影の皇妃|29話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは「影の皇妃」28話のおさらいです。

会場を後にし、フューレルバードが、レン皇子と揉めた非礼を詫びるため、エレナの元にやってきます。

エレナは彼の手袋に、皇室で行事や儀式に使う「L」の刺繍をするのでした。

 

その数日後、エレナとの約束通りマダム・ド・フランスローズが訪れます。

エレナはマダムに対して、一体どういう話を仕掛けていくのでしょうか⁉

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」29話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」29話ネタバレあらすじ

エレナの元を訪れたマダム・ド・フランスローズ。

「本当に驚きましたわ。公女殿下がハンカチをくださるなんて」

エレナとリブは、マダム・ド・フランスローズと談笑していました。

 

「あなたのその純粋な気持ちが、私の心を動かしたんですのよ」

「あら、マダムにそう言っていただけるなんて、とても光栄です」

 

エレナとマダムは互いに笑いあい、楽しそうに話していました。

しかし、リブだけは冷ややかな視線で、紅茶を飲んでいたのです。

 

リブは社交界の貞節の象徴ともあるフランスローズが、こんな初心な女に心を開くなんてと驚きます。

世間から高い評価を受けているのに反して、人を見る目はないのね……。

 

リブは冷めた気持ちでそう考えると、のんきに話しているマダムの姿を見つめたのでした。

 

エレナは一息ついたところで、リブが気を抜いて油断している隙を見つけます。

リブにはそろそろ、出て行ってもらわないとね……。

 

そう考えたエレナは、わざと紅茶を持っている手を滑らせて、カップを落としました。

カップの中の紅茶は全てこぼれて、リブのドレスの裾を汚します。

 

エレナは申し訳なさそうに謝りますが、リブは微笑みながらも怒っている様子が丸わかりです。

 

「マダム。申し訳ないのですが、少し席をはずしても?」

「構いませんよ。私は公女殿下とお話をしていますから」

 

リブが部屋を出ていくと、エレナはさっきとは見違えるような怪しい笑顔になりました。

「改めて……。あれからお変わりはありませんか?マダム」

 

マダムはエレナの底知れない表情に、思わず背筋をこわばらせるのでした。

スポンサー

マダムに対して揺さぶりをかけるエレナ。

先ほどとは打って変わった雰囲気に、マダムは恐怖を感じます。

エレナの目は全く笑っておらず、マダムの頬に冷や汗が伝うのでした。

 

「なんて、お元気なはずがないですよね」

エレナはマダムを揺さぶるように、おしとやかなマダムが別の男と関係をもっている事実を、自分に知られて大丈夫なのかと改めて聞きました。

 

「貞淑なマダムと御付きの恋物語……。私だけが知っているというのも、勿体ないと思いませんか?」

耐えきれなくなったマダムは、勢いよく立ち上がるとエレナの前に跪くと頭を下げました。

 

「公女殿下!私の一生のお願いですから、どうかこのことは内密にして頂けませんか⁉」

マダムは秘密のためなら、どんな条件でも飲むということを伝えます。

 

エレナは自分の足元で泣き崩れるマダムを、感情のない目で見つめます。

マダムは嗚咽しながらも、エレナに何度も「お願いします」と言い続けるのでした。

エレナはマダムに、侍女を贈るように要求する。

しばらくしてから、着替え終わったリブが二人の待つ部屋へ戻ってきました。

 

「お待たせしました。……二人でどんなお話を?」

「レディとしての振る舞いや作法について、お話ししていました」

 

エレナもマダムもすでにソファーに落ち着いており、紅茶を手にしていました。

「マダムの言葉がどれも珠玉のようで、私にとって忘れられない時間です」

 

楽し気に話すエレナに、マダムが本題にうつります。

そしてマダムは、ここに来た本当の理由は、ハンカチのお返しをするためだったと伝えます。

 

「ハンカチのお返しに、公女殿下には私の大事な侍女を送りたいのです」

その侍女は、2年前からマダムの侍女として仕え、礼儀正しく分別のある子だと説明しました。

 

「何かと器用な娘ですから、気品の溢れる公女様にぴったりですよ」

「まあ、マダムの侍女を私に送っていただけるのですか⁉」

 

エレナは白々しくも喜んだふりをして、マダムの厚意に応えました。

マダムが受け取ってもらえないか尋ねると、エレナは不安げな視線をリブに送ります。

 

リブはマダムからの思わぬ発案に、考え込んでしまうのでした。

スポンサー

マダムのプレゼントに、リブの反応は……。

リブはマダムの提案に、一つ気がかりな点がありました。

マダムからの贈り物とはいえ、その侍女に、公女の正体が暴かれてしまったら……。

 

リブは万が一の場合があってもいいように、エレナに監視役をつけてはいました。

しかし、そうはいっても心配なことに変わりはありません。

 

自問自答するリブに対して、マダムが声をかけました。

我に返ったリブは、慌ててマダムに返事をしました。

 

「いえ、このようなお返しは初めてですから、公女陛下も慌てられますよね」

そしてリブは、エレナに侍女を受け取るように言います。

 

「今日はとても素晴らしい日ですわ。ありがとうございます、マダム」

エレナは笑って手を差し出すと、マダムもほっとした様子で彼女の手を取るのでした。

 

そこから数日後、彼女の屋敷に1人の少女が訪れます。

彼女の名前はメイ。マダムの秘密を守る代わりに、エレナが要求した侍女でした。

 

ぼーっと屋敷を見つめるメイに、エレナの侍女アンが声をかけました。

「ちょっと、待ちなさい。……あなたが例の新人ね」

 

メイはアンに対して深々とお辞儀をしました。

「ええ、私はメイと申します。よろしくお願いいたします。」

 

ここまでが「影の皇妃」29話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「影の皇妃」29話の感想や見どころ

「影の皇妃」29話の見どころは、マダムに侍女を要求するエレナです。

エレナはマダムの秘密を握り、狡猾にも取引を持ちかけました。

 

マダムの侍女・メイを手に入れたことで、エレナはこれからどのように復讐をすすめていくのでしょうか?

また、危険を予期していたリブは、メイに対して何らかの行動にでるのでしょうか⁉

「影の皇妃」30話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー