍵を渡し、キイラを迎えに行かせました。

しかし、計画の時間になり、ジークは一人で戻ってきます。

どうしたのか尋ねると、ジークは泣きながら言いました。

 

「いかないから帰れって言われた・・・これ以上頑張りたくないんだと思う。刑は執行されちゃうのかな?」

 

結局、ジョセフ卿の計画は、遂行する前に、闇に葬られたのです。

キイラがもしこの時逃げていたら、どうなっていたのでしょうね。

逃げなかったから、今のキイラがあるのでしょうが・・・

ジョセフ卿の届かぬ想い

ジョセフ卿は、屋敷の庭園に赴き、キイラとの思い出を思い返していました。

 

本当は分かっていたのかもしれない

いつも何かに追われるように成果を出そうとされていた。

きっと私は、慰めたかったのだろう

あなたの騎士として頼れる存在になることをいつも夢見ていたんだ

 

いつも隣にいたキイラの姿は、今はありません。

 

あなたのいないこの場所で、いつもあなたの跡を追いかけています。

もしももう一度チャンスがあるなら、すべての束縛から自由になられ、願っておられた人生を歩まれることを

 

ジョセフ卿は、持っていたキイラの紀章に口づけをしました。

 

ピッコマ漫画「実は渡すが本物だった」43話ネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」43話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」43話の感想と見どころです。

 

ジョセフ卿の回想を見たところ、この過去でもキイラの父親はキイラを処刑することを嫌がっていたようですね。

キイラの父親は自分の娘よりも国を選び、キイラを処刑することにしました。

ジョセフ卿が、キイラを逃がそうとしていたことには驚きです。

キイラはそのことについて触れていなかったので、もしかすると、回帰術の影響なのかもしれませんね。

 

ジョセフ卿は、キイラとの別れを決意しましたが、おそらくここで強力な助っ人が登場するはず。

それが、魔塔の魔術師でダフネの兄であるエレズなのでしょう。

 

やはり、公にはできないもののキイラの父親も、この回帰には関わっている気がします。

ただ気になっているのは、キイラの父親の態度です。

コゼットが本当の娘なのかはいまいちよくわかりませんね。

何か弱みを握られているような感じもありません。

 

これからの展開がとても楽しみです。

 

 

さて、ピッコマ漫画「実は私が本物だった」44話は・・・?

 

おそらくは、予想通りでしょう。

エレズの登場・・・

そして、回帰計画の開始ですね。

 

次の話も楽しみです。

 

それでは、ピッコマ漫画「実は私が本物だった」44話をお楽しみに♪

 

 

\全話あらすじはこちら/
「実は私が本物だった」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー