影の皇妃|42話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは「影の皇妃」41話のおさらいです。

 

エレナがセリシアから逃げるように学術院を歩いていると、レンに出会います。

レンは変装をしていたエレナに気づいたのか、意味深な言動を繰り返しました。

 

エレナがルシアに変装したことがばれれば、彼女の計画も台無しになってしまいます。

突然の雨を口実になんとかレンと離れることができたエレナでしたが、気づかれてしまっているのでしょうか⁉

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

それでは「影の皇妃」42話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「影の皇妃」42話ネタバレあらすじ

レンの手から逃れたエレナ。

雨足は強くなり、エレナはようやく建物の中に入ることが出来ました。

彼女は思いつめた表情で、先ほど起こった出来事を思い返します。

 

何がきっかけで、ここまでこじれてしまったのだろう……。

エレナはレンから雨よけに制服のブレザーをもらったことで、一つ借りを作ってしまいます。

 

彼女はルシアとしてレンと接していましたが、借りを作ったという事実が、また二人が再会するという枷を作ってしまったのです。

 

エレナは壁に手をつきながら、落ち着くように自分に言い聞かせました。

今更後悔したって意味がない。もつれたものは、そのまま進むしかないのよ。

 

“ルシアとレンが学術院で出会う”という想定外の出来事は、元に戻すことができません。

エレナはレンのブレザーを手に取ると、彼の名札を見つめました。

 

そして、自分の苛立ちをぶつけるように、それを床に叩きつけるのです。

スポンサー

寮に戻ったエレナを歓迎するアン。

ボロボロのエレナが寮に戻ってくると、侍女のアンはとても驚きます。

エレナはレンに転ばされたことで、膝に傷をおっていたのです。

 

アンは慌てふためきますが、エレナは平然とした顔をしています。

「こんなことはいいの。そもそも侍女のメイのせいで、最悪の一日だったんだから。」

 

アンはエレナの言葉に微笑むと、彼女の汚れた手をタオルでふき取りました。

「仕方ありませんよ。メイって少しそそっかしい部分がありますからね。」

 

アンは自分より後から入ってきた優秀なメイに、対抗意識を持っています。

エレナのメイに対する文句を聞いたアンは上機嫌になり、張り切って仕事にとりかかるのです。

 

「私、今からお風呂の準備をいたします。湯船に入れば気持ちも張れることでしょう。」

エレナはアンによく気が利く子だと褒めたたえました。

 

それを聞いてますます嬉しそうにするアン。

エレナはこうすることで彼女の嫉妬心を利用して、優秀な駒を作ろうとしているのです。

メイはエレナの代わりに、命令を遂行して帰宅する。

エレナが風呂から上がると、アンが誰かを叱っている声が部屋の向こうから聞こえてきます。

「こんな時間まで何をしてたの⁉お嬢様に謝りなさいよ‼」

 

エレナの部屋がノックされ、メイが入ってきました。

彼女はエレナから“将来的に有力者になる人物の資金援助をしてくる”という命令をされていました。

 

エレナはメイを歓迎し、誰にも聞こえないよう小声で進捗を聞きます。

「お嬢様、これを受け取ってください。」

 

エレナはメイからリストを受け取ると、満足げに笑いました。

そして彼女の頬を優しく抑え、ねぎらいの言葉をかけます。

 

「メイ、あなたが居てくれて本当に助かるわ。……アンにはバレないように、私が声をあげたら部屋をでていくのよ。」

 

エレナが出て行けと声をあげると、メイは頷いて部屋を去りました。

メイが渡したリストには、エレナが待ち望んでいた内容が書かれてあったのです。

 

……さすがはメイだわ。私の期待以上に働いてくれる。

メイはたった一日で、リストに書かれたうちの10人に援助を行ってしまいました。

 

初めは疑心暗鬼だったものも、最期にはその厚意に「奇跡が起こった」と涙を流したのだそうです。

 

エレナはあえて自分の名前を明かさず、「L」という名を伝えていました。

じきに世間に頭角を現す未来の巨匠たちは、みな「L」に感謝し、恩を返すことを期待したのです。

 

「どうか“L”が動き出す時、彼らが力になってくれますように。」

エレナはまだ見ぬ協力者たちに、心の中で語り掛けるのでした。

スポンサー

学術院でレンに出会うエレナ。

次の日、エレナが学術院で勉強をしていると、レンが訝し気にこちらを見てきます。

「ベロニカが授業に真面目に取り組むなんてありえない。」

 

エレナはレンの言葉を無視し、まっすぐ前をみています。

レンは椅子から立ち上がると、「そういえばブレザーがない」と含みを持たせて言いました。

 

「制服がないと寒くて仕方ない、あいつはどこにいったんだろうな。」

エレナはとても動揺しますが、決して言葉を返すことはありませんでした。

 

……まだ私を疑っている。これ以上レンに出くわすのは危険ね。

授業が終わると、彼女はまたルシアに変装し、警戒しながらラファエルのアトリエに着きました。

 

「先輩、何があったのですか⁉」

「やあ……ルシアさんか。」

 

エレナは出迎えてくれたラファエルを見て驚愕します。

彼はとてもげっそりとした不健康な表情で、アトリエに立っていたのです。

 

ここまでが「影の皇妃」42話のネタバレあらすじです!

ピッコマ漫画「影の皇妃」42話の感想や見どころ

「影の皇妃」42話の見どころは、情緒不安定になるエレナです。

 

今まで強気に計画をすすめてきたエレナでしたが、予想外の展開が重なりふと弱気になってしまいます。

どうして“自分が居なければ”と思ってしまうのか、彼女の本心がとても気になりました。

 

そして久しぶりに来たアトリエで、ラファエルはとてもくたびれた様子でした。

一体ラファエルに何があったのでしょうか⁉

 

「影の皇妃」43話もとても楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「影の皇妃」あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「影の皇妃」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー