影の皇妃|32話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは「影の皇妃」31話のおさらいです。

 

エレナは復讐の基盤を固めるために、学術院へ行くことを決めます。

学術院は、学問を研究し優れた人材を育てる教育機関です。

 

そこには、彼女と父のフランツェ大公を一度殺そうとした、メイドのメイを連れて行くことになります。

 

エレナはメイと打ち解けて、味方につけることはできるのでしょうか⁉

そして学術院では、一体どんな生活が待っているのでしょうか⁉

 

 

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

 

それでは「影の皇妃」32話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」32話ネタバレあらすじ

学術院へ向かうエレナ。

エレナは、フランツェ大公とリアブリックに見送られ、学術院へ向かいます。

エレナは二人の期待に応えられるよう全力で取り組むことを誓いました。

 

馬車の中で、エレナは一人“学術院でのこれからの生活”について思案をしました。

これからは繋がりの深い人たちと、嫌でも会うことになるのね……。

 

エレナは特に、二人の人物のことを警戒していました。

それは、レンと皇太子のシアンです。

 

レンはベロニカをいじめることを生きがいにしていました。

そしてシアンは、彼女が向かう単独寮で過ごしています。

 

この単独寮には、皇族と高位貴族しか存在していません。

いつか鉢合わせる事になっても、知らないふりを突き通そう。

 

エレナは、互いに傷つけあう人生はもう終わりにしたいと考えていました。

物憂げな表情をするエレナ。場所は見たこともない森の中を走り続けるのでした。

スポンサー

エレナはメイドのアンとメイに頼みごとをする。

豪華な寮に到着した一行。家臣達はエレナにかしこまってエスコートします。

エレナについて来たメイドのアンは、寮の広さと美しさに目を輝かせました。

 

部屋に辿り着くと、エレラはメイドのアンとメイにこんなことを言います。

「よし。早速だけど、二人には頼みたいことがあるの」

 

エレナは、これからの数日間は訪問客が多くなるため、失礼のないようにもてなすことを命じます。

そして、アンには先輩として、お茶とお菓子に気遣うようにいいつけました。

 

「かしこまりました!私にお任せください!」

 

アンはエレナに頼られたことが嬉しく、息を巻いてこう答えます。

そして部屋の整理を促されると、力強く走りながら部屋を出ていきました。

 

「次はメイね。……あなたには、別で頼みたいことがあるの」

エレナはメイに、ルシアという少女が学術院に在学中か調べてほしいと頼みます。

 

そしてもし在学中であれば渡してほしいと、緑のブローチを差し出しました。

メイはエレナからブローチを受け取ると、部屋を出ようとします。

 

「待って。あともう一つ、このことはアンに絶対知られないようにしてほしいの」

エレナは強い口調で、メイに対して口止めをします。

 

メイは静かに頷き、このことは口外しないとエレナに約束するのでした。

一人になったエレナは、とある人物について思案する。

そこからエレナは、部屋で休息をとっていました。

彼女が目を覚ますころには、日は暮れて夕日が差し込んでいます。

 

そこにタイミングよく、メイが部屋の扉をノックしました。

メイはすでに、ルシアについての情報を手にしたようです。

 

「公女殿下のお話されたルシア様ですが、在学中ではありますがご本人はご不在です」

 

ルシアについては、彼女のルームメイトさえしばらく見かけていないようでした。

エレナはお礼を言うと、メイが持っていたブローチを受け取ります。

 

そしてメイは頭を下げて、部屋を去っていきました。

エレナの手の上では、ブローチが夕日に当たってキラキラと輝いていました。

 

不在ということは、学校が始まる前から症状は出ていたのかしらね。

一人になった部屋で、エレナはルシアの半生を回想するのでした。

スポンサー

これからの生活で鍵を握る人物、ルシア。

ルシアは学術院の考古学部に所属する一年生です。

彼女は、ルシアが過去に戻る前に、同じ教養科目を受講した相手でした。

 

しかし、その時も彼女は一回たりとも出席していません。

理由は、彼女が患っていた“北部熱病”という病のためでした。

 

症状に悩まされたルシアは、休学の手続きもせずに学術院を立ち去ります。

 

心配した彼女の父親は、やっとのことで薬を見つけ出しますが、もう間に合いませんでした。

父親が到着する前日。ルシアはすでに息を引き取っていたのです。

 

残された父親は、酷く悲しみ、これ以上の犠牲者をださないよう、熱病の治療法を記して医者に送ります。

そして、最期には自身も娘の後を追い、自殺してしまうのです。

 

彼はこの世界で10大貿易商と呼ばれる中の一つ、“カストル商会”のトップでした。

娘の病気を治すため巨額の金を使い、その噂は過去のエレナの耳に入ります。

 

そのためエレナは、ルシアの存在と人生を知っていたのです。

ルシア、あなたは運が良い。私があなたのことを助けてあげる。

 

エレナはなにか手紙を書いており、封筒にロウを垂らしています。

 

「その代わりといってはなんだけど、あなたの名前を貸してもらうから」

彼女はこう呟くと、手紙をもって立ち上がります。

 

ルシア。これから学術院での一年間、どうぞよろしくね。

 

 

ここまでが「影の皇妃」32話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「影の皇妃」32話の感想や見どころ

「影の皇妃」32話の見どころは、学術院でのこれからとルシアの存在です。

エレナは学術院に辿り着き、これからの策を練りました。

 

彼女の作戦には、ルシアという一人の少女が関わっているようです。

 

これからエレナはルシアとコンタクトをとることができるのでしょうか⁉

そして、彼女が書いていた手紙は誰に向けたものなのでしょうか⁉

 

「影の皇妃」33話もとても楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー