実は私が本物だった|44話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「実は私が本物だった」43話のおさらいからです。

 

「実は私が本物だった」43話では、ジョセフ卿の回想回で、ジョセフ卿がキイラを助けるために、キイラの父親に話をつけに行きました。

しかし、国民の不安を解消する義務があると、キイラの処刑執行は止める意思はないようです。

ジョセフ卿は、キイラを逃がそうとしますが、キイラは応じようとはしませんでした。

さて、回帰前のことが少し判明しましたが、今後はどんな展開になっていくのでしょうか。

 

\全話あらすじはこちら/
「実は私が本物だった」
あらすじリスト

それでは、「実は私が本物だった」44話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」44話ネタバレあらすじ

皆からの手紙

キイラは、テーブルでティータイムをしながら、友達から送られてきた手紙を読んでいました。

ジークが手紙の多さに、驚いています。

 

「こんなにたくさん友達がいたなんて、さすが姉さん!」

 

目をキラキラさせて、キイラを見つめています。

ジークは、本当にキイラのことが大好きなようですね。

前回の回帰前の雰囲気からは程遠い、暖かい空気が流れています。

 

手紙は、祖父やダフネ、皇女のアラベラ、パーティーで仲良くなったアラベラの取り巻きの女の子たち。

皆、キイラのことを心配する内容が書かれていました。

アラベラに関しては、「真実は必ず明らかになるから」と励ましの言葉まで書かれていました。

 

心が温かくなるキイラ。

しかし、問題は、彼女も実際に精霊の力を宿しているということ。

神託では、精霊士の素質があるのは、1人だけ。

コゼットの誕生日が来て、コゼットの力が発言すれば、皆の反応がどうなるかは分かりませんね。

皇室とつながりがある今は、まだ打つ手があるかもしれませんが、国民のために結論を出した過去を見ると、安全は保障できなさそうです。

 

手紙を読み進めていると、ボウッといきなり炎が上がりました。

 

魔法の炎が消えた後に、手紙が現れます。

魔法で作られた手紙の主は、エレズでした。

 

スポンサー

エレズからの贈り物

手紙と一緒に小さな指輪が入っています。

 

あの女が変な真似をしようとしたら使ってくれ

 試しに使ってみたが、なかなか役に立つはずだ・・・

 

ぶっきらぼうな印象がありますが、彼なりに心配してくれているのでしょう。

 

「意外と優しいのね」

 

キイラの口元には、笑みが広がります。

回帰前では、絶対にありえなかったこと。

この指輪は、今後の窮地に役立ってくれる重要なアイテムになりそうです。

 

作戦開始

しばらく、ティータイムを楽しんでいると、ロゼが言いました。

 

「実は最近、邸宅の雰囲気が騒々しくて・・・使用人たちは混乱してるようですね」

「二人の公女が一つ屋根の下で過ごしてるんだから、当然よ」

 

キイラは、一度経験しているので、これくらいでは動揺できません。

 

私はむしろ、静かだと思ったけど?閣下もまだそこまで動いていないし

「しかし、少し気を付けた方がいいかと。コゼットという方が、メイドたちに親切に接しているようで、少しずつ緊張を緩めているようです」

 

やはり、展開は回帰前と全く同じようですね。

そして、キイラとコゼットが初めて会話するのが剣術の稽古をしていた時。

 

そろそろ、私も動こうかしら

作戦開始ね

 

キイラは、決心を固めました。

それからしばらくして、騎士団の方へ出向きます。

途中で、ジョセフ卿と鉢合わせしました。

 

「こちらに来られるなんて珍しいですね。」

「通りすがりに寄ってみたの。久しぶりに剣の稽古がしたくて」

「騎士団の訓練がありますが、ご一緒にされますか?」

「いいえ、もう団長でもないから・・・」

 

そう言って断ると、ジョセフ卿は、少し寂しそうな表情をして落ち込んでいます。

 

「お手合わせくらいなら時々しても・・・」

 

すると、ジョセフ卿は、顔を上げてうれしそうな顔をしました。

 

こういう時は、なんだか大きなワンちゃんみたいよね

 

「じゃぁ・・・そろそろ私は。」

 

剣の稽古をしに行こうと、その場を離れようとしたとき、彼に呼び止められてします。

 

「私は、公女様に使えると誓いました。つらいときはいつでも頼ってくださいね」

「ええ、ありがとう!」

 

それから、ジョセフ卿と別れ、庭園にやってきました。

剣を振っていると、コゼットがたくさんの花をかけてやってきました。

 

「キイラ、これ見て!コスモスがきれいに咲いていたのよ。一人で何してるの?」

 

振り返ると、コゼットは、剣を見て驚いて後ずさりました。

 

「危ないから離れていてくれるかしら?」

 

回帰前も、剣の稽古で体が温まったころに、コゼットが現れました。

剣をもって振り返ったことをこじつけに、立場を落とされなければいいのですが・・・

 

ピッコマ漫画「実は渡すが本物だった」44話ネタバレあらすじはここまでです。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」44話の感想や見どころ

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」44話の感想と見どころです。

 

手紙を見ると、キイラのが努力がよく分かって、とても感慨深いですね。

人との関りがどれだけ大切なのかというメッセージがよく伝わります。

コゼットがメイドたちに優しくしていると聞いても落ち着いていますし、キイラの成長がうかがえるシーンですね。

 

作戦開始と決意を固めていますが、キイラには何か策があるのでしょうか。

今のところどんな作戦なのかは分かりませんが、どう付き合っていくのか楽しみです。

 

さて、ピッコマ漫画「実は私が本物だった」45話は・・・?

キイラとコゼットの初めてのちゃんとした会話シーン。

キイラの態度は違いますが、コゼットはどう出るのでしょうか。

 

それでは、ピッコマ漫画「実は私が本物だった」45話をお楽しみに♪

\全話あらすじはこちら/
「実は私が本物だった」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「実は私が本物だった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー